mixiユーザー(id:1109283)

2020年01月15日22:11

111 view

2019年ベスト・アルバム:ワールド・ミュージック

今回は2019年ベスト・アルバム:ワールド・ミュージックということで。

ワールド・ミュージックのボーダーラインがちょっと曖昧なので、例えば「これ、ロックじゃね」なんてのもあるのだけれど、そこはまぁあくまでも僕個人の主観で「えい! やぁ!」と振り分けた。

1位:Songs of Our Native Daughters/Our Native Daughters

それぞれにキャリアを持つ実力派の黒人女性4名からなるグループ。
黒人に対する人種差別、女性に対する女性軽視、といったものがテーマとして歌われている。
このアルバムを紹介した時の日記にも書いたのだけれど、僕自身かなりショックを受けた箇所がある。
ちょっと長くなるけれど再度掲載しておく。

*CDの解説に載せられていたエピソードより。
”私達がセント・チャールズを発ってから間もなくして、赤ん坊の機嫌が悪くなり始めた。それからは、ほぼ一日中泣き通しだったんだ。ウォーカーさんは赤ん坊の母親に泣くのをやめさせろと幾度か文句を言った。お前が出来なきゃ俺が泣き止まらせてやる、とも言っていたんだ。母親は何かと泣き止ませようとしていたけど、なかなか上手くいかなかった。その晩、俺達はウォーカーさんの知り合いの家に一泊して、朝になり、そろそろ出発しようかという時になったら、赤ん坊がまたしても泣き始めたんだ。ウォーカーさんはいよいよ母親の前に立ちはだかり、赤ん坊をよこせと言った。彼女は恐れ戦き、震えながらそれに従った。彼は片手で猫の足でも引っ掴むようにして赤ん坊を取り上げると、家の中に戻って行って住人の女性にこう言ったんだ。「奥さん。この小せえ黒んぼをあんたにくれてやるよ。うるさくて我慢ならねえんだ。」ウォーカーさんがそう言うと、その女性は「ありがとうございます、旦那様。」と応えたんだ。”

僕がショックを受けたのはこの文章そのものだけでなく、もし僕がこのウォーカーという男性と同じ境遇にいたら、このウォーカーと同じことをしていたかも知れない、と気づいたから。

もう一つ、「奴隷監督からの度重なる虐待によって夫を亡くした女性の幼子が、”ママの服に血がついている”という旨の歌を口ずさむのを聴くまで、一体何がおこっていたのか誰も知る由がなかった」という史実を元に作られた「Mama's Cryin' Long」という曲が収録されている。
「ママがずっとないている/ママのてがふるえている/ママはおきあがれないみたい/ママはにげたよ/でもボスにつかまったんだ/ママはじめんにたたきつけられたよ/ママはひめいをあげてたよ/なんどもなんどもきいたよ/よるおそくだったよ/ママがナイフをもって/あのひとのへやにいったんだ/ママのふくはまっかだった/まえはしろかったとおもってたけど/おとこたちがロープをもってきたよ/ママはあの木にいるよ/おりてこないんだ/ママはちゅうをとんだよ/おりてこられないんだ」

ママはビリー・ホリディが歌ったのと同じ「奇妙な果実」にされてしまったのだ。

素晴らしい歌唱と演奏だけでなく、これら様々な感情が湧き上がってくるアルバムになっており、音楽的にも心情的にも最も強いインパクトを受けた1枚だった。

2位:El Hajar/Dudu Tassa & The Kuwaitis

イラク系イスラエル人のロック・アーティスト、ドゥドゥ・タッサが率いる「1930〜40年代に掛けてイラクで人気を博したサレハ&ダウド・アル・クウェイティ兄弟の音楽の再構築を目指した」プロジェクトがThe Kuwaitis。
つまり30〜40年代のアラブ古典歌謡を「ウードやストリングスを配したクラシカルなアラブ古典スタイルから先進性の高いデジタルなアレンジ」で再構築した楽曲が収められているのがこのアルバム。
アラブ特有のコブシ回しやかなり土俗的なメロディが、時にU2やレディオヘッドを思わせるようなモダンなサウンドで展開されている。
アーカイヴとして保存されていたアラブの古典歌謡そのものにドラムスやキーボードを重ねた曲もあるとのこと。
これなんかは賛否を呼びそうな手法だけれど、僕なんかはこのような古い楽曲を新しいツールで現在に蘇らせる手法には割と反発心はわかない。
勿論、結果が伴ってのことであり、充分に結果の伴ったアルバムになっていると思う。

