mixiユーザー(id:1109283)

2019年12月18日09:52

180 view

空耳かもしれない

SAKA-SAMAの「空耳かもしれない」を聴いた。
SAKA-SAMAとは寿々木ここねとサポートメンバーの朝倉みずほによる二人組アイドル。

あれ、二人組?
むむぅ、僕がSAKA-SAMAに注目し始めた時は確か7人いたはずなのに……。
何故か僕が注目をし始めたアイドルってその後にメンバーの卒業だの交代だのが発生するケースが多いような気がする。
勿論、そんなのは自意識過剰男の思い込みにしか過ぎないのだけれど、やはりちょっと淋しいぞ。
今回の「空耳かもしれない」のジャケットには、二人の女の子がちょっと虚ろに映っているだけだし、色合いもどことなくくすんで見えてしまう。
つい1年程前にリリースされた「寿司でぃ・ないと・ふぃーばー!!」には元気いっぱいの7人の女の子がピースしたり、カンフー風ポーズを取ったりして楽しそうだったのに。

まぁ、それはそれとして。

サポートメンバーの朝倉みずほは、元BELLRING少女ハートやTHE 夏の魔物(麻宮みずほ名義)のメンバー。
BELLRING少女ハートはゆるめるモ!経由で知っていたし、今最も注目しているグーグールルの柳沢あやのも元BELLRING少女ハート出身。
またTHE 夏の魔物にはサクライケンタが初めてプロデュースしたアイドル「いずこねこ」も参加していた(泉茉里名義)。
元BiSのメンバーも色々と飛び散っているのをみると、アイドル界って広いようで結構狭いのか?
イギリスのプログレ界みたいにあちらこちらで離合集散しているようにも思える(そうでもないか)。

まぁ、それもそれとして。

過去のSAKA-SAMAの楽曲をまだきちんと聴きこんでいる訳ではないので、比較は出来ないけれど、今回の「空耳かもしれない」はスーっと引っかかりなく流れていってしまうようなスムーズな楽曲のようでいて、かなり耳に印象深く残る楽曲になっている。
地味、というよりも、落ち着いた雰囲気の「シティ・ポップ」みたいな感じといえばいいのか。
僕はあまり「シティ・ポップ」と言われている楽曲はあまり好きではないのだけれど、この楽曲はなんかすごくいいなぁ、と思える(「シティ・ポップ」と表現するのが誤りかも知れない)。

カップリングの「わたしたちの地図」はもう少し派手。
ドラムンベースの手法を散りばめたEDMっぽい楽曲といえばいいのか。
「空耳かもしれない」が淡いセピア色がかった感じだとすれば、こちらは原色に近い煌びやかな色の集合体といったところかも知れない。
ただ例えば大森靖子にあるようなド派手な煌びやかとはちょっと違うけれど。

もう一つのカップリング「おやすみジュディ」は京都のサイケデリック・ドリーム・ポップ・ユニットEmerald Fourのカヴァーとのこと(むむぅ、Emerald Fourって知らない……)。
実はこの「おやすみジュディ」が最も気に入った楽曲。
淡いシャボン玉の中に迷い込んでしまったかのような浮遊感漂うドリームポップ、といったところか。
ラストでファズを効かせたギター・フィードバックが唸るあたりはシューゲイザー風でもある。

このSAKA-SAMA、実は名前を読み間違えたことで注目し始めたグループ。
最初「SAKA-SAMA」を「SAKA-SIMA」、つまりフランスの作家ユイスマンス作で、澁澤龍彦が翻訳した小説「さかしま」をグループ名にしているのか! と勘違いしたのだ。
直ぐにその勘違いに気が付いたのだけれど、音をチェックしてみて「あらら、いいじゃん」となった次第。
これから先、きちんと継続した活動をしていくのかとても気になっている。

おやすみジュディ/SAKA-SAMA

3 14

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月18日 22:25
    SAKA-SAMAは昨年7人組となってシングルとアルバムを発表しましたが、春に二人抜けて5人組となり8月に現体制ラストライヴを行いました。現在、新メンバーを募集していて、ここねんを中心とした新体制がスタートするまでみずほがサポートに入るようです。11月に8月以来初めて2人でのライヴを見ました。好きなグループが解散しなかった事は良かったのですが、激推ししていた水野たまごちゃんもある意味SAKA-SAMAの顔だったDr.まひるんもいないSAKA-SAMAを見るのはまだちょっと辛いです。なのでファンでありながらまだシングルも買ってないんですよ。思い入れが強過ぎると楽曲だけでは評価出来なくなっちゃうんですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月19日 07:20
    アイドルジャンルに限らず、グループはメンバーの入れ替わりが起きるものですが、なんとなくの印象ですが、ロック系のアイドルは特にそれが激しい気がします。結成→新体制→休止、再出発、、解散みたいな。

    XOXO EXTREME (キスエク) や SAKA-SAMA あたりのコアなのはホントこっちでは観られないので、知らないうちに解散なんてしてないかな、と。なんとか、その前に観たい気持ちがあります。

