mixiユーザー(id:11645280)

日記一覧

落語と歳時記
2020年11月28日06:42

「米の日」。。。米の落語のネタ「冬の遊び」「ざこ八」 「不動明王の日」 不動明王は仏の中でも憤怒相です。地獄の炎の中から出て地獄に落ちようとする衆生を利剣と索で救い極楽に送ってくれます。後ろに背負う炎はカルラ(鳥)です。酉年の守り本尊です。

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月27日07:13

「仏壇の日」 江戸の宗教感は浄土宗・浄土真宗は死・日蓮宗は生です。 仏壇のネタ。。。「仏壇盗人」「菊江仏壇」「反魂香」「樟脳玉」 「島崎藤村日本ペン倶楽部初代会長」 島崎藤村の住んだ木曾街道は中仙道の一部です。木曾檜の産地です。また「からすみ」

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月26日06:56

先週の二の酉花園神社の中は縁起物の熊手を買い求める人々でごったがえしていましたが年の暮の風物詩の賑やかさや威勢の良さに来年に向けての元気をもらえました。また商売繁盛を願って買い求めに来ている人々の笑顔に触れて福をいただけました。 このほか江

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月25日05:50

「天神の日」・「いい酵母の日」酵母食品は味噌・酒・醤油・甘酒・漬物 湯島の天神の傍には初夢の枕絵の嬬恋神社があります。神田明神の門前には、甘酒・納豆を売る店があります。湯島天神から東大の門前を本郷通りの三原堂の手前には「藤むら」の羊羹があり

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月24日05:30

「愛宕の日」 愛宕神社は火防の神です。京都の北西 乾の方向を守リます。 火伏せの神は秋葉三尺防です。 日本を代表する8大天狗は 愛宕山・太郎坊 鞍馬山・僧正坊 比良・次郎坊 飯網・三郎 大山・伯耆坊ほうきぼう 彦山・備前坊 大峰・前鬼坊 白峰

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月23日11:46

「外食の日」 江戸時代は江戸の町は独身者や夫婦で商売する家が多く外食・おかずを売る店・魚やはお造りや下処理をしてお客様に渡した。また振り売りの様に品物を家に売りに来た。 現代の都会ではご高齢者が増えて、スーパーの品物が宅配されたり、ご高齢者向

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月21日07:44

歌舞伎座開業」 江戸時代 三座のあった場所です。この月は顔見せの月です 芝居噺の落語のネタ「仕方噺」「蹴上・四谷怪談」「芝居風呂」「四段目」「七段目」「九段目」「中村仲蔵」「淀五郎」「「仮名手本忠臣蔵」「猫忠」「初音の鼓」「義経千本桜」「本能

続きを読む

「ホテルの日」
2020年11月20日06:29

「ホテルの日」 宿屋制度が整ったのは5代将軍の綱吉の時代の元禄期に「生類憐みの令」しょうるいあわれみの令を定めました。 ここには多数のお触れが書かれています。「殺生禁断の令」など庶民の暮らしを圧迫して悪法と名高い面もありますが 急病人の世話や

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月19日06:03

「小林一茶」文政10年11月19日没。江戸時代の俳人です。「雀の子 そこのけそこのけお馬が通る」など沢山の句を残していますが生い立ちは不遇でした。長野県生まれで15歳の春に江戸に奉公に出されました。 地方出身者が江戸へ働きにきた落語のネタ「

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月18日07:02

「米の日」 江戸時代はご飯を1日1回、上方は朝に江戸は昼に炊いたようです。 また米が豊作だと白米を食べ、脚気になっていました。飯屋は煮売り屋。。。江戸時代に存在した煮魚・煮豆などすぐに食べられるように調理した惣菜を販売する店の事。今もあるお惣

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月17日06:08

[将棋の日」 江戸時代 将棋の名人は世襲でした。9代将軍徳川家重は将棋の名手で「将棋考格」があります。 落語のネタ「将棋の殿様」 やっと風も冷たくなり秋が深まってきました。遊歩道に銀杏の葉が黄色の絨毯を引きつめています

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月16日06:29

「本みりんの日」。。。本みりんで有名な流山には万上本みりんがあります。みりんは本来飲用でした。調味料として使われるのは江戸時代からです。焼酎と割って直し蕎麦汁にも使用されます。それまでは大根おろしに醤油を混ぜて蕎麦汁代わりにしていたことがあ

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月15日07:16

五代将軍綱吉の子、徳松の祝いがその日の為、始まりと言われます。 数え年、女の子は、7才3才、男の子は、5才を、氏神様にお詣りして、祝います。 元々、関東地方の風習で、3才を髪置き(髪を伸ばす)5才を袴着(袴を初めて着ける)7才を帯解(おびとき)、紐落(ひ

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月14日06:22

「いい11石14の日」 「ウーマンリブの日」 江戸時代は女性の権威は強かった。表面上は男尊女卑でしたが子どもを育てるのは女性で 老舗の女将の権威は強かった 落語のネタ 「厩火事」「転宅」「天災」「締め込み」「舟弁慶」「宿替え」「火焔太鼓」「錦の

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月13日05:37

宝石 恋人の日」 身を飾る小物 小間物は化粧品・櫛簪(かんざし)です 落語の演目ネタ 「小間物屋政談」 恋人の演目ネタ 「宮戸川」「清正公酒屋」「お若伊之助」「おせつ徳三郎」「雪の瀬川」「貝野村」「崇徳院」 

