mixiユーザー(id:1109283)

2020年01月11日14:31

122 view

2019年シングルTOP 10

なんとか準備が整ったので、ほぼ毎年行っているTOP10を書いてみようかと。
昨年と同様に以下のようにジャンル分けで選出してみた。

01 ベスト・シングル
02 ベスト・アルバム:アーカイヴ・編集物
03 ベスト・アルバム:ワールド・ミュージック
04 ベスト・アルバム:アイドル
05 ベスト・アルバム:邦楽
06 ベスト・アルバム:洋楽

いつものことだけれど、選考基準なんてのは「これ好き!」「これよく聴いた!」「これは多分これからも聞き続ける!」だったりする。
全くの個人的趣味趣向で選んでいるし、選んだ時の体調や虫の居所によってコロコロ変わるので、特に誰かの何かの参考になる、なんてことはありません。

ではまず2019年シングルTOP 10から。

今回、一番選出に苦労したのがこのシングルTOP10。
あれもいいし、これもいいし、あっこんなのもあったし、と「いいな」と思えたシングルがてんこ盛り。
次点としては、鈴木愛理、SAKA-SAMA、Jewel☆Ciel、少年がミルク、スピラ・スピカ、ZOC、sora tob sakana、BiSH、ゆくえしれずつれづれ、Fullfull Pocket、ゆるめるモ! などがあった。

1位:こんなに好きになっちゃっていいの? (Type-B)/日向坂46

混じりっ気なしに「いい曲だな」と思えたこの曲が1位。
メロディにしてもアレンジにしてもMVの中のメンバーの表情にしても「切なさ」の王道、というかベタな表現に溢れているのだけれど、それが嫌味になってない。
僕の心にスーっと忍び込んできて、「まだまだ初心で純情な男の子」でいられるな、と確信できた曲。
勿論とんだ勘違いなのだけれど……。
(Type-Bを選んだのは上村ひなののソロ曲が収録されているから)。

2位:回路/グーグールル

そんな「まだまだ初心で純情な男の子」であれば、この曲の冒頭の数行の歌詞で「いった……」ということになるのだろうか。
ちなみに「いった」には各自適切な漢字を当ててください。
昨年知ることが出来たアイドル・グループの中で、断トツに惹かれた一組。
細かい仕掛けのあるアレンジも好印象で、特にここでのアコギの音と使い方が好き。

3位:lilithpride/KAQRIYOTERROR

「まだまだ初心で純情な男の子」が道を踏み外したのだろうか……。
「グーグールル」と並んで昨年、心惹かれたのがコドモメンタル所属の一連のグループ。
この「lilithpride」はグループ名を「幽世テロルArchitect」から「KAQRIYOTERROR」に変えての第一弾。
「どんどんとマイナーで刺激的な方向に進んでいますね、欲求不満ですか、あなた?」。
いやいやそんなことは断じてないのだが。

4位:Sing Out! (Type-D)/乃木坂46

ということで「マイナーで刺激的な方向」から脱出して王道返りの坂道シリース二組目。
「飛鳥センターでこの曲?」というマイミクさんのご意見があり、実は「もっともな意見かも」と思ったりもしている。
でもね、なんと言われようとこの曲、大好きなんですよ、メロディもアレンジも歌唱も。
それになんといっても飛鳥のソロでのダンスがたまらなく秀逸。
(Type-Dを選んだのは4期生の曲が収録されているから)。

5位:消えない - EP/赤い公園

ここで初めてアイドル以外のグループ登場。
とはいっても新ヴォーカリストの石野理子はアイドル・グループ「アイドルネッサンス」の元メンバーだが。
このEP、曲を聴き進めていくうちに石野理子のグループへの溶け込み度合いが垣間見えて面白い。
どんどんとよくなっていくのだ。
今年1月29日リリースの新曲「絶対零度」が今から待ち遠しい。

6位:黒い羊 (Type A)/欅坂46

再び「マイナーで刺激的な方向」から脱出して王道返りの坂道シリース三組目。
いや、「マイナー」ではないけれど、これは充分に刺激的だし、果して欅坂は王道なのだろうか。
思わせぶりなMVは何度見ても色々な意味付けができるし、まだまだ細かい部分の見落としがありそう。
欅坂の2019年のリリースはこの1枚で終わってしまった。
まぁ、色々と噂はあるけどね。
(Type-Aを選んだのはレゲエ調の「Nobody」が収録されているから)。