3位:Haitianola/Lakou Mizik

2010年1月12日に発生した大地震をきっかけに誕生したハイチのバンド。
政情不安定な所に31万6千人が死亡し、全人口の30%にあたる300万人以上が被災した大地震におそわれたのだから、まさに泣きっ面にハチ……いやいやそんなライトな表現では足りない状況だったはず。
そんな中で「音楽が復興の手助けの一旦を担うのでは」ということで結成されたのがこのバンド。
そんなハイチのバンドがニュー・オリーンズでレコーディングしたのがこのアルバムであり、よってハイチの音楽であるコンパや北米のブラック・ミュージック、ニュー・オリーンズならではのセカンド・ラインやフレンチ・カリビアンなどがまさにガンボ(ごった煮スープ)のように混ざり合ってとても美味しく仕上がっている。
ちなみに上のMVで演奏されている「Iko Kreyol(Iko Iko)」に対して「Dr.John のオリジナルとは異なったアレンジで〜」と書かれていた記事をネットで見つけたけど、「Iko Iko」のオリジナルはJames "Sugar Boy" Crawford が1954年にヒットさせた「Jock-O-Mo」なのでDr.John の演奏もカヴァー。
Lakou Mizik の演奏はThe Dixie Cups が1965年にヒットさせたヴァージョンに近いアレンジになっている。

4位:Waa Dardaaran/Sahra Halgan

ソマリランド共和国の女性シンガー。
ソマリランド共和国とは1960年まで存在していたイギリス保護領から独立した共和国。
ところが独立から5日後にイタリア信託統治領から独立したソマリアと統合し「ソマリア共和国」となったため、独立はわずか5日間だけだった(第二次大戦後に南をイタリア領、北をイギリス領として植民地化されていた)。
ところが今度はソマリア内部で様々な対立があり(この辺り、複雑なので割愛)1991年に「ソマリア共和国」から独立する形で「ソマリランド共和国」が誕生する。
ところがこれまたせっかく独立してソマリランド共和国となったのに、今度は彼女が属するイサック氏族内での闘争が勃発。
彼女自身の命も危険に晒されたために、現在はフランスに亡命している。
幸いなことに、現在の「ソマリランド共和国」は氏族内闘争も収まり、最も治安の悪い国とされている「ソマリア共和国」と隣接しているにも関わらず、「日本よりも治安がいいかもしれない」と言われるくらいに平和な国になっているという。
ただし国際的には「ソマリランド共和国」は国家としては承認されておらず、未だに「ソマリア共和国」の一部として見做されている(ここまで主にウィキの情報を元にして書いてます)。
つまりSahra Halgan という女性歌手は国際的には「地球上には存在しない国」の出身ということになる。
ソマリアは現在でも内紛が続く、政情がとても不安定な国家であり、Sahra Halgan もソマリランド独立紛争中は反政府組織に所属し、「歌う看護婦」として戦地で兵士たちの怪我の治療などを行い、歌うことで兵士たちの心を癒していたという。
とまぁ、ソマリランド共和国と彼女の経歴だけを長々と続けてしまった(汗)。
音の方はTinariwenをローファイにして、ちょっとファンクっぽくして、よりロックっぽくして、そこに彼女の力強い歌声がのってくる、といった感じになっている……なんとも乱暴な説明ですみません(大汗)。

5位:Je Suis Africain/Rachid Taha

この人などはロックでも良かったかもしれない、と思っている。
アルジェリア出身で10歳の時にフランスに移住。
フランスでパンク・バンドなどを組んだのち、ソロに転向。
フェラ・クティやライの王様ハレド、元クラッシュのミック・ジョーンズやブライアン・イーノといったミュージシャンと共演したりと幅広く活躍してきた。
2018年9月12日、睡眠中に心臓発作で死亡、享年59歳。
このアルバムが彼の遺作となった。

