mixiユーザー(id:1109283)

2020年01月25日17:11

128 view

2019年ベスト・アルバム:洋楽

最後は2019年ベスト・アルバム:洋楽で。

年々、「ロック」のアルバムを聴く機会が減ってきているように思える。
その代わりワールド・ミュージックとアイドル物が台頭してきている。
決してロックに飽きてきたわけではないのだけれど……。
だから、という訳ではないのだが、今回はなんとなく投げやりな書き方になってしまった。

1位:Western Stars/Bruce Springsteen

ジョン・ハモンドは、ブルースの「明日なき暴走」が大ヒットしていた時に「それでも彼の本領はシンガー・ソングライターにあると思っている」と発言している。
今回のブルースの「Western Stars」は、ロック・アーティストとしてのブルースではなく、シンガー・ソングライターとしてのブルースの作品、ということになるのだと思う。
ジョンが言っている「シンガー・ソングライター」はディラン・タイプのことを指しているのだろうし、今回の「Western Stars」は「第二のディラン」と呼ばれたブルースとはかなり遠い位置にあるけれど、それでもジョンの慧眼には感服している。
ちなみにジョン・ハモンドはビリー・ホリディやベニー・グッドマン、ボブ・ディラン、スティーヴィー・レイ・ヴォーンといった新しい才能を発掘してきたCSBの伝説的A&Rマンで、ブルースのオーディションを行い、彼をCSBと契約させた人物でもある。
1987年7月10日に亡くなっている(僕の誕生日じゃないか!)。

2位:Fear Inoculum/Tool

マイミクさんに教えてもらったバンド。
名前は知っていたけれど、何故かずっとスルーしてきた。
無理やりワールド・ミュージックと結びつけちゃうと、例えばドラムスの使い方なんかは、充分にエスニック的だし、シーケンス的な手法や、ギターのフレーズもそれっぽいなぁと思える瞬間がある。
ワールド・ミュージック的、というか、プリミティヴというかプライマルというか、呪術的というか。
突発的な衝撃というよりも、継続されジワジワと浸透し、じっとしていられなくなる衝動、といった感じ。
曲の長さが全く気にならない。

3位:Schlagenheim/Black Midi

最近の中では最も面白いなぁと思えたバンド。
ザ・ポップ・グループや、ジョン・ライドンっぽい歌い方からP.I.L.あたりを想起させる。
いまさらポスト・パンクでもあるまいし、とも思うのだけれど、やはり聞き入ってしまう。
ただ、そんなザ・ポップ・グループやP.I.L.、あるいはキャプテン・ビーフハートやザッパといったアーティストを初めて聴いたときの「なんじゃこれ?」的な驚きは感じられなかった。
既に免疫が出来ていたってところだろうか。

4位:American Utopia on Broadway (Original Cast Recording)/David Byrne

相変わらず「ちょっと変わった」パフォーマンスをやっている人。
こういったタイプのステージングを既に数年やり続けているはず。
ディヴィッドもさすがに歳のせいか体の切れが鈍っているけれど、まだまだやりたい事が頭の中で渦巻いているんだろうなぁ、と思うと嬉しくもなってくる。

5位:American Music Vol. VII/Grupo Fantasma

テハーノにラテンにラップにファンクにマリアッチにサルサにクンビアにチーチャにアナドルに、バングラ・ビートに……。
それらをごった煮にしたら「American Music」という美味のスープになりました。

6位:Father Of The Bride/Vampire Weekend

細かい所まできちんと目配せが出来ていて、丁寧に仕上げられている作品。
アフリカっぽい所も僕の好み。
以前日記で、僕が感じるエズラとポール・サイモンの類似点と相違点を書いたのだけれど、その印象はますます強くなってきている。
まぁ、どうでもいいことなのだけれど。

7位:WHO/The Who

侮っていた!
リズム隊の二人が既に鬼籍に入り、残った二人も同じ部屋でレコーディングすることはなかった、と言われている作品。
だから「ヘナヘナな作品になっているんだろうな」と思っていたのだ。
以前、ピートは「いい作品は自分のソロに、そうでない作品はザ・フーに回している」なんて悪口を言われていたこともあったけれど、今はいい作品もグループに回しているのだろうか(もうソロを考えていない、とも思えるけれど)。
「Ball And Chain」のシンセのシーケンスにしても、あの「Who's Next」を彷彿とさせるパワーが漲っているし、ロジャーの声もピートのギターも、いまだに健在で楽曲の中を堂々と闊歩している。

