mixiユーザー(id:1109283)

2020年01月21日14:54

114 view

2019年ベスト・アルバム:邦楽

今回は2019年ベスト・アルバム:邦楽ということで。

邦楽に関しては今年は「これだ!」というアルバムが無く、僕にとってはどれもドングリの背比べだった。
「のん」をアイドルにするかどうか迷ったけれど、結局はこちらに入れた。
だったら鈴木愛理をこちらに入れてもよかったのだけれど、まぁ、それはそれ。
眉村ちあきをアイドルに入れてもよかったのだけれど、まぁ、それもそれ。
そして気が付けばトップ10のうち8組が女性だった……。

今回は色々あって時間がないので、全くの乱暴な走り書きに終始(え? いつもと同じだって? ほっといてくれ……汗)。

1位:めじゃめじゃもんじゃ/眉村ちあき

なんだかんだでこれが1位。
マイミクさんに「1位では?」と予想されたから1位にした、ってことじゃないですよ。
今年初めにリリースされた最新アルバムは少しはっちゃけ方が抑えられている印象もあったんだけど(それでもいいアルバムです)この「めじゃめじゃもんじゃ」は、凄くはっちゃけているし、それだけでなくて本格的でもあるし、「きちんと遊んでいる」感じがたまらなくグッド。
本人が「私はアイドル」って発言していることもあるし、少し迷ったけれど、やはりアイドルというよりはアーティストになるのかな、とあくまで主観で振り分けた。

2位:1994/w.o.d.

昨年はデビュー・アルバムを3位に入れたこのw.o.d.。
最近の日本の若手ロック・バンドの中では一番注目している。
尤も全ての若き野郎どもを知っている訳ではないのだが。
このw.o.d.、やはりヴォーカルの歌い方が好き。
口の中で言葉をモゴモゴ転がして出し惜しみするようなことがないから。

3位:夜のつくり方/なぎごと

ベスト・シングルでは8位に入れたバンド。
そこでも書いたけれど、自分でもどこに惹かれたのか今ひとつ明確でない。
明確でないのだけれど、妙に惹かれるバンド(というか女の子二人組)。
案外とそういうバンドの方が長く好きでいられるのかも知れない。

4位:realize/ALiA

マイミクさんに教えていただいたバンド。
最初は「まぁまぁいいじゃん」程度だったのに、どんどんと好きになってきた。
思った以上に歌も演奏も楽曲も良くなってきているように感じる。
もっともっと大きくなりそうな予感がしている。

5位:Recorded in London/立入禁止寺
Yutaka Wakisakaという今年34歳になる日本人による一人での宅録による作品。
影響を受けた音楽としてキャプテン・ビーフハート、ジェントル・ジャイアント、マグマ、アレア、ヘンリー・カウなどをあげており、なるほど確かに、という音になっている。
かなりクセの強い面白い作品。
映像はなし。下のストリーミング・サイトで試聴可能。
https://tikd.bandcamp.com/

6位:瞬間的シックスセンス/あいみょん

この人の歌声が好き。
顔も好きなのだけれど、歌声はもっと魅力的。
以前「超微細な粒子が帯状に集まってきて、スーっと空を切っていくイメージ」なんて訳の判らないことを書いたけれど、このイメージに偽りはない。
曲作りも奇をてらうことのないオーソドックスな印象で、しっかりと地に足の着いた良い曲を書く人だな、という印象。

7位:SEVEN/Rei

昨年のメジャー・デビュー・アルバムに関しては「ちょっと中途半端」なんて随分と偉そうなことを書いた。
で、今回の「SEVEN」は「中途半端さが吹っ切れて凄く良くなった」とこれまた偉そうなことを書いてしまう。
以前の日記にも書いたけれど、テレビで彼女のインタビューを見て、しっかりした受け答えと適度なユーモアも持つ彼女にますます惚れてしまった。

8位:42℃/BabySitter

マイミクさんに教えてもらったバンド。
ベスト・アルバム:アイドルでも触れたけれど、もしシングルの表題曲以外で「楽曲ベスト10」なんてのを選んだら、sora tob sakana の「WALK」かこのベビーシッターの「夢への途中」のどちらかが1位になっていたと思う。
その「夢への途中」、ギター・アレンジなんかは、まんまオアシスのスタンド・バイ・ミーなのだけれど、切なさがこんなおじさんの胸にも沁みてきた……。
映像がないのが残念。