6位:Amadjar/Tinariwen

2年振り通算9枚目のアルバムなのだけれど、良くも悪くも大きな変化はあまり無い。
数本のギターが刻む細かいフレーズとパーカッション、男女コーラスと手拍子が絶妙に絡みあう。
特に大きな変化は望んていないし、頑固なまでに自分達のスタイルを固持する姿も印象はよい。
彼ら自身には「自分達のスタイルを固持する」なんて気持ちは多分ないのだろうし、彼ら自身にとっては必要不可欠な音楽を彼らなりのエンターテインメントとして提供しているのだろう、と思う。
媚びてはいないのだけれど、きちんと聴き手を考慮している、といったところだろうか。
むむぅ、相変わらず訳の判らないことを書いてしまった……スンマソン。

7位:Celia/Angelique Kidjo

昨年はトーキング・ヘッズの「Remain In Light」をそっくりカヴァーするという「一周回ってアフリカに帰ってきました」的なアルバムをリリースした彼女。
今回はキューバ出身の女性サルサ・シンガーのセリア・クルーズのカヴァー集になっている。
セリア・クルーズもこのアンジェリーク・キジョーもそれ程に詳しく知っている訳ではないけれど、セリアもアンジェリークも素晴らしいシンガーだな、ということくらいはわかる。
MVを見るとトーキング・ドラム(ゴンゴンって言うんだっけ?)と思われるパーカッションも使用されていて、同じ黒人の中での混血具合が興味深いなぁ、なんて思ってしまう(それともサルサでもトーキング・ドラムって使用するのだろうか)。

8位:There Is No Other/Rhiannon Giddens

1位にした「Our Native Daughters」のメンバーの一人でもあり、アメリカン・ルーツ・ミュージックを追及している女性シンガーでもあり、ヴァイオリンやバンジョーの演奏者でもある。
本作はイタリア人マルチ・プレイヤー「フランチェスコ・トゥリッシ」とのコラボレーション。
リアノンのアメリカ的要素とフランチェスコのヨーロッパ要素が手を取り合ってケルト、アフリカ、アラブといった音楽を巡って、絶妙に混ぜ合わせたといった印象。

9位:The Exorcism Of A Spinster/Hope Masike

ジンバブウェ出身の女性歌手でンビーラ奏者。
「MONOSWEZI」というモザンピーク(MO)、ノルウェー(NO)、スウェーデン(SWE)、そしてジンバブウェ(ZI)出身のミュージシャンで結成されたバンドのメンバーでもある。
このアルバムで聴けるのは、アフリカ音楽という暑苦しくて泥臭いといったイメージとは少し異なる、クールでスマートな音楽。
僕自身、ンビーラ(親指ピアノ、あるいはカリンバといった方が判りやすいか)の音が好きなので、ここでタップリと聴くことができて大満足だし、各種パーカッションによる多種多様なポリリズムもとても心地よい。

10位:Amina/Refugees For Refugees

直訳すると「難民たちのための難民たち」になるのだろうか。
その名前通り、ここに集まってきたミュージシャンはパキスタン、チベット、シリア、アフガニスタン、イラクなどから難民として逃れてきた伝統音楽の担い手たちである。
そんな音楽家たちが地域や習慣、宗教といったものを楽々と超えて一つの音楽を作り上げている。
ただ、以前も書いたけれど、本来ならこのような「難民」が集まって結成されたこの「Refugees For Refugees」なんて生まれてきてはいけないバンドだったのだろうと思うし、このアルバムを楽しんでしまうという行為にも、どことなく背徳的な気分にすら陥ってしまうこともある。
5 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月17日 08:08
    やっぱり幅広いですね。
    1位、重い!

