mixiユーザー(id:11709294)

2020年11月10日17:28

33 view

藤川球児

藤川がついに引退する日が来た。
本当に球史に残る大ストッパーだと思う。
たぶん、自分が死ぬまでに藤川球児以上の守護神は
阪神には出てこないんじゃないかという気すらしている。

昨年、阪神を退団してロッテにいる鳥谷もレジェンドだけれど
鳥谷と違うのはやっぱドラフト当時はさほど期待してなかった事だ。
鳥谷は早稲田時代、いや高校時代からスターだったし、
「来てくれることが信じられない」という印象だった。
藤川はここまでの大投手になるとはドラフト当時は思わなかった。

■ドラフト時と入団後の紆余曲折
1997-1998年は高校卒業〜大学入学頃でスポーツ新聞を積極的に
読み始めた頃だ。あと黎明期のネットで阪神の情報を漁り始めた時期でもある。
1998年ドラフトは今でも伝説扱いされているドラフトで、
松坂、上原、福留、岩瀬、コバマサ、里崎なんかを輩出したドラフトだった。

当時の新聞を読んでた感じだと、阪神の動向は

(1)上原の逆指名狙い⇒巨人逆指名
(2)二岡の逆指名狙い⇒巨人逆指名
(3)松坂は在京志望で断念
(4)岩瀬をドラ1で狙うが中日逆指名
(5)宇高やコバマサも決まってしまった。

藤川と東出が残ったので阪神と広島が指名した。
本当にこんな感じだった。印象としてはハズレハズレ一位みたいなもの。
更に野村監督がまたボロクソ言ってたのも覚えてる。
「西武は松坂、うちは藤川・・・」とか「ヒョロヒョロ」とか・・・。

一般的な印象もそうだったと思う。
入団数年後のパワプロの藤川のデータがこれ。球速142km。
変化球も冴えない、スタミナも制球もない。
フォト


当時のネットじゃ「野手転向か、パリーグにトレードか」みたいな話もあった。
岡田元監督が「戦力外寸前だった」って言ってた話は有名。
そこそこ一軍で投げてたし戦力外・・・はどうかとは思うけれど
今の阪神で言えば「もっと球の遅い谷川」くらいだったようにも思う。

↑のパワプロのデータを見て「これは期待できる!」って思う人は
あんまいないんじゃなかろうか。
基本的にプロの選手って球速とか基本的な部分は入団当時から
多少増えるのはあったとしても、当初のスペックが「142km」なのに
入った後で「最速156km」になるなんてのは藤川以外あまり聞いたことが無い。
※本当は球は早いけど入団当時は故障してたとかは別にして。

有名な山口コーチの「球児、右足ちゃうか」でフォーム変更して
さすがにここまで変貌するとはまさか思わなかった。
正直、1998年ドラフトだと福原の方への期待が大きかった。


活躍しだしてからは、もう言葉にするのも難しい。
あんなに「ストレート」で圧倒的なものを見せるスタイル、
ストレートを押しすぎて、矢野の引退試合やウッズに打たれた事。
リンドバーグのあの歌詞、あの歌声、あの球場の光景。

なんもかんもが全部、伝説になると思う。
藤川が現役の間、野球を好きでいられてよかった。


■阪神・藤川球児の「剛球伝説」…今こそ振り返りたい、ファンの記憶に刻まれた名場面
(ベースボールキング - 11月10日 07:24)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=212&from=diary&id=6300421
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する