mixiユーザー(id:10857363)

2015年03月16日22:28

179 view

Orbit研究(172)

(23)Miodrag Ranomirovic(Orbit no.32)
フォト
H#27(10+9)

1.Kxf7 c6 2.Be1 c5 3,Bf2 c4 4.Bxg1 Kxg1 5.Ke8 Kh1 6.Kd8 Kg1 7.Kc8 Kh1 8.Kb8 Kg1 9.Ka7 Kh1 10.Ka6 Kg1 11.Ka5 Kh1 12.Kb4 Kg1 13.Kxc5 Kh1 14.Kxc6 c5 15.Kxc5 Kg1 16.Kd6 Kh1 17.c5 Kg1 18.c4 Kh1 19.c3 Kg1 20.c2 Kh1 21.c1=S Kg1 22.Sxe2+ Kh1 23.Sf4 Bc4 24.Sh5 xh5 25.Kd7 h6 26.Ke8 h7 27.Kf8 h8=Q#

 どうしても単調になりがちな長手数ヘルプだが、作者の工夫が見られるのが白Pの取り方。単純に13.Kxc4から3枚とも取ってしまうと14...c5ができず、その結果22手目の白の待ち手がなくなってしまう。
 コメントによると、成駒のないヘルプにおける最長手数の記録作だとか。詰将棋の長手数作を知る我々から見ると実に素朴な構成だが、持駒を持たない彼らにすればこのあたりで精一杯なのかもしれない。

(24)Michel Caillaud(Orbit no.32)
フォト
Proof Game in 21.5 moves(14+13)

1.e4 d5 2.Qh5 Bg4 3.e5 Bf3 4.gxf3 Kd7 5.Bh3+ f5 6.exf6 e.p.+ e6 7.xg7 Qg5 8.Bg4 Sf6 9.g8=Q Bg7 10.Qf8 a5 11.Qb4 xb4 12.Sh3 Ra3 13.0-0 Re3 14.a3 b3 15.Ra2 xa2 16.b3 Sc6 17.Bb2 Ra8 18.Be5 Sd4 19.Sc3 Kc6 20.Rb1 Se2+ 21.Kf1 d4 22.Ke1

 手順中にen passant, castling,そしてpromotionを含む、所謂Valladao task。プルーフゲームでの作例は十数作あるが、本作の特徴はその痕跡が完全に消え去っていることだ。これで白Rをb1ではなくa1に置ければ…と作者も当然思ったことだろう。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する