8位:Hyperspace/Beck

聴けば聴くほどよくなってくるアルバム。
僕の場合、ベックっていつも「最初はピンとこないけど、何度か聴いているうちにいいなぁと思える」アーティストの一人。
それにしても「ルーザー」ってもう26年も前の曲になっちゃったんですね。
ついこの間だと思っていたのに。

9位:Help Us Stranger/The Raconteurs

誕生日に拘る訳ではないのだけれど、ベックは7月8日生まれ、ジャック・ホワイトは7月9日生まれ、そして僕は7月10日生まれ。
決して誕生日が近いから好き、という訳ではないのだけれど、何か関連はあるのだろうか。
星占いでも勉強すれば何か判るかもしれないけれど、残念ながらあまり興味は持っていない。
それにしてもジャックがザ・ホワイト・ストライプスでデビューしてもう21年になるのか……。

10位:Anima/Thom Yorke

果してこれはロックなのか。
いやいやポストロックなのか。
よく判らないのだけれど、僕がロックを聴き始めたころに感じたパッションみたいなものを感じる瞬間はここにも間違いなく存在している。
それに聴いていて実に気持ちが良い。
4 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月25日 22:09
    なんと、フーしかわかりませんでした。
    ベックって、名前は聞いたことがあるような気がするんですけど、ジェフ・ベックとは関係ないですよね。
    山田さんの聴かれている音楽領域の広大さに感銘を受けています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月25日 23:20
    自分はロックから生まれてロックが好きなはずなのに、新しいロックを面白いと思えないのは単純に歳を取って自分の感性が衰えてしまったからじゃないのかとずっと思っていました。が、こうして並べて聞いてみると、一番ロックしていたのは一番ジジイであるはずのザ・フーだったりするのは気のせいなのか。ジャズが反逆の音楽から大人のための音楽へ変わっていったように、ロックのライヴも少年たちのものからセレブでないと見られないものに変わってきています。大好きなロックに自分の居場所が段々となくなってきているのは否めません。例えば、3位のグループにしても狂人を装っている様に見えてしまうです。だったら、ダモ鈴木の方がリアリティーがあるし、聞いていて面白い。んー、もうこんな事を書いている時点で現代のロックを聞く資格などないのかもしれませんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月27日 09:28
    この中のグループでは聖者山田さん3号さんの日記で知ったの半分。あとはのすでにイメージがありましたが、該当アルバムを持っていないので、何も具体的なコメントが出来ないです。

    映像がらみで挙げられた曲では、Vampire Weekend のと Bruce Springsteen のがいいなと思います。特にブルースのはデビュー当時の面影を感じますね。もともと現代洋楽バンドでは割とスキなVampire WeekendはPOPでカラフルなところ。
    THE WHO は60年代のイギリスのロックシーンの雰囲気をいまだ持っていますが、それしか出来ないのかな、、。って。

    あと、勝手な僕のイメージですが、David Byrne を上位にもってくるところが、聖者山田さん3号さんらしい
    と感じました。
    Black Midiは前に聖者山田さん3号さんの日記でおっ!と思い、いくつか聴いたのですが、斬新さと使い古された手法が混在している感じで、現代バンドにありがちな過去の膨大なロックソースへのコピペ手法の痕跡を感じちゃいます。

    あと、私見ですがTOOL と Thom Yorke はハウス系の音楽の影響があるかな、、って印象。楽器をアコースティクに置き換えているだけで手法的にそんなイメージがします。やはり保守然とした現代ロックは、新しいことをしようとすると、EDMに代表されるハウスや、クラブミュージックの影響は強いかもしれない、と漠然と思いました。