7位:AntiIyours - 唯君論。/ぜんぶ君のせいだ。

結局は王道では飽き足らず「マイナーで刺激的な方向」に歩を進めてしまうのか。
これまたコドモメンタルの大御所アイドル・グループで一昔前だったら絶対に聴かないタイプ。
それなのに「いいなぁ、これ」と思ってしまうのは聴かず嫌いだったのか。
それとも嗜好が極端に変容してしまったのか。
ちなみにこういうのってレイヴ? パラパラ? EDM? ほら、それすら知らないのに……。

8位:nakigao/なぎごと

王道か「マイナーで刺激的な方向」かで彷徨っていたら見つけたバンド……でもアイドルではない。
その後にタワー・レコードで猛プッシュしているのを知って手に取った。
何がそんなに魅力的なのか自分でも今一つ掴み切れていないのだけれど、とにかく惹かれる。
そういえば赤い公園で開眼したのか、いわゆるガールズ・バンドにも注意を払うようになった。
以前はプリプリとヴェルヴェッド・パウくらいしか聴かなかったのに。

9位:I beg you - 花びらたちのマーチ - Sailing/Aimer

MVに登場する浜辺美波がとても魅力的で可愛い。
実はAimerという人、名前はどこかで聴いていたけれど、曲を聴いたのはこれが初めて。
どこでどう知ったのか覚えていないけれど「あら、あら、アラビアン!」なのであっという間に虜に。
その後、Aimerのアルバムを買ったのだけれど、正直この曲と同等の魅力を感じることはなかった。
この楽曲はAimerにとって突然変異的な楽曲なのかも知れない……まぁ、全てを知っている訳ではないけれど。

10位:umbla/maison book girl

なんだかんだでやはり選んでしまうのがこのmaison book girl。
サクライケンタの曲にも随分と馴染んてきているようだし、いい意味で安定してきているようにも思える。
このMVはかなりトリッキーなので、一瞬「あれ、ネットが切断されちゃった?」とあせってしまう。
はてさてこれは王道か、それとも「マイナーで刺激的な方向」か。
まぁ、そんなことはどうでもいいことなのだけれど。

オマケ
真夏の匂い/サンダルテレフォン

上記の10枚はCDを手に入れたものから選出しているが、この「サンダルテレフォン」は今のところ現場でしかCDが手に入らない。
よって僕は所有していないのだけれど、もし持っていたら間違いなく10枚の中には入ってきた。
なので、オマケとしてあげておく。
6 12

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月11日 15:09
    いつも思うんだけど、リアルタイムで、それも洋楽・邦楽どちらも追いかけるという情熱にはシャッポ脱ぎ脱ぎです。

    私と言えば80年代中期止まり。今でも追いかけてるのはレジデンツ位(×_×)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月11日 17:06
    日向坂1位うれしい、、みたいな。でも引っかかるところだけ抽出すると、グーグールルの回路2位!。あの出だしの歌詞いいですよね。

    ところで「まだまだ初心で純情な男の子」、、とんだ勘違い、、、。いやいやこれぐらい思いこんでないとアイドルに接触できません。特にメジャー系のコは純粋培養だから、、。とまどわせないためにも10代女優時のタモリのテレフォンショッキング応対(そんな穢れのない瞳で見つめないで。オジサンは汚い!。と言ってつっぷす。苦笑)はやめましょう。w

    勝手な意見ですが、「飛鳥センターでこの曲?」だから乃木坂はNo1でいられます。ファンの願望通りになってはいけません。そんな予定調和なことをしていると、やがてアキられてしまいますから。時々、裏切る方がいいのです。今まで目を向けなかった人々が注目しますしね。

    VELVET PAW!?。めちゃ久しぶりに目にした名前のような、、。森高千里ちゃんの最初の運営はこの方向に行かせたかったんだろうな、、って。当時こんなの流行っていたし。でも千里ちゃんはこれを拒否して瀬戸さんのところ(アップフロント)に行ったから日の目を見た。
    デモ、キライじゃない。VELVET PAW。でも活動当時はまったく知らずです。