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月12日06:26

「お寺の日」「豆腐の日」 お寺の落語のネタ 「八五郎坊主」「振り切り」「万金丹」「転失気」「ぬの字の鼠」「除夜の雪」 豆腐の落語のネタ 「甲府い」「寝床」「小言幸兵衛」 

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月11日06:37

「宝石 恋人の日」 身を飾る小物 小間物は化粧品・櫛簪(かんざし)です 落語の演目ネタ 「小間物屋政談」 恋人の演目ネタ 「宮戸川」「清正公酒屋」「お若伊之助」「おせつ徳三郎」「雪の瀬川」「貝野村」「崇徳院」 

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月10日06:24

「トイレの日」 今日は「いいトイレ」の日です。 トイレの呼び名はいろいろあります 手水(ちょうず)。。。参拝前に手を清める水を言う。便所の異称 東司(とうす)。。。仏教寺院のトイレの事  手洗い  雪隠(せっちん) 厠(かわや)。。。川を建物

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月09日04:28

119番の日」 江戸の火消は定火消し・大名消し・町火消しがあります。 定火消しは八代洲河岸・赤坂溜池・半蔵門外・お茶の水・赤坂門外・飯田町・小川町・四谷門外・市ヶ谷左内坂の10か所です。 大名火消しは有名な加賀鳶町火消しでとび職が町内費で賄

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月08日08:26

今年は三の酉まで有り、年も終わりに近づいた最初の祭りが酉の市で、祭の場所の鷲神社は天日鷲命(あめのひわしのみこと)日本武尊(やまとたけるのみこと)をお祀りした由緒正しい神社です。 現在は「おとりさま」として一般にも親しまれ崇敬を集めており、

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月07日07:10

今日は立冬、寒さが厳しいこの頃です。 11月はあちこちの会場で「菊花展」が開催されています。色とりどりの菊を組み合わせて人物を作ります。菊の花が満開になると菊人形の衣装が鮮やかになります 秋の風物詩です このほか秋は紅葉狩りで目を楽しませてく

続きを読む

落語の徒然(一輪の花)
2020年11月06日06:31

「コルチカム」・・・「華美」「美徳」 華やかな女性と言えば吉原の花魁・大奥の中老です。吉原の花魁は太夫とも呼ばれ元は江戸城に下行した朝廷の使者にお茶の接待をしていた女性の格式があります。舞い・茶道・和歌・囲碁・将棋の素養があります。 落語のネ

続きを読む

落語の徒然(一輪の花)
2020年11月05日06:15

「コルチカム」・・・「華美」「美徳」 華やかな女性と言えば吉原の花魁・大奥の中老です。吉原の花魁は太夫とも呼ばれ元は江戸城に下行した朝廷の使者にお茶の接待をしていた女性の格式があります。舞い・茶道・和歌・囲碁・将棋の素養があります。 落語のネ

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月04日06:47

「蜜柑の日」 江戸時代に鞴祭り(ふいごまつり)がこの時期に行われました。鞴祭りは火を使う仕事の鍛冶屋・鋳物師・風呂屋などの職業の家々で行われた祭りで 蜜柑などをを添え物に使いました。 紀伊国屋文左衛門の「蜜柑船」の話は有名です。かっぽれで「

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月03日06:22

「文化の日」 自由と平和を愛し、文化を進める日として定められました。 「蜜柑の日」 江戸時代に鞴祭り(ふいごまつり)がこの時期に行われました。鞴祭りは火を使う仕事の鍛冶屋・鋳物師・風呂屋などの職業の家々で行われた祭りで 蜜柑などをを添え物に

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月02日06:25

「本みりんの日」。。。本みりんで有名な流山には万上本みりんがあります。みりんは本来飲用でした。調味料として使われるのは江戸時代からです。焼酎と割って直し蕎麦汁にも使用されます。それまでは大根おろしに醤油を混ぜて蕎麦汁代わりにしていたことがあ

続きを読む

落語と歳時記
2020年11月01日06:20

霜月は、「霜降り月・霜降月(しもふりつき)」の略とする説が有力とされる。 その他、十は満ちた数で一区切りなので上月になり、それに対して下月とする説や、「神無月」を「上な月」と考えて「下な月」とする説など、上下の「下」とみる説。 「食物月(をし

続きを読む

夜道の散歩
2020年10月31日05:22

木々も色ずき 落ち葉舞散る帰り路 虫の音も絶え 月が静かに微笑みかける 風が冷たく 火照った頬を なぜていく 秋になって 人恋しい季節 夏の暑さは治まったのに 此の胸の想いは熱く燃え上がる ハラハラと舞踊る木の葉 葉の陰から覗くキノコ 晩秋は冬を呼び込

続きを読む

落語の徒然(一輪の花)
2020年10月29日06:11

「西洋林檎」・・・「導かれるままに」「誘惑」「後悔」「もっとも美しい女性へ」 リンゴは聖書で知恵(良識)。ギリシャ神話では美の象徴(争いのもと)と言われます。 アップルパイのリンゴは蜜のない紅玉を使用します。 落語のネタ・・・「紺屋高尾」「幾

続きを読む

落語の徒然(一輪の花)
2020年10月28日06:18

「まゆみ」・・・「貴方の魅力を心に刻む」「艶めき」忘れられない想いは恋煩いになります。恋の薬として「惚れ薬」等も売られ「黒焼き屋」と呼ばれオットセイ・イモリの黒焼きが売られました。 落語のネタ・・・「肝潰し」「いもりの黒焼き」「親子茶屋」

続きを読む