    最後にすごく個人的な意見で申し訳ないですが、Beckの挙げられた曲はドリームポップ調のイントロにおおっ!と思いましたが、そのあとの展開がいつもの?アクの強いBECK節で、少々ガクッときました。苦笑。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月27日 13:14
    トゥールが1位でないというのが、私的に不服ですね――なんて口が裂けてもいいません。もう、ランクインしただけで恩の字です。しかも2位。文句のあろうはずがありません。でも、ふと思うのです。赤い公園を入れないだけでブツブツいわれ、この上トーx−ルまで入れなかったらまた何いわれるかわからないから、しょうがなく2位にしたのかな、とか(笑)そうでないことを祈ります(笑)ちなみに私の2019年ベストアルバムは、トゥールです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月27日 16:41
    > mixiユーザー 
    ベックとジェフ・ベックは特に関係はないですね。
    紛らわしいといえば紛らわしいですが(汗)。
    「音楽領域の広大さ」←いえいえ、単に広く浅くなだけです。
    メロニアさんのようにプログレを極める、といった方が凄いかな、と思っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月27日 17:16
    > mixiユーザー 
    「大好きなロックに自分の居場所が段々となくなってきている」というのは悲しいし残念なことですね。
    よほど新しいロックはつまらないのですね。
    僕は今はあえて気恥ずかしい表現を使うなら「第二次成長期」です。
    「第一次成長期」はロックを初めて知った10〜11歳くらいですから、もう何十年ぶりかの成長期になります。
    変なこだわりや既成概念に縛られるのが本当に嫌になって、数年前からニュートラルな気持ちで色々な音楽(ロックに限らず)を聴くようにしてきたら、新しい音楽がドンドンと面白くなってきた。
    「こんなのつまらない」「だめだよこんなんじゃ」って思う瞬間も勿論あるんですが、「これ面白いじゃん」「あ、これもいい」という音楽がそれ以上に増えてきた。
    だから最近は本当に楽しいです。初めてロックを聴き始めた時の次くらいに楽しい、だから「第二次成長期」なんです。
    それこそ洋楽にしても(ロックとは限定してません)邦楽にしても、アイドル物にしても、民族系にしても、今まで聴いてこなかった音楽や、聴かず嫌いだった音楽もスっと入ってくる。
    今まで何十年かけて聴いてきた(多分膨大な量の)音楽もずっと好きなままでいられるし、そこに更にプラスしてどんどんと新しくて面白い音楽が蓄積されてくる。新旧好きなものがどんどんと増えてくる。こんな幸せなことはない、と気恥しいけれど本当にそう思っています。
    だから「狂人を装っている様に見えてしまう」と言われてしまったBlack Midiも(ちなみに僕にはそうは見えないです)、ダモ鈴木在籍時のCanも同じように面白く聴けます。ちなみにCanはダモ鈴木在籍時も面白いけれど、最近は「Flow Motion」が大のお気に入りです。なんかTalking Headsの元祖みたいな音してますので。ただ「Tago Mago」とか「Future Days」とか好きな人にはダメかも知れないですが(でも「Future Days」ってヘッズっぽいところもありますよね) ← いつかCanに関してはまとめて書いてみたいなぁと思っています。
    あとはねぇ、せっかく同時代で面白い音楽に接することが出来ているんだから、本当はライヴとかイベントとかに参加出来れば、と思うこともあるのですが、こればっかりはねぇ……。「参加したいと望むこと=母の施設入所、あるいは死」、になってしまうので、望んでません。
    なんか長々と調子ぶっこいて書いてしまってすみません。
    まぁ、しょせん人生なんて短いし(僕なんか半分以上は無駄に消費しちゃったし)好きな音楽を好きなように聴けばいいんじゃね、とごく有り触れた結論ということで(汗)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月27日 17:49
    > mixiユーザー 
    ブルースは大好きなアーティストなだけに愛憎入り混じった悩ましい気持ちもあります。
    いわゆるロックなブルースも好きなんだけれど、正直今回のようなアルバムを作るブルースの方が好きかも知れない。
    ちなみにあの「Born In The U.S.A.」は罪作りなアルバムだったと思ってます。あれで多くの人、特に日本人なんかはブルースを勘違いして捕えちゃった。ブルースもそれに戸惑っちゃった。そして疲れちゃった。だから1988年辺りの彼のライヴは最低な出来だったと思ってます。ブルースは疲弊しているし、声もボロボロだった。
    まぁ、あまりブルースをここで語っても仕方ないのですが(汗)。

    ザ・フーはどうなんでしょうね。ピートあたりはもっと色々なことをやりたいんじゃないかと思うんだけれど、やはり一つのパターンに陥ってしまうんでしょうかね。ロジャーはインタビューとか読むとかなりビジネスライクにヴォーカリストを務めているようだし。

    David Byrne はおっしゃるとおり、多分僕らしい選択でしょうね。Black Midiもおっしゃるとおり、過去からのコピペ手法なのは否めないですね。だから僕も驚きはしなかった。免疫がすでにあったってことでしょうね。それでもこの時代に、こんなことをやっている、ってのが僕なりに面白く感じられたし、結局は「こういう音も好き」ってところで結論付けられるのかな、と思ってます。