    浜辺美波、映像素材としてすっごく生きる被写体。って印象です。バラェティ番組に出てきてスキにしゃべらせるとカクっときますが。その点、いかにも女優さん。

    サンダルテレフォン とか、APOKALIPPPS とか、 終わらないで、夜。とか、未知で謎で魅力的でヘンな名前のアイドルが多すぎます。

    なにか聖者山田さん3号さんの年間CDシングルBEST10作品から、だいぶ逸脱した感想なってしまいました。
    それにしてもコドモメンタル系が二つも、、。中毒症状なりやすいところですよ〜。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月11日 19:53
    紅白歌合戦を妻に付き合って見ましたけど、「黒い羊」という曲はとても変わったコンセプトで気に入りました。ダンスもシュールな感じ。母は、「私は黒い羊が好き。みんなと同じなんてつまらない。私は黒い羊のばあちゃんだ。」と公言していました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月11日 20:27
    日向坂46の『こんなに好きになっちゃっていいの?』が1位なのは嬉しいですね。
    ほんとにこの曲1曲だけで俺は日向坂46にやられてしまいました^^;
    曲がほんとに素晴らしすぎる。歌詞も勿論いいです。
    最近はほんとにメンバーの顔と名前を覚えるのに血眼になっています^^;
    今聴きながら書いていますがほんとに何て素晴らしいのでしょう。

    乃木坂46の『Sing Out!』も前よりは好きになりました^^;
    こんな曲に飛鳥ちゃんセンターさせるなよ‥って多分わたくしの発言w
    まあ、とにかく最初聴いたとき信じられない程駄曲だとおもったのです^^;
    だからなぜこんな曲に飛鳥ちゃんなんだとw
    でも、久し振りに聴いたらなかなか良い。つか、狙いすぎた曲ですね。
    飛鳥ちゃんのソロダンスは俺も秀逸だと思います。
    飛鳥ちゃんのダンスってなんというか液体的というかね
    動きにがとにかく滑らかで凄く美しい。
    まいやんがいなくなったらやっぱりこの子が乃木坂を背負っていくのでしょう。
    みんなで踊ってクラップするところに曲調は全く違うんですけど
    ビートルズの『ヘイ・ジュード』の最後の大合唱がなぜか個人的には重なります^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月12日 22:51
    初めはアイドルベスト10と勘違いしていたのですが、単純に洋楽系はシングルで勝負してないので必然的にアイドルが多くなるって事なんですね。私は、いわゆるメジャーグループにほとんど惹かれないのでミリオンだろうと代表曲だろうとほぼ初めてに近い感覚です。アイドルって言うのは偶像だと頭では分かっていても、歌っている子のリアルを求めてしまう自分がいるんですよ。たぶん、ロックの聴き方と全く同じ方法で選別してしまっているんだと思います。誰が何を聞こうと勝手だし、売れてるものが正義だって意見もある意味正解でしょう。ただ、個人的にはどうにも良さが分からないんです。ごめんなさい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月13日 15:43
    赤い公園が1位じゃないのが、私的には不服ですね。同志のはずなのにおかしいな(?)それ以外の曲では、グ^グ^ルルが頭1つ抜けているような気がします。ぜんぶ君のせいだも気に入っているグループなので嬉しかったです。なきごとも割と好きです。ねごとというバンドが終わるのと入れ替わるように出てきたのがおかしかったですね。メゾンもあいかわらずいいです。クマリデパートが入ってないのがちょっと残念、かな?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月13日 19:17
    > mixiユーザー 
    多分、僕は貧乏性なんだと思います。
    リアルタイムで音を追いかけないともったいない、っていう気持ちが強いのかなと。
    だから今でも飽きずにせっせと聴き続けられているのかと。
    ちなみにレジデンツをずっと追いかけていらっしゃるラジニーシさんもあっぱれかと。
    僕の周りではレジデンツ・ファンすら見当たらないので、素晴らしいかと!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月13日 19:17
    > mixiユーザー 
    なるほど、そういう勘違いも必須ということですかね。
    僕自身もアイドルの現場に赴けるようになったら、肝に銘じる必要がありそうです。
    確かにテレフォンショッキングでタモリはそんな発言してましたね。

