ホーム > mixiユーザー(id:10827658) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:10827658)

日記一覧

 臓器提供が、日本で極端に少ない話が毎日新聞に出ています。https://news.mixi.jp/view_news.pl?id=5516883&media_id=2 臓器提供は、免許証や保険証にも書かれ、病院にはドナーカードも置かれているのに、日本の提供数は少な過ぎます。提供しないのは自由

続きを読む

 ご主人は登山が趣味で、遺骨は 彼女が山仲間と一緒に、ヒマラヤに散骨なさる由。スケールの大きさに 息を飲みましたが、四月になったら行くそうです。 数十年前、彼女一家は、メキシコのグアダラハラに住んでいました。メキシコは 医療事情が悪く、彼女は

続きを読む

 今日 トマト銀行へ行き、待ち時間に、置いてある岡山弁の小さな本を見ました。左頁に 絵と岡山弁が書かれ、右頁に あいうえお順に 岡山弁とその解説付きです。しかし、どこの方言も同じでしょうが、イントネーションが難しい。 私は 東京生まれですが、方

続きを読む

 皆さん! これほど秀逸な牛乳パックのデザイン、見たことあります?明治牛乳、私も時々買いますが、こんなトコまで見てなかった! 私のボンヤリ! withnews(ウィズニュース)に依ると、 足元にモシャモシャ描かれているのは、草でなくmeiji mirkの羅列で

続きを読む

NHK総合テレビで、まもなく、陛下御在位30年記念式典の実況中継が始まります。録画準備しましたか?

続きを読む

 昨日、農協のはなやかショップに行ったら、蕗の薹が並んでいました。毎年思うのですが、この時季、ウチの庭には芽も出てない。その蕗の薹、南国などの産じゃなく、200mほど先の農家さんの出荷です。それが、毎年なのです。 懐かしさに、つい 手に取って買

続きを読む

 先日の国会答弁を見てたら、安倍首相がトランプ大統領から、ノーベル平和賞への推薦状を書いてと頼まれた話。首相は、ノーベル委員会が50年間、推薦者と被推薦者を公表しないことを理由に、事実関係の確認を拒否しました。 しかし、トランプ氏は、記者会見

続きを読む

 入試の春で悲喜こもごもといったお宅も多いのではないでしょうか。我が家も数十年前は、その春でした。高三の次男も 幾つか受けました。 彼の信条は、「自分が頑張るしかないので 祈祷やお守りは 絶対 止めて!」でした。だからその手の類いは何もしなかっ

続きを読む

お風呂で寝るのは危険
2019年02月17日23:54

 お風呂で寝たら、浮力で体がひっくり返ります。要注意です。 お風呂で倒れたり 亡くなった話は、聞いたことありますよね。私の知ってるだけでも4件あります。2件は友人の知人ですが、一件は夫の叔父で、もう一件は私の友人です。 夫の叔父は、お風呂に

続きを読む

 子供の感性って、大人とは少し違って真実を語っています。親戚の葬儀で、棺の中に入れる幼児のお手紙にこんな言葉がありました。「やさしかったじいじ。楽しいことをたくさん教えてくれたじいじ。ずっと いっしょにいた人が、初めていなくなってとても悲し

続きを読む

 先日の大雪の日、石段を下りるの、新聞配達の人に支えて貰った話を親友にメイルしたら、こんな返事がきました。「ロマンチックな題名が気になり読み始めると、朝の5時前に出掛ける?ん?これはアナタが床に入る時間では? 続きを読んでみると外出する朝

続きを読む

新幹線がドッキング
2019年02月14日23:59

 へえ〜〜、こうやってドッキングするのか〜〜〜知らんかったな〜〜  先頭車両の先端が、内側に収納されるのです。上京した時に見るだけで、一度も乗ったことない東北新幹線です。

続きを読む

 昨日は、急逝した親族の四十九日で、徳島へ行きました。始発でないと間に合わないので、駅前の駐車場に車を預けて行く予定でした。朝の5時前に出ようと外へ出たら、庭は真っ白の雪!! 驚いて駐車場を見たら、ヒヤァ〜〜! 車は冬布団を被った様相・・、

続きを読む

小3の孫娘と約束
2019年02月10日17:17

 東京へ行くことがあり、次男の処に泊めて貰って、少し大きくなった孫たちと久し振りに出会えて、楽しいひと時を過ごせました。親子四人が元気です。 孫娘は小3ですが、歯の週間のポスターで、佳作になったそうです。「あと、もう一息だったねぇ」と褒めて

続きを読む

 最近は、殆どのお店でカードが使えます。でも、小さな個人商店などでは、使えない所も多いです。カードを受けても、カード会社に手数料を取られるので、利益の少ない所では辛いそうです。でも、時代の流れで仕方ないと・・  しかし、小さな店舗はさておき

続きを読む

親友のマイミク ベイさんは、子供の時から腎不全で登校も儘ならぬ日々を過ごしてきました。それを見兼ねて母上が、一大決意で臓器提供を申し出て腎移植が行われました。執刀医は、万波誠先生です。ベイさんは 透析から解放され、健康な人生が始まりました。彼

続きを読む