    山田さんがウォーカーなら、私はママになれますね。女性だし。
    生まれた時から女性ってのを意識してました。心の中には悔しさと敗北感があります。ここでも正反対の立場w

    今の世の中では白人男性でハンサムでお金持ちが最強でしょうか?
    そして、アジア・アフリカあたりの女性が最弱。ざっと平均して、ですが。

    生まれ変わるなら、どうかな。ジェイムズ・ヘットフィールドあたりがかなり立場強い気がしますが、彼も心が病んでるんですよね。
    自殺でもしたら、結構レジェンドになれそうな気もしますが・・・どうかな?
    (結局今の私は結局メタリカww)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月17日 12:57
    1位はアメリカのアーティストですよね? ワールドミュージックというと欧米以外の音楽という認識だったのでちょっと驚きました。商業主義のアカがついてない音楽性がポイントということでしょうか。ランキングの曲は大体過去の山田さんの日記で聴いたと思いますが、この中では9位のHope Masike が好きです。ポップで聴きやすい感じがいいなと。ちなみにランキングには入ってないですけど、私が気に入ったSirom とか Kit Sebastian とかはワールドミュージックということでいいんですかね?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月17日 20:56
    > mixiユーザー 
    女性目線であのアルバムを聴くと、やはり男性以上に、あるいは男性とは違った聴き方になるのかも知れないですね。
    こればかりは男性の僕には判らないかも知れません。
    ウォーカーにしてもママにしても、かなりヘヴィーなエピソードですが、どちらも実際にアメリカで起きていたことなんですよね。

    この間の何かの統計では先進国のなかで男女不平等が最もひどい国として日本があげられてましたね(あれ、先進国の中で最下位だったかな)。アジアの他の国は意外と日本よりも女性が暮らしやすくなっているかも。まぁ、比較論でしょうけれど。

    僕は生まれ変われたら人間はもういいかな、と思ってます。深海魚くらいでいいかなとw。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月17日 21:40
    > mixiユーザー 
    うわ、鋭い突っ込みで。
    もっと正直に書いちゃうと「うわ、いやらしい突っ込みだ」ですがw。

    まぁ、上の日記の最初にも書いたように「僕個人の主観」で「えい! やぁ!」で振り分けた結果です。
    でもそれじゃあまりに不誠実なので、付け足しておきます。

    このリストを書いた時に「あ、Our Native Daughters ってアメリカのバンドかぁ」ということには気が付いていました。ついでに書いておくと8位のRhiannon Giddens もアメリカ人。
    で、一瞬、戸惑ったのは事実です。で、どうなのかなとウィキあたりで「ワールドミュージック」の定義を再確認したりもしました。正直に書くとウィキでの定義と僕の思っているワールドミュージックにはかなり齟齬はあります。なによりもウィキの中で「非西欧諸国のポピュラー音楽という意味」というのが相容れないなぁと。僕としては西欧諸国、つまりヨーロッパの各国にもそれなりのワールドミュージック的なものはあるんじゃないの(たとえばシャンソンとかファドとかポルカといった民族音楽をポピュラー音楽に取り入れた形式)ということなのですが、まぁあまりこの辺りを深く考えても仕方ないかな、という気持ちでいます。
    僕としてはあまり国での切り分けは気にしていないです。
    今回Our Native Daughters を一瞬は戸惑ったけれど、結局としてワールドミュージックに入れたのは、一つには彼女たちが、アフリカ大陸から奴隷としてアメリカに強制的に連れてこられた黒人たちの悲劇を題材としている内容だったから、というのがあります。音楽的に、というよりもテーマとしてルーツはアフリカなのかなと。でもそれだけだと「じゃ、他のアメリカの黒人音楽もそうじゃね?」となるのですが、もう一つは主要な楽器としてバンジョウを使用している、というのがありました。そこには「白人演奏者の手に渡ったことにより『白人的なアメリカのイメージ』に塗り替えられたアフリカ由来の楽器であるバンジョウの演奏を中心に、先人たちの遺した音楽と文化の実像に迫る」という意図もあったとのこと。
    確かに彼女たちはアメリカ人ではあるけれど、根の深いところでは「母国」であるアフリカと強烈につながっているように感じられましたし、アメリカ生まれである「ロック」音楽とはやはり一線を画しているように思えたのが主な理由です。
    また、このアルバムをリリースしてくれた日本のレーベルが「サンビーニャ・インポート」というのですが、ここは主に世界中のワールドミュージックを紹介してくれるレーベルなんですね。僕自身、かなりこのレーベスにはお世話になってます。だからそこからのリリース、というのも心のどこかで「あ、これはワールドミュージックに入るのかな」という思いに導いたのかも知れません。
    とまぁ、長々と言い訳がましい説明になってしまいましたが、結局は僕の主観です。「自分たちでアイドルといえば、それはアイドルなんだ!」ってのと同じように「僕の日記なんだから僕がワールドミュージックといえば〜」というかなり乱暴な理由が主なところです。ただまぁ、上記にあるようにあれこれと考えを巡らしたことも事実ですが。
    Sirom も僕の主観ではワールドミュージックです。彼らはスロベニア出身なのでウィキでの定義「非西欧諸国のポピュラー音楽」に従うとワールドミュージックではないのですが、彼らのテーマの一つに「架空の民族音楽を演奏すること」というのがあるので、僕としてはヴァーチャルなワールドミュージックなのかな、そんなのがあってもいいんじゃね、という思いです。

