mixiユーザー(id:1109283)

2021年01月04日09:59

78 view

2020年ベスト・アルバム:ワールド・ミュージックTOP3

今回は2020年ベスト・アルバム:ワールド・ミュージックTOP3をば。

1位:To Know Without Knowing / Mulatu Astatke & Black Jesus Experience

エチオピアのムラトゥ・アスタトゥケとブラック・ジーザス・エクスペリエンスによる共演盤。
ムラトゥ・アスタトゥケは「エチオ・ジャズ」の生みの親と言われている人。
エチオ・ジャズとはジャズとラテンとエチオピア伝統音楽を融合させたもの(以上、ウィキより)。
ブラック・ジーザス・エクスペリエンスはオーストラリアのエチオ・ジャズ・バンド。
こちらはジャズとファンクとヒップホップとエチオピア伝統音楽を融合させてプレイしているとのこと(以上、ウィキより)。
要するにウィキに頼る程度の知識しかもっていない一人と一組の共演盤なのだ(汗)。
しかも「これ、ジャズじゃね?」と言われたら「はい、そうかもですね……それで?」と答えるしかない、という台風の中で高層ビルに架けられた足場の上でつま先立ちしているくらいに不安定なままに「ええい、これエスニックだもんね」と開き直っているのである。
いいじゃんね、どうせ僕の自己満足チャートなんだから。
とまぁ、脆弱な釈明のままに書き進めているけれど、音の方はもう自信をもって「大好きだもんね」と言える。
ちょっと呪術的な所もあるし、妖艶でもあるし、官能的でもある。
外にドバーっとパワーを放出するというよりは、どちらかというと内に内にエネルギーをためていく、といったベクトル。
このベクトルにクスリが絡むとスライの「暴動」みたいになっちゃうのかも。

2位:Gnawa Electric Laune / Rabii Harnoune, V.B.Kuhl

モロッコの伝統音楽であるグナーワの担い手Rabii Harnouneとドイツ人プロデューサーV.B.Kuhlによる共演盤(また共演盤かよ)。
グナ−ワというとハッサン・ハクムーンという大スターを思い出すのだけれど、Rabii Harnouneはハッサンよりは多少熱量は少なめな印象(ハッサンが熱すぎるのかも)。
モロッコの伝統楽器であるゲンブリをブンブンうならせながら歌うところは似ているけど、V.B.Kuhlが絡んでいるので、かなりエレクトリック化というかモダンな印象がある。
そんなモロッコの土着的な音とドイツのモダンな音が上手い具合にミックスされていて聴いているとホットにもなれるしクールにもなれるという僕にとっては一粒で二度美味しいグリコ的な音楽。

3位:Curandero / Orkesta Mendoza

アメリカはアリゾナ州トゥーソンを拠点とするバンド。
「ハイブリッド・モダン・ルーツ・ミュージック・バンド」なんて呼称があるのだけれど、まぁ様々なラテン音楽をやっているってところだろうか。
クンビアあり、メレンゲあり、チャチャチャあり、マンボあり、チカーノあり、とこの辺りの音楽をミキサーにかけて、一見能天気風なおじさんたちが「ほらよ」とビールジョッキに目いっぱい注いできて、飲んでみたら「あららら、なにこれ美味!」となった、って感じ。

ということで以上が2020年ベスト・アルバム:ワールド・ミュージックTOP3でした。
他に最後まで迷ったのがAmmar 808、Oumou Sangare、Transglobal Underground、Ceylan Ertemなどなど。




4 16

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月04日 11:46
    この辺りは、全く勉強不足なので、ごめんなさい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月04日 12:20
    > mixiユーザー いえいえ、別に音楽聴くことは勉強じゃないから、何の問題もないですよw。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月04日 15:01
    3位のだけはタワレコの店頭で聞いたことがあります。買おうかどうしようかと迷ったのですが、結局買わずじまい。
    エチオピアは面白そうだと思いますが、なかなか聞けません。5年くらい前にインペリアル・タイガー・オーケストラという白人がエチオピア音楽をやっている不思議なバンドをインストアで見た事がありますが、日本の音頭みたいな旋律もあって面白かったです。これもそんな感じありますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月04日 16:11
    > mixiユーザー 「インペリアル・タイガー・オーケストラ」って知らなかったのでググってみました。Spotifyに1曲だけあったので試聴中。確かに音頭っぽいフレーズが流れてきています。「Mulatu Astatke & Black Jesus Experience」よりも輪郭がはっきりした演奏をしているな、という印象。いい感じです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月04日 20:41
    To Know Without Knowing 良いですね。ジャズかどうかはわからないけど。( ̄0 ̄; 最近の風潮として音楽ジャンルの定番形から外れると、一応ジャズにしとけば、、みたいな。笑 それだけ現代ジャズは解体されて溶けだしている印象です。チャーネット・モーフェットの新作もバイオリンと女性ボーカルでプログレかな?と思うほどですから。
    Gnawa Electric Laune も興味深いです。昔と違い携帯があれば世界中の音楽が聴けますから、エスニック分野と言われる現地ミュージシャンも変わらざるを得ないかもしれませんね。
    Curandero は聖者山田さん3号さんの形容がそのまんまで楽しくて。笑 しかしさすがアメリカ、Hiphopの影響はどこにでも出てくる感じですね。

