ホーム > mixiユーザー(id:110966) > mixiユーザーの日記一覧 > 福島メルトダウンから14週以内に福島由来の放射能で死亡した米国人は約14000人。

mixiユーザー(id:110966)

2016年10月22日19:50

254 view

福島メルトダウンから14週以内に福島由来の放射能で死亡した米国人は約14000人。

Lulu__19 ‏@Lulu__19 1 分1 分前

福島メルトダウンから14週以内に福島由来の放射能で死亡した米国人は約14000人。米国では福島の事故から六日後に北米大陸に放射性物質到達が確認され米環境庁も大気水牛乳に基準値の何百倍にも達する放射能を計測。日本は真実を隠蔽し死者0人http://www.prnewswire.com/news-releases/medical-journal-article--14000-us-deaths-tied-to-fukushima-reactor-disaster-fallout-135859288.html

医学雑誌記事:福島原子炉災害フォールアウトに縛ら14,000米死亡

ジョセフ・マンガーノとジャネット・シャーマン、保健サービスの国際ジャーナルから2011年12月19日、11:00 ET

チェルノブイリ後の放射線に関連した死亡のとほぼ同等の見インパクト。幼児はハーデスト継続研究はさらに高い可能性のあるデスカウントを表示して、ヒットしました。

ワシントン、2011年12月19日/ PRNewswire-USNewswire / - 米国では推定14,000過剰死亡は2011年12月の主な新記事によると、日本では福島の原子炉での災害からの放射性降下物にリンクされています保健サービスの国際ジャーナルの編集。これは、福島の健康被害を文書化する医学雑誌に掲載された最初のピアレビューの研究です。

著者ジョセフ・マンガーノとジャネット・シャーマン福島メルトダウン後の14週間で14,000過剰米国の死亡の彼らの見積もりは1986年にチェルノブイリのメルトダウン福島が最も大きかった後に報告死亡の上昇後の17週間で16500過剰死亡に匹敵することに注意してください1歳下の米国の乳児のうち。春の乳児死亡のための2010-2011の増加は、前の14週間で8.37パーセントの減少と比較して、1.8パーセントでした。

IJHSの記事は火曜日に公開されますとhttp://www.radiation.orgで11午前ESTのようなオンライン利用可能になります。

悲惨なメルトダウンが3月11日に福島で4原子炉を襲ったわずか6日後に、科学者たちは、有毒な放射性降下物のプルームがアメリカの岸の上に到着していた検出しました。米国環境保護庁(EPA)によるその後の測定は次のように全米正常上記の空気中の放射線、水、および倍のミルク何百ものレベル、米国における降水中のヨウ素131の最高検出されたレベルがわかりました(通常の約です2ピコキュリー水1リットル当たりI-131):ボイシ、ID(390);カンザスシティ(200);ソルトレイクシティ(190);ジャクソンビル、FL(150);オリンピア、WA(125);ボストン、MA(92)。

疫学者ジョセフ・マンガーノ、MPHのMBAは、言った: "福島の健康被害のこの研究は、科学雑誌に掲載される最初のものであるそれは懸念を提起し、強く日本と周り福島の真の影響を理解するために、健康の研究は続けていることを示唆しています。世界。調査結果は、新しい原子炉を構築すると、どのくらいの操作で老化ものを保持するかどうかの現在の議論にとって重要です。」

マンガーノはエグゼクティブ・ディレクター、放射線と公衆衛生プロジェクト、および27ピアレビュー医学雑誌記事や手紙の著者です。

内科や毒物学者ジャネット・シャーマン、MDは、言った: "私たちの継続的な調査に基づき、実際の死はここに数える死の原因として問題の最大5倍の期間であったインフルエンザや肺炎、で、18,000の高さであってもよいです。死亡は、すべての年齢層全体で見たが、私たちは彼らの組織が急速に乗算されているので、彼らは未開発の免疫システムを持っており、放射性同位元素の用量は比例大人のためのより大きい乳幼児が最も深刻な打撃を受けていることが判明し続けています。」

「 - 人々のためのカタストロフィーの帰結と環境チェルノブイリ「2009年に科学のニューヨークアカデミーによって出版され、「化学曝露と疾病と生命の繊細の著者シャーマン博士は非常勤教授、ウェスタンミシガン大学、およびの寄稿編集者でありますバランス - 原因と乳がんの予防」。

疾病管理予防センター(CDC)は毎週10万人以上の人口を持つ122米国の都市の死亡数に関するレポート、または福島放射性降下物が米国に到着した後、14週で米国の25〜30パーセント(3月20日に発行します6月25日)に、CDCに報告された死亡は前に14週間でわずか2.34パーセントと比較すると、2010年の同時期から4.46パーセントの増加となりました。全体の米国のため、この期間中の推定過剰死亡は約14,000です。

EDITOR'S NOTE:関連ニュースイベントのストリーミングオーディオ再生が12月19日午後4時EST / 2100 GMTのようhttp://www.radiation.orgでWeb上で利用できるようになり、医学雑誌の記事の2011年禁輸コピーがあります(703)276-3265またはaawolf@hastingsgroup.com、Ailisアーロン・ウルフを接触させることにより入手できます。

2011年の記事。

なんか見たような気もしますけどね。
6 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年10月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031