ホーム > mixiユーザー(id:10827658) > mixiユーザーの日記一覧 > 突如、倍賞千恵子のコンサートに!

mixiユーザー(id:10827658)

2019年09月23日14:44

42 view

突如、倍賞千恵子のコンサートに!

 昨日は、久し振りに美容院へ行って、午後は ゆっくりする予定でした。
この日は、妹たち三人が、滅多にないことに、夏前からチケットを買って予約して
いた「倍賞千恵子・コンサート」の日。場所は神戸の国際ホールです。

 私も誘われたけど、倍賞さんのコンサートは 目の前で聴いたことがあるので辞退、
2013年5月、有森裕子さんの資料館「アニモ ミュージアム」の前庭にテントを張って
そこで倍賞さんが歌ったのです。ナマの声でですよ! 小六さんもご一緒でした。 

 観客は、百数十人?って感じ・・。場所は、旭川の土手を少し入った処。道は狭く
場所も分かりにくい。駐車場も少ない。当日は臨時駐車場もありましたけど。
その日は、バザーもありました。有森さんもお母様も、ナマでお目にかかりました。

 なのに何故、私が神戸のコンサートに?
実は、妹の一人が 会議で行けなくなり、姪っ子にバトンタッチ。処が、その子が
ひどい咳・風邪でアウト.。もう一人が肩が激痛で動けない。企画した次女が高熱で
完全にダウン。歩くことも出来なくなったと、緊急連絡。
 
 チケットは 高熱の次女が持ってるので、その娘がキップを届けがてら 観ることに。
もう一枚は、姪っ子の母がダンスを教えに行った帰りに観てくれる。あと一枚は、
結局、 私が新幹線で行くことに・・。開演三時、大慌てのドタバタ劇でした。

 間に合いましたが、S席なのに中央より少し後ろ。肉眼では表情が見えにくい。
双眼鏡を持ってったので、よく見えました。「アニモ・ミュージアム」以来、六年が
経っています。強烈なライトの下で見た 彼女の老化のほどに 驚きました。

 美女も老化には抗えないことを知りました。でも、あの声で 童謡などメドレーが
続き、「さよならはダンスの後に」になったので大いに期待しました。処が、すごく
編曲されていて、大好きなあの曲でなく部分部分があの歌だっただけ。ガックリ・・


 そして マイクですが、歌の時は使うのに、ベンチに腰掛けて本を朗読したり、
小六さんと二人でトークする時は、使わない。マイクは、手に持ったまま下です。
ご両人が笑って、観客で笑うのは 前の1/3ほど。私達の後ろは誰も笑わない。

 私も聞こえてるけど、正確には何を言ってるか判りませんでした。会場は、多分
2000人は入れる大ホール。新宿の末廣亭じゃないんですから、トークやベンチでの
モノローグでも、マイクは使って欲しいと思いました。隠しマイク、使ってたかも
知れませんが、マイクなしの声は聞き辛かった・・。

 観客は、倍賞さんのフアンゆえ、さすが高齢者が多かったです。それなら、
難聴気味の人もいたでしょう。舞台のご自身は十分聞こえても、天井桟敷辺りでは、
早口トークは把握しかねたんじゃないでしょうか。

 数え切れないほどコンサートなさってると思いますが、誰もそんな苦情は言わな
かったのでしょう。ご夫妻が、にこやかに手を振って幕が降りたので、「 休憩?」
と思ったら、それでお終いでした。


 ナマの倍賞さんを、見たくて聴きたくて、遥々 訪れた人も多かったでしょう。
折角の単独コンサートですから、最後は、訪れた観客に お礼の挨拶くらい述べたら
よかったのに、と思いましたが、田舎っぺの「無い物ねだり」でしょうか。

 寅さんなら「よく来てくれたな。気をつけて帰ってよ〜」くらい言ったでしょう。
観客の中には、背中が二つ折れになってやっと歩いてる老婦人も何人かいました。
大ホールは、末廣亭とは違うのです。そして、一期一会のお客なのです。

 最後は、下りかけた幕の向こうを二人で手を繋ぎ、観客に斜めに手を振りながら
歩いてる途中で幕が完全に降りました。何か・・誠意が籠ってない気がしました。 
アニモ ミュージアムでは、目の前の観客に 丁寧にご挨拶なさった気がします。

