ホーム > mixiユーザー(id:11905414) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:11905414)

日記一覧

ナンはインドとかパキスタンとかその他中央アジアのパン。ジャワとかタイのカレーはライス。勿論日本風のカレーはライス。でもたまに逆にするのも楽しい。■カレーにはライス派? 学校給食でも“ナン”増える(OVO [オーヴォ] - 07月31日 11:21)http://news.m

続きを読む

「コルァ!お前らケンカすんな!とりあえず俺のちんこを見ろ!それでも冷静を保てずケンカをするか」喧嘩してるのが女なら逮捕されるし男なら危険な世界になっちまう。鈴木紗理奈のケンカ制止法に「男前」「いい話」http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_i

続きを読む

近隣への延焼を防ぐには屋根や屋上からの撒水が効果的かと。あと猛暑の時には打ち水効果も。あ、それだと外に洗濯物干せないか。■京都花街で火災、女性不明 暴風警報の中、13棟焼ける(朝日新聞デジタル - 07月29日 00:35)http://news.mixi.jp/view_news.p

続きを読む

ハンコは要らんな。目薬は『てめーもっと練習しろ』ドローンは頭の上をついてくる機能もあったりするけど荷物運ぶとなるとデカいだろ、危険。自転車はそんなに何度も何度もパンクしない。電化製品のマニュアルが悪いんじゃなくて機能付け過ぎ。■ハンコ文化、

続きを読む

給食代
2018年07月29日07:08

払わないのはユダヤとかイスラムとか朝鮮、嫌われ組だな。そもそも大戦の勝ち組が作った組織で明らかに七十余年経っても日本は負け組扱いだ。一度の戦争結果がこんなに尾を引いていいのか?日本は借金額を示して減額を宣言するくらいした方が良い。国連もそろ

続きを読む

もっと心で話をしてくれ!もっと本当の事を聞かせてくれ!怖がらずためらわず腐らずひるまず自分を信じて自分を愛して決して逃げるな!逃げるな!お前がやれ!お前がやれ!お前が舵を取れ!木村拓哉、ラジオ番組『What's up SMAP!』23年の歴史に幕「さよなら

続きを読む

『とりあえず今あるエアコンは外せ、そうすれば五万だ』という意味?■生活保護世帯にエアコン購入費=上限5万円、熱中症対策−厚労省(時事通信社 - 07月27日 20:30)http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=5219429

続きを読む

『石橋貴明をお払い箱にしといて何言ってる』って突っ込みは的外れ。民放では出せない金を安倍マが出せるのが怖いって事だろ、財力の話。石橋云々はその次、民放が石橋を捨てたくて捨てたとかじゃない、石橋を使う資金的余裕が無い民放が『石橋で新番組を作れ

続きを読む

松坂はピッチャーだから元々毎日全イニング出続けるわけじゃないから他の若手を育てるのも容易。松坂獲って大正解。で、早く若手が追い抜けよ。■広報も驚く松坂効果 ナゴヤドーム「先発日は違う…」(朝日新聞デジタル - 07月23日 16:03)http://news.mixi.jp

続きを読む

ちゃんとパワハラについて記述されているのにパワハラに見えないと言う奴は、暴言はパワハラじゃないとでも言うのか?ここ数年は人件費削減報道もあったし人を減らせば大概は優秀な人材から抜けるから。■ディズニーランドでパワハラか 着ぐるみの2社員が提

続きを読む

人がいるのに音がしない方がよっぽど息苦しい。人がいるなら生活音は当たり前にある。マンションで近所の生活音が人を刺す程我慢出来ないなら山奥に住めば良い。俺は近所の音大生の練習音とか幼稚園の園児の声とか賑やかでとても気に入っている。いや、防音効

続きを読む

二十年以上請求が無かったら以降も含め全ての請求権が消滅するというのに対し毎月個別に支払い義務が発生するから過去五年までは請求出来るという意味か。逆に五年を越えては遡って請求出来ないという意味でもあるな。まあ何にせよ脱テレビの時代到来だな。置

続きを読む

何故、車両同士の事故なのに歩行者の安全の検討につながる?こういう事を言ってるから自転車乗りの意識の改善が成されないんだろが。■路側広げて横断歩道短く 歩行者保護で試み 愛知県警(朝日新聞デジタル - 07月17日 12:30)http://news.mixi.jp/view_news