    だから具体的イメージが無いので、今度の2人組のSAKA-SAMAの曲もイイ感じです。元ネタの Emerald Four もスキなタイプですが、すごくマイナーな現状みたいですね。ゆーきゃんと池永正二氏の シグナレスもそうですが、シティポップ系を含めてサイケデリック・ドリーム・ポップって日本でウケないみたいで残念。(原始人が何かわめいているタイプはウケる 笑)現代J−ROCKへの関心が薄れてます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月19日 11:45
    SAKA-SAMA、ファンというほどではないですけど、好印象はもってました。メンバーが2人だけになっていたのは、驚きましたが、曲はあいかわらずいいなと思いました。グループ、継続してほしいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月19日 15:24
    > mixiユーザー 
    僕なんかは「さあ、これからSAKA-SAMAを応援していくぞ!」と身構えていたのに、いきなりの現体制終了だったので、ちょっと面食らってしまいました。
    まぁ、遅れてきたファンの強みみたいなもので、まだまだ辞めていったメンバーへの愛着が浅かった分、ショックはあまりなかったのですが。
    「水野たまごちゃん」という名前は確かドノバンさんの日記でも何度か拝見していたと思います。
    やはり推していたメンバーが辞めていくのは辛いですよね。
    僕にとっての有安とももクロの関係もそんな感じでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月19日 15:35
    > mixiユーザー 
    XOXO EXTREME って知らなかったのでYoutubeでチェック。
    「なんかマグマみたいだなぁ」と思っていたらなんとマグマのカヴァーでした。
    なんとなく「面白いなぁ」とちょっと興味があったりします。

    メンバー入れ替えはロック系アイドルに多いですか。
    それなりの理由があるのでしょうね、多分。

    Emerald Four って全然知らなかったし、タワー・レコードとか見てもオムニバスに1曲収録されているだけで、なかなか正体不明な印象です。
    Youtubeには何曲かアップされていて、悪くはないなぁとは思っているのですが。
    サイケとかドリーム・ポップとかって、一部の熱烈なコア・ファンはかなり多いと思うんですが、やはり一般受けは難しいのかなぁ、って印象はありますね。
    シューゲイザーなんかは一時期あちらこちらで聞こえてきたんですけど、それもやっぱり一部だけだったのかな。
    J-ROCKってどうなんでしょうね。
    どんづまり感が強い印象もあるけれど、探せばまだまだいいバンドが存在しているようにも思っています。
    まぁ、それらを積極的に見つけよう! という気概がなかなか起きないのが現状ですが(汗)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月19日 15:38
    > mixiユーザー 
    あら、竹内さんも好印象を持たれていたのですね!
    ドノバンさんの書き込みによると、新体制でのリスタートも遠からずあるみたいだし、グループの継続は確約されているみたいですね。
    僕も応援を初めてそんなに時間が経っていないので、「あれ、もう解散?」なんてことになったらちょっと淋しいですし。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月19日 16:34
    > mixiユーザー キスエクは、世界初?のプログレッシヴ・アイドルで、先日のマグマの来日公演にも来ていて楽屋訪問もしたみたいです。今年は、るり(白)ちゃんが新加入、ちゃんまお(緑)の脱退、そしてオリジナルメンバーでリーダーのめるたん(ピンク)の卒業と激動の一年でした。現在は3人組です。
    こんなのもあります→https://www.youtube.com/watch?v=1DBvANEIRfg
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月19日 18:47
    > mixiユーザー 
    なんと象さんのお話をやってる!
    こういうのって僕なんかは「面白いじゃん!」と思うんだけど、コテコテのファンはどう思うんでしょうね。
    まぁ、あまり深くは追及しないのかな。
    それにしてもマグマの楽屋訪問までやったなんて、かなり凄いですね。
    CD買ってみようかなぁ。
    後は僕としては、例えばP=FUNKをエロく歌って踊るアイドルとか、中東やアラブ歌謡をやるアイドルとか、フェラ・クティみたいなアフロ・ビートで激しくパフォーマンスするアイドルとか、バルカン半島あたりの地中海風の音楽をやるアイドル、なんてのがいたらすぐに飛びつくのになぁ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月19日 22:00
    > mixiユーザー 個人的には面白いと思いますが、洋楽一辺倒の人は拒絶するでしょうね。アイドルは程度の低い音楽だと思ってるでしょうから。マグマのカヴァーは本家公認なんで挨拶に行ったみたいですね。ツイッターに写真をアップしたりしてましたよ。キスエクの萌氏はSAKA-SAMAの特典会で一般人と同じ列に並ぶほどのアイドルマニアだし、りんりんはマグマどころかフォーカスの来日公演にも行くほどプログレ好きだし、新メンバーのるりちゃんの夢はロックシンガーと曲者揃いのグループですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月20日 09:55
    > mixiユーザー 
    「アイドルは程度の低い音楽だと思っている」ってのは、さもありなんって感じですね。そういう偏狭な音楽好きにはなりたくないなぁ、と思っています。ちなみにキスエク、タワー・レコードでポチっとしてしまいました。最近、すぐにポチっとしてしまうアイドルが増えてしまったような……。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月20日 12:23
    良い曲ですね!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月20日 13:06
    > mixiユーザー 
    ありがとうございます!
    日記にも書きましたけど、これは京都のEmerald Fourというユニットのカヴァーなのですが、このEmerald Fourって全然知らなかったんです。こういうまだ知らないけど凄くいい音楽を提供してくれるアーティストっていっぱいいるんだろうなぁ、と思っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月20日 21:55
    > mixiユーザー そうなんですか!確かに魅力あるグループとかには良いアーティストから提供されますよね。
    今回はなんの先入観もなく、ただ聴いてみましたが、曲のよさが光っています!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月21日 09:27
    > mixiユーザー 
    「魅力あるグループとかには良いアーティストから提供される」ってのは確かでしょうね。お互いに惹きあう何かがそうさせるのかも知れないです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する