ホーム > mixiユーザー(id:11464139) > mixiユーザーの日記一覧 > おおおじーちゃん その4

mixiユーザー(id:11464139)

2020年01月05日17:24

11 view

おおおじーちゃん その4

今日、
チッペに勧められてこんな本を読んだ。

フォト

長年スピーチセラピストとして活動してきた堅田さんが書いた、
フィクションである。

ある吃音を持つ少年の、
小学校1年生から5年生までの、
そして母親をはじめ学級担任などの、
成長を描いている。

フィクションではあるけれど、
著者の経験に裏付けされたノンフィクションと言ってもいい。

たくさんの示唆をもらった。

作中に5年生の担任が登場する。
若くて熱い、いい先生だと思うが、
吃音についての理解ができていない。

まず元教員として、
ぼくがもし吃音の子どもを担任していたらと、
ヒヤッとした。

おそらく、作中の先生と同じように、
ぼくも無理解のまま子どもを救えずにいただろうと。

吃音は病気でも「障がい」でもなく、
その人の喋り方なのだ。

どう治療するかを考えるのではなく、
吃音を持つ人がそのことで苦しむことのないよう、
周囲がその喋り方をどう受け止めていくかを考えることが大切。

なるほど。

「障がい」ではないと言うけれど、
インクルーシブ教育につながる考え方だと思った。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する