mixiユーザー(id:1109283)

2019年12月12日10:02

147 view

アクアノオト

アクアノートの「アクアノオト」を聴いた。
これはとあるマイミクさんが紹介していて、「あれ、いいね、これ」ということで購入したもの。

いやいや、いいですね、これ。
ケレン味のない、直球ド真ん中のポップな楽曲と、決して上手くはないのだけれど、無垢で疑うものなど何もないといったヴォーカル。
普段はBiSHだのゆるめるモ!だのsora tob sakanaだのMaison book girl だのといった「クセが強いんじゃー系アイドル」(乱暴な括りですみません)や、乃木坂46だの欅坂46だの日向坂46だのといった「いっぱいいるんじゃー系アイドル」(乱暴な括りですみません)といったアイドルを聴いている身からすると、アクアノートって「おや、アイドルってもしかしたらこういうのじゃなかったっけ?」と一種の自己完結的原点回帰を促されるような存在だったりする。
勿論、「クセが強いんじゃー系アイドル」も「いっぱいいるんじゃー系アイドル」も大好きだし、それぞれの良さがあるのだけれど、アクアノートのような「原点回帰じゃけんのぉ系アイドル」(ほんと、乱暴な括りですみません)になると、魑魅魍魎の蠢く獄中の中に射す一筋の光明、つまりは血の池地獄で苦悶の表情を浮かべている最中に天からお釈迦様が差し出した蜘蛛の糸のようなもので、それにすがりついた時の安堵感みたいなものを思わせてくれる。

むむ、これだと「クセが強いんじゃー系アイドル」や「いっぱいいるんじゃー系アイドル」を魑魅魍魎に例えているように読めてしまうなぁ……けっしてそんなことはないですので。

まぁ、それはそれとして。

やはりこういう少女性、というのか、処女性、というのって、期間限定なのだろうな、と思う。
だから、この期間限定真っ只中という今この瞬間を切り取って「甘酸っぱい青春ですよ、ダンナ!」と差し出された方としては、最早「ははぁ、ありがたやありがたや」とひれ伏すしかない。
しかもこういう瞬間って、リアルタイムで共有できないものなのかも知れない、なんて思ったりもしている。
つまり、今こうしてオジサンである僕が感じている気持ちは、仮に僕が彼女たちと同年代であったとしても感じることは出来ないんじゃないか、ということ。
同年代として決して共有することが出来ない感覚、なのかも知れない。
あるいは振り返ってみて初めて判る感覚、なのかも知れない。

なんか、読み返すとちょっと気恥ずかしいですね……。

いずれにしてもこのアクアノート、お気に入りです。
教えてくださったマイミクさんには感謝ですね。
ついでに同じマイミクさんにはフルフル・ポケットも教えていただいた。
こちらはタワー・レコードに注文済み。
12月25日発売の乃木坂46、フランク・ザッパの商品と一緒に届く予定。

また、別のマイミクさんにはグーグー・ルルと、フィロソフィーのダンスを教えてもらった。
こちらは商品が揃い次第、届く予定。
実はこのグーグー・ルル、もの凄く気になっている(くせが強いんじゃー系アイドルですね、多分)。

ついでに書くと、気になっているんだけど、「うーん、でもそれ程でもないのかなぁ」と中途半端なままでずっと来ているのがTask have Fun。
「逆光」って曲は凄くお気に入りなんだけどなぁ……。

