mixiユーザー(id:1208808)

2020年06月29日11:40

13 view

映画『ストーリー オブ マイライフ』

観たのは6/24

若草物語をベースに、ジョーが小説家として「若草物語」を出版するまでの物語に再構築した映画。
当時の女性が置かれていた状況の説明などを織り交ぜているのが、今風。
「すごく良い!!」という評価を聞いていたのと、予告編の作りがよかったので観に行ったのだけど、私にはそれほど響かなかった。
「若草物語」という作品と、その登場人物を物語の外に出して話を作る、という着眼点は面白かったし、映像的には綺麗で良かった。とくに衣装はちゃんと時代劇(^^;なのにストールの巻き方とか着こなしが今っぽくて素敵だった。
私が一番引っかかったのは「ナレ死」的なセリフで説明しちゃう部分が多く感じられたところ。
「ジョーの唯一の女子的魅力が美しい髪」だとか「ローリーが何度も告ろうとしてかわされた」とか「ローリーがエイミーと結婚した理由」とか「エイミーが原稿を焼いた理由」とか、書き出すとキリがない(^^;
もちろん、尺の都合もあるのだろうけれど、ジョーの物語として構築するのであれば、もう少し登場人物の思いをエピソードなりシーンなりで観せてほしかった。
そもそも、ジョーが「モノ書き=書かずにはいられない人」だというのが伝わってこなかった。小説家として売れたい、というのはがっつり描かれていいたけど、その前に少女時代から「書く人」だったことについての描写が手薄。
原作の「若草物語」と「続若草物語」も昔読んでいたのがマイナスに作用したような気もする。全体的に伏線の少なさも気になった。

アイデアは面白かったし、映像は綺麗だったけど
全体としては深みがなくて散漫というのが私の感想。

こういうテイストが好きな人もいるというのはわかるので、
まあ、私がお客じゃなかったってことでしょうか。

ちなみに、鑑賞は映画館の会員割引1,100円。
それぐらいの値打ちはあった。
ただし、
1800円払ってまで観るかといえば微妙。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する