    Kit Sebastian は迷ってます。彼らはフランスやロンドンで活動しているマルチプレイヤーの男性(国籍が不明なのですが)とトルコ出身の女性歌手のコンビなのですが、やっている音楽がエキゾチックというか、モンドというか、民族音楽の要素もあるし、一風変わった音楽でもある。まぁ、僕の主観で「えい! やぁ!」で振り分けたらワールドミュージックに入れるかな、とは思いますが、かなり躊躇するかと。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月18日 01:26
    私はよく幅広い音楽を聴いてるねなどと言われる事があるのですが、実は得意不得意が激しくて得意なものを掘り下げているだけだったりします。だから、本当に幅広い人と言うのは山田さんみたいな人を指すのだと思います。ワールドミュージックは嫌いではないです。が、嫌いではないと言うのと実際に購入して聴くのでは理解度は比べるまでもありません。なので、私がワールドミュージックについて語るなんて100年は早いのでコメントは差し控えさせて頂きます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月20日 09:32
    > mixiユーザー 
    僕は多分、幅広いのではなくて、とにかくこだわりなく色々聴きたい! という気持ちが強いだけだと思います。
    それに好きになるツボがかなり浅いので、ちょっとでも気に入ったらはまってしまうと。
    以前は割とこだわりを持って音楽を聴いていたんだけど、人生も半分以上過ぎちゃったしもう先も長くないし、それでもまだ聴いたことがない音楽がいっぱいあるのって悔しいんですよね。
    だから今はこだわりとか既成概念を棄てて、まずは聴いてみようと。
    そうすると結構「ああ、あれも、ああ、これも」と好きなものがどんどんと増えてきた。
    そんなところです。
    ドノバンさんは「得意なものを掘り下げているだけ」と書かれていますが、そうではなくて、一つの音楽を深いところまで掘り下げて聴いている、ということだと思います。
    これは今の僕には出来ないこと、大切なことだと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月20日 12:23
    > 聖者山田さん3号さんちらっとウィキをみて
    嫌らしい突っ込みだなんてあんまりです。素朴な疑問を書いただけなのに(泣)おっと、そうだ、山田さんはあこぎな人だった、このくらいでめげちゃいけない(?)――で、私もチラッとウィキを見てみましたが、ワールドミュージックがそもそもは学術用語だとは知りませんでした。とりあえずは国や地域で分けるのが便宜上すっきりするかなとは思います。音楽性までいくと深い沼にハマりそうですし(笑) 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月21日 13:23
    > mixiユーザー 
    はーい、あこぎな山田が通りまーすw。
    実は僕も「ワールドミュージック」って日本の音楽業界あたりが作った造語かと思っていたんです。
    あまりセンスのいい言葉じゃないと思っていたし。
    まぁ、「全世界の全ての音楽」ってことだったらワールド・ミュージックなのかな、とも思えるけど。
    正直、もうここら辺は各自の主観での切り分けでもいいんじゃね、とも思ってます。
    竹内さんのおっしゃっている「国や地域で分ける」ってのも、最もすっきりした分け方だと思ってます。
    確かに音楽性まで突っ込んでいくと、それこそ底なし沼にズブズブと頭の先まで沈んじゃいそうですし。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する