9位:ベビーフェイス/のん

眉村ちあきと同じように、アイドルなのかそうでないのかで迷ったけれど、やはり主観で「アーティストにしとこう」ということでこちらに入れた。
「あまちゃん」とか全く見たことなかったし、能年玲奈時代も、色々あって改名してからも、ずっと興味がなかった。
それが何故か急に「いいじゃん、のん」ってことになったのだ。
人間って不思議ですね。
このミニ・アルバム、のんの自作曲も収録されているし、GO!GO!7188絡みもあってこれが凄く良い。
このGO!GO!7188が、のんを聴くトリガーになったのだけれど。

10位:ヤプーズの不審な行動 令和元年/ヤプーズ

実はギリギリで10位に入れた、って感じのアルバム。
ここでの戸川純は本調子ではないし、ヤプーズだってこれから継続して活動していくかも不透明。
それでもやはり戸川純のファンだし、スタジオ録音曲には可能性も感じる。
次のアルバム(リリースされれば、の話だけれど)が勝負になるのかな。
それへの期待も込めての10位、といったところ。
このアルバムからの映像がなかったので、ヤプーズの楽曲を張り付けておいた。
4 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月21日 20:56
    めちゃくちゃ興味深いです!

    またゆっくり拝見することとして、知ってるミュージシャンもいて、嬉しいです!

    僕も2019年ベストを(改めてだったかも)やってみたいと思います(*´∀`)♪

    ちなみに、なきごとさん、いいんですね!

    今度、ハルカトミユキと対バンすることになり、気になっています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月23日 12:00
    あれ、赤い公園が入ってない。ミニアルバムだから? でも、のんもミニアルバムみたいだし。おかしいな。でも、1位が眉村ちあきだから、オールOKです(笑)私としても、昨年の最大の収穫は眉村ちあきとの出会いでした。ちなみにセカンド、まだ買ってないです。それ以外のランキング曲は、日ごろの山田さんの日記からなるほどと思えるものでした。ベビーシッター、改めていいなと思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月24日 20:19
    のんちゃん、あの有名事務所とモメなかったら、逆に今の のんは無かったと思います。人生、何が災いして何が幸となるかわかりません。もともコミュ障気味だったので、あのまま順調に行くよりも良かったのかも。

    ベビシは、、不思議なガルバンとしか、、。そのまま消えてなくなりそうで。で、もし無くなったらもっと生観てけば良かったと思うんだろうな、、と。笑

    なぎごと、良く知らなかったのですが、なかなか良さそうなバンドですね。

    こちらのつぶやきにコメントを頂いた時点で 1位は、もしかしたら、、とは思ってました。ニューアルバムの方がまとまりもありの、プロ歌手の自覚ありの、、で、聴きやすいのですが、やはりちあきちゃんの原点は、このフリーキィーな めじゃめじゃもんじゃ なんでしょう。この路線を繰り返すのなら、永遠にマイナーかも?ですが、そうじゃないところにクレバーさを感じます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月25日 14:28
    > mixiユーザー 
    S△-TO-RUさんのベストも拝見しましたよw。

