ホーム > mixiユーザー(id:11806401) > mixiユーザーの日記一覧 > 妙な夢を見た話

mixiユーザー(id:11806401)

2019年12月16日23:48

27 view

妙な夢を見た話

 ちょっと前だけど、妙な夢を見た。
 両親が、温泉へ連れて行け、と。
 父は車好きなはずなのだが、なぜか電車とバスで行くんだそうだ。
 で、小生が案内。
 電車に乗るシーンは夢の中になかったのだけれど、気がついたら羽越線を走っていた。しかし車両は211系アコモ車。かなり気合入れてテッカテカの内装に、ボックス席ながら革張りになってんの。しかし直流車だろ、村上から先へ行けなかろうに、651系から交流対応設備降ろした分を代わりにつけたのか? 653を水カツに戻したり、勝田と上沼垂と高崎はほんとわからんことをするなぁと思いつつ(ツッコミどころはそこか!?と、目が覚めた後で自己ツッコミ)、どうやら酒田で降りて北東方向へ行くバスに乗るらしいとわかった。そっち方向の温泉ってグーグルマップで見るとこんな感じか。
フォト

 で、途中駅で停車したら、トイレに行きたくなった。乗っていたのは前から2両目で、1両目の連結部付近にトイレがある。これは普通の配置。しかし、何だかガラス張りなんだわ。どこのラブホテルだよ! その車両には座席もなく、ほかに乗客もいなかったけどそのトイレを使うのはさすがにためらわれた。で、止まっているのはどうやら鶴岡駅のようなので、単線の交換待ちがあるだろう、と、列車を降り、階段で上りホームへ行き改札を出て左のトイレへ。
 トイレを済ませて下りホームへ行くと…何と列車は目の前で発車してしまった。しまった! リュックを車内に置いてある! 即、ケータイで母のケータイに発信したところ、知らない人が出た。そうだった。父も母ももういないんだった。

 あのリュックには何が入っていたんだろう。2人は無事温泉に行けただろうか?
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する