    皆、知らないアーティストですが、このような分野も掘り下げる聖者山田さん3号さんの選曲眼に
    脱帽です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月04日 20:59
    「現代ジャズは解体されて溶けだしている印象」というのがまず意外でした。まぁ僕自身があまりジャズに詳しくないからなのですが、どうしても「ジャズ=保守的」みたいなイメージがあったので。でも言われてみれば最近は「あれ、これもジャズなの?」と思える作品が多いので、解体作業は現在進行形でドンドンと進んでいるのでしょうね。僕としてはそれはいいことなんじゃないかな、と思っています。

    仰る通り、今はその気になれば簡単に世界中の音楽が聴けてしまいますよね。それがいいのか、悪いのか(僕は決して悪いことじゃないな、とは思っているのですが)。Rabii Harnouneは「もっとグナーワを世界中に広げたい」という意向があって、ドイツ人のV.B.Kuhlと手を組んだみたいですね。多分、グナーワをストレートにやってもダメだな、という考えがあったんだろうなぁ、と邪推しています。まぁ、手を組む相手さえ間違えなければいい結果につながるのかな、と思います。

    Hiphopの影響はもう世界中にありそうですね。トルコでもHiphopやっているバンドがいました。Orkesta Mendozaはアメリカだから、自然にハマってしまっている印象もありますね。

    僕はエスニック作品の情報の多くをオフィス・サンビーニャというメーカーに頼ってます。だからそこで紹介されなかったけどすごくいい作品、というのもあるでしょうね。なるべくアンテナを広く張っているつもりなんですが、なかなか……。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月05日 14:25
    > mixiユーザー 自分でも気になって日記を遡ってみたらありました。
    https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1945800843&owner_id=24615039
    ちなみに、ここの後半に出てくる中村綾という人がいたミラクルマーチには町ガのメンバーも3人在籍していました。この年の春に当時の運営がいきなりの終息宣言をして中村綾だけをソロとして抱え込んだという経緯があります。「義憤と薄っぺらい正義感」(本人談)にかられた石田ショーキチ氏が行き場を失ったメンバーを集めて始めたのが町ガという因縁があります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月05日 14:26
    > mixiユーザー オフィス・サンバーニャ、なるほどです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月05日 14:48
    > mixiユーザー 先ほど拝読してきて、古い日記ですがレスを書きこんできました。「町ガの因縁」それってヘッドハンティングみたいなものなんですかね。どの世界にもあるんだなぁ……。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月05日 14:49
    > mixiユーザー オフィス・サンバーニャ、かなりお世話にはなっているんですが、ここはミュージック・マガジン界隈の人材で固められているようなサイトなので、ちょっと隔たりもあるだろうな、という懸念はあります。あとはこんなところもちょっと参考にしています。https://musica-terra.com/
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月05日 19:36
    > mixiユーザー 
    ありがとうございます。
    いや、ヘッドハンティングなどという綺麗な物ではなくて、彼女たちは何の説明もされずにいきなり見捨てられてしまったのです。それは、楽曲提供していた石田ショーキチ氏にも知らされていなかったそうです(僕もリアルタイムでは経緯を知らないのですが)。
    だから、よくここまで続けて素晴らしいグループに成長したなと思います。
    現リーダーのえりかが、以前こんな事を書いていました。ご参考に。
    https://machida.keizai.biz/column/50/
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月05日 21:03
    > mixiユーザー 拝読してきました。なるほど……。きっと石田ショーキチ氏という方も魅力的な方なのでしょうね。この時の出来事がバネになって昇華されたのがまちだガールズクワイアなのかもしれないですね。増々彼女たちが好きになりました。ありがとうございます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月05日 21:34
    私の2020年No 1 はMcCartney III
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月05日 22:05
    > mixiユーザー やはりそうでしたか。いいアルバムでしたよね。僕も明後日くらいには洋楽TOP3をアップします。McCartney IIIも入っていますが、何位かは今は秘密ということで(汗)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月09日 00:01
    3曲ともポップで聴きやすかったです。ドイツやオーストラリアとの共演作が上位を占めるのは、ワールドミュージックの世界でもボーダーレス化が進んでいることの表れなんでしょうか。それとも単に山田さんの好みがそうだったというだけなのか。その辺が気になります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月09日 13:32
    > mixiユーザー 多分、ボーダーレス化が進んだんじゃないでしょうか。世界は確実に狭くなっている印象ですし、伝統音楽をやっているアーティストも自分たちのアイデンティティを大切にしながらも外へと目が向かっている気がします。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年01月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31