 次女は、父が亡くなった時、三女と四女が 赤ん坊と幼児で、父を写真でしか
知らないので、可哀想だ、と言っては、時々、こんなサプライズの贈り物をします。
今回は 生前の父を一番よく知ってる私が、その贈り物を貰いました。恐縮です。
3 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月23日 17:19
    そんな感謝の言葉よりステージの演出が大事、って意見もあるでしょう。
    それも有りと思いますが、ゾロゾロ帰ってゆく中に 背中が曲がった人や、
    椅子の背を摑まりながら階段をやっと上がり、会場を出てゆく人達
    を見て、彼らを労ってあげて欲しい、とつくづく思いました。 

    私が労ってもいいけど、私は倍賞さんじゃ有りませんし、歌もヘタ。
    でも、今思えば、倍賞さんに代わって、会場を出しなに「聴いて下さり
    有難うございました」と述べてもよかったかな・・とも思いました。

    帰宅した人が、「ボケ老人も聴きに来とって、倍賞さんの代わりにお礼
    言うとったわ〜」と嗤われたかも・・。本当にボケたら本気で言うかも
    知れません。クワバラ、クワバラ・・・♪

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月23日 22:42
    行かれたのですね。
    過日国際会館そばを通った時にポスターで倍賞千恵子さんのコンサートを知り
    小六さんも来られるので連れ合いと行く予定にしてましたが、行けなくなり残念でした。

    読ませてもらい何となく雰囲気が分かりました。
    折角足を運んでもお話がよく聞こえないのは、残念です。
    マイクも耳に掛けてするのを使われたら 口への角度も気にしなくていいのに。

    以前行ってたある方のコンサートでは、三階や二階の客席に来られたり
    一階では入口から舞台に上がられ 途中も客席に降りられて 
    終わればホール出口でサインを。国際会館でもそうでした。

    倍賞さんもそれだけの体力なくても ファンあっての事なのに
    惜しい気がしました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月25日 10:30
    > mixiユーザー 
     いらっしゃれなくて、残念でしたね。都会ではコンサートなど
    選り取り見取り、いつでも聴ける様に思いますが、特定の人となると
    出会いは少なくなりますね。

     妹達は 券を早々と買いながら、当日 全員ドタキャンで慌てました。
    でも、私、倍賞さんの劇場公演は初めてだったので良かったです。

     会場では 二つ前の席の男性がとんがり帽子を被ってて 何度も座り直し
    動くので 目障りでした。倍賞さんが舞台中央に来ると帽子で姿が隠れて
    しまいます。30ほど同じ状況で、遂に舞台の台詞が途切れた時、小声で
    お願いしたら、脱いで貰えました。勇気が要りました。

    > マイクも耳に掛けてするのを使われたら・・
     私もそう思いました。席は早くに買ったのに 22列のほぼ中央でした。
    でもトークの声は聞こえるのに、何と言ってるか判り辛く 白けました。

     ネットで見たら、2017年 聞き難かったって人が、こう書いてました。
    「席は5列目16番。ほぼステージの真ん前ど真ん中です。ですが 歌の
    音響は兎も角、倍賞さんとピアノの小六氏のトークが、とても聴き取り
    にくくて、それだけが残念でした。」

     5列目で聞こえ辛けりゃ、私の22列や後ろの席は誰も笑わない筈。
    これは 2017年 葛飾でのコンサート。https://amba.to/2lgWqpN
    50歳代の方で、曲目も記録なさってるので、難聴じゃありません。

     もう一通、2018年、倍賞さんが喉を痛め、完治せず開催したコン
    サートへの感想がありました。
    「事前に喉を傷める事態があり、懸命に回復に努めたという話が小六
    さんからありましたが、そうは言っても少々残念な歌声でした。
    肝心なところで喉が詰まってしまうので、聴いていても気になって仕方
    がありません。倍賞さんにはきつい言い方ですが、本調子でないなら、
    中止しても良かったのではないかと思いました。」
     「アンコールで歌った『さよならはダンスの後に』は、正直言って
    ひどかった。残念です・・・・。次回はいつ行けるかわからないけど、
    本調子の倍賞さんを期待します。 」と。

     mixiなのでコメントも二通付いてますが、フアンは有難いですねぇ。
    楽屋出口でお見送りまでして無事を確認し 安堵なさっています。
    https://bit.ly/2meXDOF

    ANさんがご覧になった方のコンサート、二階三階にまで来て下さった
    とは、勿体ない程の大サービス。心底、フアンになってしいそう・・。
    単独コンサートなら、観客への配慮の効果は より大でしょう。

     倍賞さんは、お歳なので二階三階までは無理でも、トークの音声には
    工夫が要ると思いました。あれではお互い、本当に損だし惜しいです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する