    Thom Yorke はハウス系からの影響は大ですよ。あとは今のテクノ系ですかね。テクノ系のアーティストの交流が結構盛んだし、EDMにしろテクノにしろクラブシーンにしろ、今のロック系への影響はかなりあると思っています。僕自身、この辺りの音楽は今までずっと聴いてこなかったので、逆に新鮮に響いてくるってのもあるかと思います。

    アクの強いベックw まぁベック好きはそんなアクが好きということで(苦笑)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月27日 17:57
    > mixiユーザー 
    えっと、何いわれるかわからないから、しょうがなく2位にしました(ウソウソ)。
    でも、TOOLを聴くきっかけを与えてくださったことには本当に感謝してます。
    旧譜も全部揃えたし(ところが旧譜はまだ全然聴いてない……汗)。
    竹内さんは多分TOOLが1位なんだろうなぁ、と予想はしていました。いいですもんね、このアルバム。ちなみに今、聴きながらこれを打っております。
    そういえば、ロッキン・オンやミュージック・マガジンもそろそろ年間ベストを出している頃ですよね。最近は立ち読みでもページをめくらなくなっちゃったけど、その辺りのロック雑誌のベストってどんな感じなんだろう。ちょっと興味あります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月27日 18:18
    > mixiユーザー ベストテンとは直接関係ないですが、思った事を少し書かせてもらいます。山田さんの凄いのは幅の広さもありますが、自分と違った意見をキチンと消化出来るところではないかと思います。例えば、某ツイッターで同じ趣味ではないよ的な事をつぶやくとケンカ腰になるかブロックされるかフォローを解除されるかが関の山です。つまり、自分と異なる意見は排除される傾向にあります。でも、山田さんはあなたはそう思うかもしれないが私はこう思っていると意見交換と言うか真っ当な議論が出来ます。これは、出来そうでなかなか凡人には出来ない事です。だって、自分の好きなものを好きじゃないと言われている訳ですから。普通であれば気分が悪い。なのに、なぜ好きじゃないかという意見にちゃんと耳を傾けることが出来るのは素晴らしいし、評論をする立場であれば絶対に必要な才能だと思います。私はどちらかと言うと自分の意見をはっきりと言ってしまう方なので、書いてから後悔することもあるのですが、そんな時に書いた意図をくみ取ってもらえると何か救われたような気分にもなります。今後も私のスタンスは変わらないと思いますが、良くも悪くも正直に書いていきますので今後ともよろしくお願いいたします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月27日 20:36
    > mixiユーザー 
    いやいや、それは僕のことを褒め過ぎですよ。買い被り過ぎです(汗)。
    前にもどこかで書いたけど、僕はかなりの貧乏性なのだと思います。
    だから自分と反対の意見がきても、まずそれを受け入れないと勿体ないなぁと。
    例えば今回で言えば「狂人を装っている様に見えてしまう」というのがありますよね。
    僕はそうは見えなかったので、「あら、そう見えるのかな」と思い何度か映像を見直してみる訳です。
    レスを書いた時点では「ちなみに僕にはそうは見えないです」と記載していますが、あれから何度か見返してみると「いや、まてよ、もしかして『狂人を装っている様に見えてしまう』ってのは装い方が下手だからなのかも知れないな。若いから上手く立ち回れないからそう見える人もいるのかも」なんてことも考えたりします。これなんか面白いですよね。僕だけの思考だったらこんな考えは出てこなかった。ドノバンさんにそう指摘されて初めて「ああ、もしかしたら」という思考が生まれた。はなから相手の意見に感情的に反論してたんじゃこうはいかないし、それって勿体ないですよね(ああ、貧乏性だ……)。とまぁ、単純にそんな感じだったりもします。
    ただ、少なくともちょっと自分と違う意見を言われただけでケンカ腰になったりブロックしたりフォローを解除したり、といった馬鹿らしい真似はしません。ここはコミュニケーションの場なんで、ズブズブに馴れ合いになって傷の舐めあいをしたり、感情的になってケンカ腰になったりする場ではない、と思っています。
    いずれにしても、ドノバンさんとは一番古いマイミクさんでもありますし(ミクシー以前からの付き合いですね)「今後も私のスタンスは変わらないと思いますが、良くも悪くも正直に書いていきます」というのが正しい姿勢だと思っています。
    こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する