mixiユーザー(id:11902495)

2020年08月07日10:03

53 view

根本的改正が必要

■少年法、18・19歳を厳罰化へ 実名報道も一部解禁案
(朝日新聞デジタル - 08月06日 17:33)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6185308





以前から、少年法に関しては刑法と明確に区別して別個独立させるべきという趣旨の私見を述べてきたが、今回も同様の見解でありつつ、当該記事について私見を述べる。

まず、18歳・19歳の厳罰化では不十分だと思う。

そもそも、私は少年法は根本的に改正する必要があると考えている。

その前提として、刑法と明確に区別し、刑法の適用年齢に満たない者を少年法の対象にするべき。

つまり、現刑法は満14歳以上に適用されるものだから、少年法は満14歳未満ということになる。

あとは、この「14歳」が妥当かどうかの検討をすればいい。

個人的には「義務教育期間(15歳になってから最初の3月末日まで)」を境目にするべきだと思う。

そして、教育機関において刑法・民法・道路交通法と生活に身近な法は必修科目とするべき。

また、処罰(法定刑)に関しては、少年法に関してのみ改正すればよい。

何故なら、現在において14歳以上20歳未満については少年法の適用が無くなり刑法のみの適用となるという意味で相対的に厳罰化になるからだ。

以上のことにより、現刑法を基準にすれば満14歳、個人的意見としては満15歳(になってから最初の3月末日)を境界線として、扱いを分けるのが妥当だと考える。
2 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月07日 15:17
    リボンズ・アルマークさん,こんにちは。
    なるほど、これだと綺麗に整理出来ていると思いますし、厳罰化にもなっています。けど、これが実現されるには、時間がかかりそう。私は、殺人とか傷害致死
    とかの残忍な犯罪が占める割合が0.06%程度なので、それについては刑法等も改正して、年齢に関わらず少年審判は行わず、普通の裁判をするという改革を希望しています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月07日 16:13
    > mixiユーザー 
    コメントありがとうございます。

    なるほど、ロキオリさんは「各犯罪行為(条文毎)」に区別をするべきという見解ですね?

    それはそれで一理あると思います。

    ただし、そうなると「選定対象の絞り込み及び基準(要は「残忍な犯罪」の定義)」が必要ですので、そこが重要な論点になりそうですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月07日 18:14
    そうですね。
    リボンズ・アルマークさんの案だと、例えば13歳の少年が殺人を犯すと、少年法の適用になって、少年審判の対象となって、数年で一般社会に出てきてしまい、しかも実名公表されないということが起こりえますので、特に殺人の場合は、真相を究明して、仇を取りたいと願う被害者家族の心情を思うと、少年審判より裁判の方がいいと思います。少年は、警察や裁判での厳しい追及にショックを受けて立ち直れないかもしれませんが、それは仕方ないですね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月08日 17:45
    > mixiユーザー 
    なるほど。
    年齢に関わらず厳罰がいいわけですね。
    私は、厳罰化の考え自体には反対しませんが、厳罰化が根本的な解決にはならないと考えています。
    何故なら、犯罪を行う者にとって厳罰化が犯罪の抑制にならないケースが意外と多いのと、被害者及び被害者遺族を中心に考えるなら、厳罰化よりも犯罪被害者救済法等を改正して手厚くする方が合理的だと思うからです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月08日 20:42
    > mixiユーザー
    正確に言うと、原則、年齢によって差別がない方がいいとなります。特に少年を厳しく罰しろと言っているわけではなないです。刑罰には、更生を促す面と、被害者の復讐を肩代わりして実行している面があり、重大犯罪については、被害者の観点からは後者が重要になるので、成人の場合と同様に普通の裁判で裁いた方がいいと思っています。少年犯罪のうち、凡そ、殺人や傷害致死の割合は0.06%程度で、それについては、普通の裁判で裁く、その他は取り敢えず現行の少年審判でもいいと思ってます。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する