    なきごと、僕も偶然に見つけたバンドなのですが、結構いいなぁ、と思っています。

    ハルカトミユキは推薦して下さった3枚組の方を注文しました。
    他のCDと一緒に注文したので手元に到着するのは来月になります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月25日 14:31
    > mixiユーザー 
    赤い公園! そうか、これ指摘されて「ああ、失敗したかも」と思っています。
    と言うのも、赤い公園、これシングルTOP10に入れてあるんです。
    5曲入りなのでミニ・アルバムでも良かったんだけど、タイトルが「消えない - EP」と「EP」が付いていたので、僕としてはシングルにしてしまったと。
    シングルとEPは収録曲数が違うけど、いわゆるドーナツ盤の時代のレコードで同じ17cmで同じ45回転だったので、場合によっては「シングル=EP」みたいに扱われていた。
    その名残があって僕としては「あ、EPってついてるなぁ、だとしたらシングルに入るのかな」と安易に思ってしまったということです。
    シングルは2曲しか収録されていないけど、EPは3〜4曲は収録されているので、お得なシングル盤的な扱いだったのかな、なんて思ってます(同じ17cmで33 1/3回転だとコンパクト盤なんて呼ばれてましたね)。
    ビートルズのイギリス盤の「マジカル・ミステリー・ツアー」が2枚組のEPでリリースされて、これがシングル・チャートに入ってきた、なんてのも頭の片隅にあったので、何となく赤い公園の「消えない - EP」をシングルとして認識してしまった、といったところです。
    ちなみにオリコンの定義だと「シングルは4曲まで。それ以上はミニ・アルバムかフル・アルバム」ということらしいです。
    ミニ・アルバムとフル・アルバムのボーダーラインは曖昧みたいですが、「通常6〜8曲が収録されていればミニ・アルバム、それ以上だとフル・アルバム」ということらしいです(この説の出典先は忘れちゃいました)。
    のんは6曲なのでミニ・アルバムかなと。
    赤い公園は5曲か……しかもEPとタイトルにあるなぁ……ということでシングルにしてしまったと。
    でも今考えればミニ・アルバムでも良かったかなぁ、とちょっと後悔してます。
    ちなみについでにオリコンの定義の「シングルは4曲まで」が正解だとすると「え? じゃあ歌入り3曲と、そのインストもの3曲の計6曲が収録されているのはシングルじゃないの?」ってことになりますが、この場合、収録楽曲は3曲になるそうです。
    つまり1つの楽曲のヴァージョン違いがあっても、それは1曲として数える。
    例えば「こんなに好きになっちゃっていいの?」って楽曲があって、これの「こんなに好きになっちゃっていいの? インスト」「こんなに好きになっちゃっていいの? リミックス」「こんなに好きになっちゃっていいの? ○○ヴァージョン」といった具合に、極端な話「こんなに好きになっちゃっていいの?」のヴァージョン違いが100曲収録されていて、フル・アルバム並の収録時間があったとしても、これは「こんなに好きになっちゃっていいの?」1曲が収録されているシングル、と見做されるそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月25日 14:41
    > mixiユーザー 
    確かにのんは、なんだかんだのトラブルがなければ、今の活動はなかったのかも知れないですね。
    まぁ、僕なんかはなんだかんだのトラブル以前の彼女は殆ど知らないのですが。

    ベビーシッターはワンダ−ソリトンさん経由で知ったバンドですね。
    確か名古屋出身でしたよね(違っていたらすみません)。
    僕も彼女たちは生で観たいですね。

    なきごと、偶然に見つけたバンドなのですが、なかなかいいなぁと思っています。
    次の作品でどうなるか、期待と不安が入り混じってます。

    眉村ちあきの最新作「劇団オギャリズム」は、上にも書いたように僕としては「はっちゃけ方」を抑えたアルバムなのかな、と思ってますが「守りに入った」という感触ではなかったですね。
    ワンダ−ソリトンさんも書かれていますが、同じ路線で勝負はしなかった、というよりも、きちんと勝負に出てきたな、という印象が強かったですし、それで正解だったんじゃないかな、と思っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月27日 12:11
    > mixiユーザー 
    なるほど。確かに「EP」とありますね。ちょっと納得です。ベストシングルの日記帳で、「赤い公園の1位は別の機会に――」と書かれていたので、そうか、アルバムで1位なんだ、と思い込んでいたもので(笑)そうやって私をその気にさせておいてあっさり裏切る、あこぎな山田さんならやりかねないな、と思ったりもしましたが、そうではないんですね。ちょっと安心しました(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月27日 18:03
    > mixiユーザー 
    なるほど、僕がそんなことを書いてしまったから勘違いなさったということですね。
    それは失礼しました。
    赤い公園は石野理子になってからのアルバムを今から楽しみにしていて、もしかしたらそれが1位になるかも(これが別の機会、ですね)、という意味も込めて書いたということです。
    でも「そうやって私をその気にさせておいてあっさり裏切る」ってのは面白そうですね。やってみようかな(ウソウソ)(笑)。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する