アクアノート3rdワンマンライブダイジェスト/アクアノート

乙女心はアクアマリン/アクアノート

夕立とアンチノミー/アクアノート

水花火/アクアノート

3 12

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月12日 13:13
    アイドルはみんな「今」を生きています。無論、アクアノートも。ただ、アクアノートにより強く感じるのは、本人たちも計算する余裕なんてない勢いで今を突っ走っているところ。それが最大の魅力だと思っています。山田さんも仰っていますが、今のアクアノートのキラキラ感は期間限定です。それは青春時代が期間限定であるのと同じこと。魅力がなくなる訳ではないですが彼女たちも確実に大人になって行きます。現実に、来年早々にはオリジナルメンバーでリーダー格のひーちゃんが卒業して新たな章が始まります。さやすずのツイートに「私の青春を応援して」と言うのがありました。ルックスは可愛いし楽曲も素晴らしいしダンスも頑張ってるけど、それ以上に彼女たちがステージ上で見せてくれる青春が他の追随を許さないくらいの輝きを放っているのです。実際、11月に開催された3rdワンマンは確実に今年見たライヴの中でも十本の指に入る感動的な一夜でした。公式映像に後ろ姿が映ってますね(笑)。こんなライヴは30過ぎてからやろうと思っても出来ないんですよ。だから、「今」応援することに意味があるんです。アクアノートの青春に混ぜてもらいたいから。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 01:17
    「期間限定の少女性」というのは、アイドルの本質を見事に言い当てていると思います。そして彼女たちと同年代ではないオッサンになったかこそ、少女性の価値がわかるというのも、その通りだと思います。完成したら失われてしまう、儚い存在であるからこそ、その価値は輝く、というと、ちょっと恥ずかしいですけど(笑)私はつりビットが好きですが、その意味では、十代のうちに終わったのはアイドルとして正しい在り方なのかもしれません。――けれど、全く逆に、例えば斉藤由貴とか、十代の頃好きだったアイドルが今なお現役のアイドルとして見ていたりもします。そこに少女性を感じているかとなると、どうなんだろう、感じていないこともないけれど、やっぱりちょっと違うかな、と。そうなると、アイドルとは何ぞや、という迷宮にまた入り込むわけです(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 10:57
    > mixiユーザー 
    え? 公式映像って上に張り付けた映像ってことでしょうか? そこに映っている? だとしたら後で念入りに探してみますねw。

    なんか僕が好きになるとその途端にメンバーが卒業したりするケースが多い気がしてます。
    要するに好きなるタイミングが遅いんですが、このアクアノオトも既に卒業生がいるんですね……。
    もう少しアンテナを張っていないとダメですね(汗)。

    上の僕の文章がヘタクソなので、もしかしたら誤読を与えてしまったかも、と老婆心ながらも心配しているのですが、僕も「『今』応援することに意味があるんです」に異論はないですし、「今」のアクアノオトを応援しています。
    ただ、ライヴやリリイベ等に参加できない環境にあるのがねぇ……これはかなり悔しいです(悲)。

    ちなみにフルフル・ポケットも27日〜28日くらいには手元に届きそうなので、なんとか年内には日記で書いてみたいな、と思ってます!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 11:11
    > mixiユーザー 
    「十代の頃好きだったアイドルが今なお現役のアイドルとして見ていたりもします」
    これ、確かにそうですね。そう考えるとこれまた迷宮に……(汗)。
    それと「十代のうちに終わったのはアイドルとして正しい在り方なのかもしれません」というのも、その通りだと思えることは思えるけれど「だったら齋藤飛鳥や白石麻衣はもう20歳超えてるしなぁ」と考えると……。
    彼女たちに少女性を感じていないのか、と問われるとそうでもないしなぁ、でも白石は綺麗なお姉さんだから少女とは違うかなぁ、とこれまた迷宮に……(大汗)。

    まぁ、自分自身を振り返ってみると、僕が10代だった頃よりも、オッサンになってしまった今の方が、よりアイドルを深く好きになれている気はしますね。
    竹内さんがおっしゃるように「少女性の価値がわかる」ようになったのかも知れないし。
    自分が同じ「青春」時代を過ごしていた時には気が付かなかったサムシング、みたいなものですかね。
    あるいは好きになる質が若い頃と違ってきているというか。
    まぁ、これなんかも色々と考えだしたら迷宮入りになりそうですが(苦笑)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 11:36
    「クセが強いんじゃー系アイドル」や「いっぱいいるんじゃー系アイドル」は魑魅魍魎ですよ。笑 得体が知れないし、なんだかんだとしぶとく続いちゃうことが多いから。だからこそパワーがあるグループが多いと思います。

    もう一つの軸がイノセント感を軸にするアイドル。TASKやオサカナもデビュー当時からミドルティーンの最近までそれを顕著に持っていました。J Dee'Z も わーすたにもそれはありましたが、元々ダンス等に実力があるグループなので運営側もそこに頼らない戦術を取り、今ではスムースに成長し期間限定の枠を超えつつあります。

    ”足長おじさんを装える””オジサンにも優しい?”期間限定グループ””や”期間限定メンバー””に出会うと、正直、現場だともっと気恥ずかしいと思いますよ。自分は何に反応しているんだ?と。苦笑。
    この間もあるグループのリリイベを観ていると、あるメンバーに釘付け。あの穢れなく天使のように踊るメンバーは誰?となり、
    そのコはJCぐらいですから特典会は躊躇。一応無料ハイタッチはなんとか行けましたが、特典券が必要な2チェキはパス。『影ながら応援しているからね、、。』という風になっちゃいました。厚かましいドルヲタオヤジにもなりたくないし。