続きを読む

古いと言われるくらい長年聞かれ歌われ記憶に生き残った曲、素晴らしいじゃないか。最近の曲なんて数年後には記憶から消えてるだろ。あ、でも俺ドリカムの曲は知らんわ。「半分、青い。」で「古い」 ドリカム中村は複雑http://news.mixi.jp/view_news.pl?med

続きを読む

安定の中国
2018年07月13日19:08

そして日本国内の事故の際にウジテレビが映像を流用し問題に。中国四川省の化学工場で爆発、19人が死亡http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=52&from=diary&id=5199303

続きを読む

馬鹿なのか?警官制圧死映像問題でTBS説明http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5197965

続きを読む

車に閉じ込められて水没寸前の人をマスコミが助けず撮影してたとかしか知らんかった。とにかく頑張って数日生存すれば色々回復するものもあるだろう。しかし交通が遮断された集落は厳しいね。道路や鉄道の復旧には数ヵ月が見込まれるものもあるようだし。自衛

続きを読む

その人は一見雄のようだが、陰部には小さな角がない代わりに、雌の特徴の筋が入っている。10万匹に1匹の雌雄カブトムシhttp://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5197681

続きを読む

高いし絶滅の危機だし
2018年07月12日20:00

輸入も止めて漁も減らして良いと思う。老舗のうなぎ屋だけでいいだろ、スーパーのまずくて高いうなぎは禁止すべき。と国民は思ってる。販売自粛しろ、人気出るから。■不漁でも…国産ウナギ余ってる「買い手つかぬ異常事態」(朝日新聞デジタル - 07月12日 11:

続きを読む

大丈夫
2018年07月10日06:17

日産の試乗はノリスケの知人から送られたものだから。■『サザエさん』で超絶ミラクルが起きる! 偶然にもスポンサーをディスってしまった内容が話題(おたぽる - 06月27日 01:02)http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=178&from=diary&id=5173631

続きを読む

人を殺すという事がどれだけ酷い事か、それを思えば裁判してからの死刑なんて甘いもんだろ。悪いのは執行する側ではなく罪を犯した奴だし。■執行前、面会せかした井上死刑囚「もう少し話したい」(朝日新聞デジタル - 07月08日 05:14)http://news.mixi.jp/vie

続きを読む

人類滅亡寸前
2018年07月07日18:31

もしも男が俺一人、女が数人となったら俺は人類存続をかけ、その全ての女に種付けしなきゃならんのか?頼むから美女、かわいい娘が生き残ってくれ。あ、人工授精か。■キタシロサイ、絶滅回避に望み=近縁種との受精卵作製−国際チーム(時事通信社 - 07月07日

続きを読む

死刑制度がある日本において死刑になるような犯罪を犯したから死刑にせざるを得ないんであって悪いのは国ではなく犯罪者、自ら生きる権利を捨てたに等しい犯罪者の死刑は残念ながら『やるしか無い』んだよ。そもそも犯罪を犯さなければ死刑執行も無いんだから

続きを読む

法相や裁判官に文句を言うのは筋違い。文句を言うなら死刑囚に、その犯した罪に言え。誰も好き好んで死刑にして喜んでるわけじゃない。辛い思いで執行している。法治国家である以上、法で禁じている行為を行えば法にしたがって処罰される。俺は死刑を無くすべ

続きを読む

労災なんてレベルじゃねぇな、殺人だ。現場監督やさらにその上の立場の者には殺人罪を適用し厳罰にすべし。作業員3人水路に流され1人死亡http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5186319

続きを読む

全て計算通りなのでは?
2018年07月04日18:15

注目を集めるのには成功したんじゃない?■ベルばら作者側が抗議、札幌市が謝罪 広報イラスト巡り(朝日新聞デジタル - 07月04日 18:01)http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5185284

続きを読む

福祉も働き手不足か。若者が少ないと色々影響が出るのう。施設の入居は子沢山や不妊治療を頑張った人を優先して産まない自由を掲げた人はお断りで良い。アングル:高齢化で何が起こるか、秋田に見る「日本の未来図」http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_i

続きを読む

道路左側を歩いてたわけか。歩道や路側帯も歩行者は右側を歩くのが正解なのか。そうなると歩行者同士のすれ違いは左側通行になる。車両側が車と対面になるために。小6女子はねられ重体 68歳逮捕http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=51

続きを読む