mixiユーザー(id:1158984)

2020年11月23日22:45

13 view

■貧乏人は怠け者

この言葉を
初めて
聞いた時には
富裕層の徳
を示す為とか
貧困支援を
拒絶する方便
と考え
義憤の様なのを
感じたものだ

あれから
歳月は流れ
老いを共にして
この言葉に
納得する
自分がいる

日々に感けて
研鑽から逃げる
その姿勢は
”怠け”そのもの

こう言われたら
誰もが否定する
真面目に生きて
日々の生活に
全力であり
決して
怠けていないと

つまり
研鑽する程
余裕がないから
怠けていない
という事だ

堅実な方法で
その状態から
抜け出すには
研鑽以外はない
にも拘らず
余裕がないのは
怠けではない
と言い訳できる
お頭の怠けこそ
本質なのだ

本来は
楽をする事
働かない事が
怠けではなく
考えない事が
怠けなのだ

しかし
”働かざる者
食うべからず”
の文脈からは
逆の意味に
なってしまう

真面目に働いて
日々に
忙殺されるなら
働かなくていい
それで喜ぶのは
雇用者だけ

搾取に従順
なら
貧しくなって
当然だろう

雇用者にとって
怠け者
でなければ
貧しくなる

貧乏人は怠け者
であるべき
なのだ

まさに
怠けさせる為
支援が必要
なのだから
これが
拒絶の方便には
なりえない


富裕層の方が
貧困層よりも
怠け者で
ウソつきである

そんな
調査結果を
どこかで見た


所要時間 45分
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年11月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

最近の日記

もっと見る