mixiユーザー(id:11645280)

日記一覧

落語と歳時記
2020年08月05日05:26

江戸切子の日」。。。切子は薩摩切子・江戸切子が有名です。色ガラスを張り合わせ表面を削り模様を出します。夏の酒器として、涼しげなので人気です。夏の酒にみりんと焼酎を混ぜ冷やした「柳影」という酒があります。 落語のネタ。。。「青菜」 「お茶を広め

続きを読む

落語と歳時記
2020年08月04日04:58

「橋・箸の日」。。。橋は二つの別々の場所をつなぎます。箸も二本で用をたします。日本人は「お食い初め」で初めてお箸を使い、「お骨拾い」で使い終えます。箸一本は仏に供え物のご飯にしか使えません。 落語のネタ。。。「十徳」「吾妻橋」「白髭橋」

続きを読む

落語と歳時記
2020年08月03日05:21

「蜂密の日」。。。蜂みつは白砂糖と異なりお菓子に使用するとしっとりします。食材に使用すると照りがでます。蜂みつの薬効に殺菌があります。梅干しと並び整腸効果があります。蜂みつの蜜は働き蜂が花から集めます。それは全て叔母さん蜂です。 落語のネタ

続きを読む

落語と歳時記
2020年08月02日04:41

「ハーブの日」。。。西洋のハーブは日本ではお茶やお香にあたります。心に疲れを感じたら心静かに気息を整えると楽になります。呼吸を整え瞑想する方法に「数息感」と言う方法があります。目を半眼に開き1メートル先を観て自分の呼吸を1から10まで繰り返

続きを読む

落語と歳時記
2020年08月01日07:13

葉月(はづき) 旧暦の8月は秋の始まりで、気の葉が落ち始める頃のため、葉月と呼ばれています。 また、稲穂が張る「穂張り月」(ほはりづき)や、雁が初めて来る「初来月」(はつきづき)、台風が多く来る「南風月」(はえづき)等が言われという説も有りま

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月31日05:32

蕎麦の日」。。。蕎麦は縁起物です。寒いにつけ、暑いにつけ手軽に食べられます。また商売の成立・引越しの挨拶と身近なたべものです。 掛け蕎麦・ざる蕎麦につきもののどんぶり物のカレー丼・牛丼・天丼・木の葉丼は蕎麦汁を使った蕎麦屋の定番です。 落語の

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月30日05:09

「梅干しの日」。。。梅干しは梅干しの実だけではなく、梅酢を料理の調味料として使用したり水あたり予防として使用しました。 落語のネタ。。。「始末の極意」 「潤一郎忌」。。。谷崎潤一郎は「春琴抄」「細雪」「痴人の愛」「鍵」等、男女の関係を描いてい

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月29日04:42

「パリ凱旋門の完成」。。。凱旋門はローマに始めて造られました。「全ての道はローマに通ず」と同じく、江戸の日本橋も全国に通じます。日本橋には始め吉原があり日本堤の新吉原が移ると魚岸が出来ました。 吉原、魚岸には日に千両落ちました。もうひとつ千

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月28日05:11

「乱歩忌」。。。江戸川乱歩は怪盗20面相の他、目羅博士・パノラマ島奇談・人間椅子等、変わった小説家です。 落語のネタ。。。「一眼国」「嘘つき弥治郎」 「難波の日」・・・江戸時代、大坂の町は水路の町です。難波は淀川から道頓堀等の掘割を町人が作り

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月27日04:45

「西瓜の日」。。。西瓜は鳥獣戯画にも描かれた野菜です。夏の果物は一般的には真桑瓜、梨の実です。北海道の当麻には電助西瓜という真っ黒な西瓜があります。 落語のネタ。。。「穴門の西瓜売り」

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月26日07:02

「幽霊の日」。。。人の気が残っていると幽霊になります。姿を見せず火の玉や魂だけの事もあります。 落語のネタ。。。「3年目」「幽霊の辻」「不動坊」「五光」「野ざらし」「天神山」「応挙の幽霊」「たちきり」「瘤弁慶」「お菊の皿」「樟脳玉」

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月25日05:35

「かき氷の日」。。。江戸時代は冬場の氷を氷室で保存して将軍に献上していました。氷室で保存した物は、野菜・果物があります。 また夏の涼しさは深い井戸や風穴(ふうけつ)から得ます。 落語のネタ。。。「千両みかん」「須磨の浦風」「青菜」

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月24日04:35

「河童忌」。。。芥川龍之介の命日です。芥川の作品は映画にもなっています。「羅生門」地獄変」 河童はキュウリを好み、刃物を嫌がります。刃物は鍛冶屋で造られ鋳物のように大量生産ができません、 関の孫六・相州正宗・備前長舟等と刃物職人は玉鋼から刃物

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月23日04:53

「海の日」。。。海の恵みは魚や貝の他、海藻もあります。千葉の市川の妙典では、藻塩が作られました。 海の塩を釉薬にした益子焼の人間国宝の故島岡達三氏の青の色の器は海の色を映します。また船は流通の大切な手段で荷物や人を大量に運びます。 落語のネタ

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月22日05:41

「犬の日」。。。江戸の町には野良犬がかなりいました。それと同様に稲荷を祀る社もあります。またお城(江戸城)やお屋敷には座敷犬(チン)がいました。 落語のネタ。。。「「犬の目」「骨違い」

