mixiユーザー(id:11672499)

2020年09月22日20:32

18 view

酒場203「ポッシュ プッス ピノグリージョ2014」

フォト

\蕷澎焚爾里値打ち。ドンキ。久々のニュージーランド白、ピノグリージョは初か?
∪妓瓩慮線。はっきりと緑を帯びた、若く健全なライムイエロー。すさまじいアシの長さ。液面は暫く乱れず、やっと降りる涙は次々とランダム。
メチャ香りがいい。猫ション。チリの白によく嗅げる猫ション感。アカシアとその蜜のような、重い甘さ。チョーク。若草の軽さがあるが、ハーブまでは強くない。ラムネの清涼感。
ピノ・グリージョ!美味い。バランスがいい。果実はパイナップルとレモン。とろみ寸前の、厚みのあるアタック。蜜感は香り程は出ずささやかに、確かにあり、甘さ、コク、苦みはまとまっている。長めの余韻の中で均衡はくずれ、甘さだけが微かに残る。これがキュート。通低していた淡い塩っ気にもここで気付く。
シャルドネのふわっと感だけを借りてきたソーヴィニオン・ブランから、ハーブを抜いたような味わい。「水」感もあるが、清謐な清水ではなく、ソアーヴェの潤沢に流れる河川とも違う。
夏のプールのような、健康的で可愛らしい「水」。深みや格はさほどだが、それらがないから親しみ易く、それがこのワインのひとつの、美味さ。「ポッシュ プッス」は「高貴な仔猫」の直訳で合ってる?勘案するに「生意気なネコちゃん」あたりが適当か。これは当たり。82点。

註・基本ワインしか出番のない当酒場だが、ネコボトルにちなんでライムちゃん(雌・ヴィンテージは2020)に出演頂きました。
3 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月22日 22:35
    あ。猫だ。
    と思い昨日に引き続きワインを飲みながら
    読ませて頂きました(^^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月24日 23:00
    コルベさん
    こんばんは
    猫です
    わたしはネコちゃんカワイー!には懐疑的で、まあ同居はしてるんですが、
    イタズラが過ぎた時はシッポをひっぱったりしてます
    猫は知性が無いのに感情がある、なんだかニンゲンでも当てはまるような
    なんとも面倒くさい生き物です

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する