    1年ほど前につぶやきで アクアノート始めます。って書きましたが、始められません。第一名古屋に来ないしね。
    だから逆にいい面もあります。あきらめがつくから。笑
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 18:37
    > mixiユーザー 
    あらま、魑魅魍魎でしたかw。そうすると僕は日々、そんな魑魅魍魎に一喜一憂しながら暮らしているとw。
    そこにワンダ−ソリトンさん言うところの「イノセント感」を醸し出すアイドルが顔をチラチラっと覗かせて、僕の心をくすぐっている、という図式ですねw。J Dee'Z は全く知らないので後でチェックしておきます。

    ”足長おじさんを装える””オジサンにも優しい?”ってのは、かなり的を射た表現のように思えました。
    そうか「足長おじさん」的な心情になるには、年齢的にもおじさんにならないとね。
    それにしても、穢れなく天使のように踊るJCって誰なんだろう……。
    勝手なイメージですがワンダ−ソリトンさんが躊躇する姿って、なんか想像できなかったりします(ホント、勝手なイメージですよ)。

    結局、アクアノオトは始めなかったんですね、それはちょっと残念(まぁ、僕みたいな新参者がこんなこといっても仕方ないですが)。
    でも「あきらめがつくから」と書かれている、ということは、まだまだ書き始める可能性はありそうですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 23:16
    > mixiユーザー 在宅だっていいんですよ。事実、ライヴ映像とMVを比べたりしてライヴに魅力がある子たちだと正しい判断をされている訳ですから。自分のスタンスで応援すればいいのです。3rdワンマンは参加したので下手の4列目くらいにいます。が、当然後ろ姿ですから分からないですよ(笑)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 23:20
    > mixiユーザー ソリトンさん!春にアクアノート初の東名阪ツアー開催が決まりましたよ!なんとか見て欲しいと思っています。ぜひ!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月14日 07:20
    > mixiユーザー 
    魑魅魍魎は言いえて妙だと思いました。「初見 グーグールル」日記であるマイミクさんへのコメントにも書きましたが、得たいの知れない芸能界のあだ花的な存在がアイドルの本質だと。怪物だからこその魅力です。「既視感」のある安心できるものではない存在としてね。

    ちなみにイノセントから変身を終えた J Dee'Zは Jewel と名前を変えて活動しています。また「穢れなく天使のように踊るJC..」が誰かは昨日、日記に書きました。この聖者山田さん3号さんの日記に影響されて思い出した日記が元です。

    いまだに躊躇しますよ、アイドルには。だからこその現場修行なんです。憧れの存在として躊躇するのではなく、まぁ、恥ずかしいんでしょうね。

    アクアノート、現物見たら始める可能性もあります。
    ところで気になったのは、グループの正式名称は『アクアノート』で1stアルバム名が「アクアノオト」だと思ったのですが、もしグループの正式名称が英語表記ならどちらも読みの問題で正解なんですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月14日 07:23
    > mixiユーザー 
    そうなんですね!。日程的にタイミングが合えばぜひ観てみたいです。情報、ありがとうございます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月14日 09:37
    > mixiユーザー 
    お気遣いありがとうございます。
    確かに自分のスタンスで応援ってのが最適なのでしょうね。
    それでも例えばライヴという一種独特の雰囲気の味を知っている身としては、いつかはぜひ体験してみたいなと思っています。
    まぁ、アイドルのライヴって渡辺満里奈しか体験してませんが(汗)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月14日 09:44
    > mixiユーザー 
    「『既視感』のある安心できるものではない存在」というのは、色々と考えてみたくなる主題ですね。
    僕たちは安心してアイドルと接しているようで、実は深層心理の奥ではそれこそ「あだ花」的存在として見ているからこそ、特別な存在、それこそ魑魅魍魎として見ているのかも知れない。
    まぁ、こんな考えも今ちょっと思いついただけなので、深い考察はしていないですが。

    ワンダ-ソリトンさんの日記、昨晩チラっと拝読したのですが、時間がなくレスできませんでした。
    今もちょっと忙しいので、後で時間がある時にレスさせてもらいます。

    ちなみにグループの正式名称は「アクアノオト」ではなくてご指摘の通り「アクアノート」でした(汗)。
    これも後で訂正しておきたいと思います。
    貴重なご指摘、ありがとうございました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する