ホーム > mixiユーザー(id:110966) > mixiユーザーの日記一覧 > 転載拡散希望】沖縄の基地問題を観る為に最低限知っておきたいこと 【1】-(1)

mixiユーザー(id:110966)

2016年10月26日09:33

302 view

転載拡散希望】沖縄の基地問題を観る為に最低限知っておきたいこと 【1】-(1)

元記事はマイミクさんの日記。

【踏まえておきたい枠組】基本的な話。
先ずはこれをお読み下さい。

[参考資料1]
岩波書店2010年12月10日刊『普天間基地問題から何が見えてきたか』はじめに / 何が問われているのか 〜 西谷 修(東京外国語大学教授)さんの文章より.


「政権交代」も一年ですっかり色褪せた感があるが、それでも自民党政権が終わったということの歴史的意味は大きいはずだ。すでに論じたように(『世界』2009年11月号)、自由民主党とは、戦前からの二つの保守的政治勢力が敗戦後の「対米従属」(これを通称「親米」と言う)を共通軸として合同し、冷戦下の日本の統治を「安定的」に担うために結成された政党だった。この「保守合同」がCIAの強い影響下で実現されたことも、合同の立役者緒方竹虎や、巣鴨プリズンを出た岸信介らの果たした役割も、関連するCIA文書の公開によっていまでは明らかになっている。

自民党による統治は、冷戦下での経済復興に伴う利益配分を通じて日本の社会構造に深く浸透したが、その大枠になっていたのは日米安保条約に象徴される「対米依存」の体制だった。「対米依存」とか「従属」というのは、軍事的な関係においてだけの話ではない。外交や経済政策でもアメリカの要求を受け入れなければならないだけではなく、多くの「親米」エリートや知識人が育てられ、彼らの主導で日本の社会がしだいにアメリカ規範で作り変えられてきた。何ごとにつけアメリカが模範とされてきたのである。

この状況は、冷戦からグローバル化へと世界の条件が大きく変化した後も変わらず、むしろ深まったと言っていい。イデオロギー的な根拠付けを失った自民党は、今度は「政権党」であることを唯一の存在理由として存続してきたが、その屋台骨が「対米従属」であることは小泉政権にいたるまで変わらなかった。この「従属」は、日本の政治家や官僚、各界エリートたちにとっては「自発的」であり、彼らの地位がその姿勢に依存している以上「積極的」に引き受けられるがゆえに「従属」とは言われず、いつの間にか「同盟」などという表現で粉飾されている。だが、それを「自発的」に選ばない者にとっては「隷従」以外の何ものでもない。その年季がきたのが去年の政権交代だったのである。
…………………………
(2)につづく






沖縄の基地問題を観る為に最低限知っておきたいこと 【1】-(1)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956321577&owner_id=64295288








■「土人」は差別用語、法相が認識示す 参院法務委
(朝日新聞デジタル - 10月25日 13:16)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4258945
4 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年10月26日 09:34
    コメント欄転載
    戦争止めろ!もも

    戦争止めろ!もも2016年10月23日 22:41
    *ここで肝心なことは「対米従属」、これまでの、今の、その体制がアメリカの要請、世界戦略によって為されたことであり、今もそれは変わっていないのは言うまでもない事実ですが、私達がより注目しておかなければならないのは、
    それ(アメリカの意向)に沿う人物・勢力がこの国に存在しているという事実です。たんに回し者とかではなく。

    それは私達日本、日本人の問題です。
    アメリカがどうこうではなく。
    それはただたんに「従属」しているに止まらず、国民支配の為にそのことを利用した上で、さらにその先の日本の姿として「かつての強い日本」を見ていること(その夢想)に問題の根本があります。
    私達がより危惧しなければならないのはそこです。それが分かってないとまた道を誤ることとなる。
    それは「自衛隊という名の軍隊」が今どんな動きをしているのか?ということを見たらば明らかなことです。
    国民の無関心を最大の糧として進められてきた軍拡、様々な場所で行われている軍事的な動きを見たらば、もっと心配しなければオカシイはずの事柄が無視されてきた。

    その状況、意識を変えなければ、私達はまた「一部の目先の利益を得たい者の為に」生活のみならず命まで差し出すこととなりかねませんし、それはもう既にかなり進行していることでもあります。

    3・11以降、自民党政治に戻り安倍政権となって以降、特に顕著なものとなっている、露に、明らかになっているのに未だにそれが分からないのが大多数というのでは破滅へ向かってつき進むばかりです。
    それでいいとは思えない。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年10月26日 09:35
    戦争止めろ!もも2016年10月24日 02:14
    話は変わるようで変わりません。

    今の日本の危機的状況に危機感を持っている人々の中にさえ、勘違いをされている方がいるのは大変嘆かわしいことだと思います。
    安倍さえ倒したら、ことは良くなると勘違いをされている方々。

    問題の根本は自民党型の政治・経済システムにあります。

    そういった意味で、安倍自民党に反対する人々の中にさえ英雄待望論のようなものがあるのは、敵を利することはあっても、けっして私達の益になるものではありません。

    田中角栄ブームについて言うております。
    田中角栄がやったことは(保守本流から追い落とされたといっても)、これまでの自民党型の政治経済体制に反するものではありません。
    その構造を見ないで表面的な庶民性にばかり目が行ってるから変なことになるのです。
    馬鹿ばかりなんですか日本人、と言いたくもなります。

    かつては、政府・体制批判する人々、そこまで馬鹿ではなかった。


    同じようなことは民主・民進に対する過剰な期待にも言えます。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年10月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031