    時々裏切る、ってのはアイドルだけじゃなくて、他のロック・アーティストたちにも言えそうですよね。
    ジョン・レノンなんかは「ファンの期待に応えたいと同時にファンを裏切りたい」なんて発言もしていたと記憶してます。
    まぁ、裏切り方も色々あるので一概には言えないですが。

    森高千里はVELVET PAW 辺りの方向に行かなくて成功だったのでは。
    僕は個人的にプリプリよりもVELVET PAW の方を強く推していたんだけど、人気は殆どでなかったですよね(悲)。

    この日記を書いたすぐ後に「しくじり先生」に浜辺美波が出演していて、ちょっとビックリ。
    ウトウトと眠そうな顔は可愛かったです。
    まぁ、僕はかずみん目当てで観ていたのですが。

    APOKALIPPPS! そういえばいましたね。
    ゆるめるモ!のしふぉんが参加していたので、CD買いましたよ、7種類全部。
    タワーで買って特典にポスターが付くんだけど、全部同じポスターが!
    ということでうちには全く同じぱいぱいでか美のイラストポスターが7枚もあります……。

    コドモメンタル、既に中毒になっているかも(汗)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月13日 19:18
    > mixiユーザー 
    僕は紅白は録画で観ました。
    おかあさま、若いというか力強いというか素晴らしいですね。
    「黒い羊」なんてすごく生き辛そうなんだけれど、ご自分で「私は黒い羊のおばあちゃんだ」と宣言してしまうとは!
    欅坂は確かに他のアイドルグループとはかなり違っていますよね。
    色々なよからぬ噂もありますが、「黒い羊」として生き抜いて欲しいなと思っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月13日 19:19
    > mixiユーザー 
    「こんなに好きになっちゃっていいの?」は本当にいい曲だと思っています。
    だから1位なのは僕としては当然の結果でした。

    「飛鳥ちゃんセンター」云々はおっしゃる通り蒼風さんの発言ですw。
    僕は全く気が付かなかったのですが、言われてみればそうなのかな、という印象もあります。
    でもまぁ、曲としては好きだし、蒼風さんも少しずつでも気に入ってこられたようでなによりです。
    飛鳥のダンス、「液体的」って表現もなんとなく判るような気がします。
    しなやかでよどみがない、清流って感じでしょうか。

    まいやんが抜けた後の乃木坂は僕はあまり心配してないです。
    飛鳥が背負っていくかも知れないですし(凄くたくましくなりましたよね、彼女)3期生、4期生も成長してきているし、不遇といわれている2期生もがんばっているし。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月13日 19:19
    > mixiユーザー 
    今は洋楽系のシングルってあまりリリースされてないので、必然的に邦楽中心になるし、アイドル物を買うことが多いので半ば「アイドル・シングルベスト10」みたいにはなってしまいます。
    昨年は1枚だけ洋楽が入っていたんですが。

    ここで言っているメジャーグループって多分、坂道シリーズのことですよね(もしかして赤い公園も?)。
    まぁ、以前から批判的でしたから今更驚くこともないです。
    仰る通り「誰が何を聞こうと勝手」なんだし、僕自身も忖度するつもりは毛頭ないです。
    ただ、最後に「ごめんなさい」なんて謝られていますが、これは不要だったかと。
    何も間違ったことを書いている訳ではないし、これだと逆に僕が「あらら、謝らせるようなことを書いてしまったか」と心苦しく思ってしまいます。
    その点は申し訳なかったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月13日 19:20
    > mixiユーザー 
    まぁまぁ、赤い公園の1位は楽しみに取っておきましょうよw。
    そうそう、クマリデパート、次点にも入れてなかったけど、今年は色々あり過ぎて残念な結果になりました。
    グーグールル、いいですよね(お! 同志だ!)。
    アイドルのアルバムトップ10にも入れてあります(はたして何位でしょう?)。
    そういえば「ねごと」って解散しちゃったんですか、知らなかった……。
    確かに「ねごと」から「なきごと」と語呂も面白いですね。
    んでもって今回一番「え?」と思ったのが「ぜんぶ君のせいだも気に入っているグループなので」の部分でした。
    あまり竹内さんのイメージと「ぜんぶ君のせいだ。」がつながらなかったもので(どんなイメージなんだ)。
    なにはともあれ、ここでも「お! 同志だ!」ってことなんですかねw。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する