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月21日06:15

「大暑の日」。。。暑さも盛りになります。幸いにここ数日の東京の日中の涼しさや熱帯夜から解放されてほっとしていますがまたあの暑さが直に戻ってきます。江戸の町では食欲不振や食あたり・熱中症などに効くと言われる枇杷葉湯売りや「和中散」を売る定斎屋

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月20日04:38

「日本三景の日」。。。日本三景は「宮島・天橋立・松島」ですが全て海の景色です。三大霊場は「高野山・比叡山・恐山」です。瀧は三大名瀑「那智・華厳・袋田」です。江戸三大珍味は「このわた・からすみ・越前雲丹」です。 江戸は世界最大の消費地です。上

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月19日05:20

「土用の入り」。。。土用は梅干しを干します。「土用干し」と言います。鰻を食べることを「土用の牛の日」と言います。 落語のネタ。。。「始末の極意」「素人鰻」 夏場の菓子の主役は寒天・葛があります。みつまめ・水ようかん・水饅頭・葛餅・などです。

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月18日07:04

「米の日」。。。米は精米すると糠と白米になります。糠はぬか漬け・糠袋になります。米を白米にするのは突き米屋です。臼と杵で玄米・七分突き・白米と突きわけます。 落語のネタ。。。「幾代餅」「延陽伯」 「幡随院長兵衛殺された日」。。。花川戸・浅草寺

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月17日05:42

紫陽花記(石原裕次郎のなくなった日)」。。。紫陽花の花ことばは「心がわり」です。石原裕次郎は映画俳優で「幕末太陽伝」等に出演していますが、晩年はTVにも出演していました。「太陽にほえろ」は新宿・渋谷を舞台に展開しています。その新宿は四宿(新

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月16日05:12

「駅弁の日」。。。駅弁は宇都宮駅でおにぎり2個と沢庵の弁当から始まりました。以前は列車も夜行、急行と列車の旅も駅弁を食べながら景色を楽しめたのです。その後時代の波の勢いに押されて軽井沢の峠の釜めしも新幹線が通行して駅で買う情緒がなくなってし

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月15日06:17

今日は送り火を焚き先祖を冥土に送ります。京都の大文字の送り火は大小の「大」「妙法」「鳥居」「舟形」です。地方fでは大の送り火だけもあります。 落語のネタ。。。お盆の言葉繋がりから「お盆」・「お盆かえして 」「孫帰る」

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月14日05:52

「ゼラチンの日」。。。ゼラチンは食用のほか接着剤として使用されます。食用では 煮こごり・ゼライス等に接着剤では木工・襖・屏風絵等に使われます。 大和絵は鉱物を粉状態に砕き、にかわで紙や板に定着させます。 落語のネタ。。。「名人長治「「応挙の幽

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月13日05:20

オカルト」。。。現代でも都市伝説はありますが江戸時代では七不思議がありました。浮世絵に「百鬼夜行」百物語等があります。落語のネタにも怪談噺があります。 落語のネタ。。。「真景累ヶ淵」「怪談市川堤」「牡丹燈楼」「乳房榎」「皿屋敷」「もう半分」

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月12日05:56

「日本標準時制定の日」。。。明石には、天文台があります。ここは日本標準時間を示す天文台です。須磨・明石は源氏物語の舞台です。この間に舞子の浜があります。明石大橋がある場所です。 落語のネタ。。。「西の旅」 「ひかわ胴剣の日」。。。島根県の斐川

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月11日07:07

「北条政子没」。。。北条政子は妹から夢を買い、頼朝と結婚したと言われています。夢と女性を守る淡島神社は浅草に祀られています。 7月9日・10日は浅草寺でほうずき市、通称四万六千日です。ほうずき市は港区の愛宕神社で開かれたのが一番古く、本来浅

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月10日07:51

「ウルトラマンの日」。。。円谷プロが生みだした宇宙人のヒーローです。かつて小田急線の祖師谷大蔵に円谷プロがありました。ウルトラマンシリーズで登場した怪獣達が円谷プロの倉庫に所狭しとぶら下がっていたのを思い出します。自由に見学をさせてくれたの

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月09日05:45

森鴎外忌」。。。鴎外と同時代の漱石は柳家小さんを高く評価していました。小さんは上方から多くの噺を移しました。 落語のネタ。。。「三人旅・二人旅(東の旅)」素人淨瑠璃(寝床)」「ざるや(米揚げ笊)」「青菜」 「鯨の日」。。。国内の鯨の漁は、和歌

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月08日04:43

「質屋の日」。。。江戸時代、質屋に品物を入れることを「殺す」と言いました。働かない、使えない状態を「曲げる」とも言います。住居がせまい長屋で夏冬の衣服・蚊帳や布団の入れ替えなど手数料を払い管理してもらうメリットもあったようです。 落語のネタ

続きを読む

落語と歳時記
2020年07月07日05:13

七夕の日」。。。七夕は書道など技芸上達の為、詩歌を献じたのに由来します。またこの日にそうめんを食べ無病息災を祈る習慣も有ります。 「川の日」。。。江戸時代、川は物流の道であり、飲料水の源です。 落語のネタ。。。「白髭橋」「吾妻橋」「宮戸川」「

続きを読む