mixiユーザー(id:107212)

2020年07月05日05:50

37 view

俺街道を行く39(サラリーマン徒歩日本全周12)

リハビリとは何かね

天空シリーズ急

中央構造線主体の秋葉街道&塩の道での本州横断。
ずっと地蔵峠が通行止めで通行不可のまま幾年か。
ついに地蔵峠自体の復旧を断念し、林道を県道化して開通。
しかし、いつまた数年通れなくなるか、誰にもわからない。
宿は自粛解禁直後につき押さえられず
ならダブル徹夜でダブル峠越えやな。

仕事終えてから飯田線で辿り着ける限界、中部天竜駅よりスタート。
フォト フォト
ちなみにこの駅から飯田駅までの秘境駅探訪歩きもいずれ。
【1日目 6月20日】
フォト
佐久間の町内で超久々のパトカーからの職質。
この町で0時回って歩いている人間は皆無だからだそう。
何事にも初めてというものはあるものだよお巡りさん。
ちなみに上記の通り、いずれもう一度真夜中歩く予定ですと予告w
大鹿までと軽いノリで答えたので目を丸くしていたが頑張ってと送られる。

フォト 佐久間駅和式トイレに四苦八苦
そう、膝の骨折からまだしゃがみこめないんですよねえ。
フォト 秋葉神社からの北上の撤収地点
記憶に残る大井橋の分岐。

フォト フォト
フォト 相月駅向かいのトイレも和式
フォト ここで道東ウトロのボンズホームで
購入して長らく愛用していた熊鈴の消失気付く。アリーヴェデルチ(さよならだ)
フォト フォト
またしても和式。ううむ、飯田線というのは和式との戦いになるのかもしれん。

フォト フォト
フォト フォト
フォト 賽の河原で石を積み
フォト にしても霧が地味に効いたなぁ
霧は引いたが、峠に入っていく。
塩の道的には青崩峠なのだろうが、青崩の通行止めも長きにわたる。
青崩から兵越峠へ迂回する道は歩きならと聞いたりするが、あやふや。
よってダイレクトに兵越峠に向かう。
青崩峠方向つくへのトンネル工事中。青崩峠旧道も消えゆくのだろうか。
フォト
1165mで甘く見ていたら、実に大汗。
フォト フォト
静岡県長野県の県境を越える。
フォト フォト
フォト 降りた分次の峠はきつくなる訳で

遠山郷まで降りてくるとあれ??暑い?
気温表示30℃いってるやん。何気に寒暖差16℃あったのか。
フォト ヤバイ塩タブ摂らないと
ところが涼めるはずの道の駅が休業。そして、出発直前詰めたはずの
塩タブがどうしても見当たらない。これはヤバいぞ、汗止まってるし。
フォト 箱の中身は
が何の像か推敲する余裕もなくフラフラフラ。

とにかく和田城という資料館にいけばカフェが併設されているはず。
と、裏小路でスーパーに出会う。
フォト もしかして塩飴がと飛び込む
そしてこれが数珠つなぎの始まりだった。

塩飴購入後、店主と歓談。和田城はやってるがカフェはもうない。
少し戻るとゲストハウスがあり、土日カフェやってるので是非と仰る。


フォト 和田城
道の駅にたむろしていた大勢のライダーは誰も来なかったようだ。
ジャージのいなせなお兄ちゃんがしかし凄く熱心に案内してくれた。
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
いやあ、楽しかった。兄ちゃんもゲストハウスカフェお勧めするので
少し戻ってみる。

フォト このカフェで歓談しつつ大休止
というか、熱中症かかりかけか額がかなり熱く、アイスコーヒーのグラス
ずっと当てていたら、30分くらいしてようやく発熱が止まり
しんどさも和らいできた。聞くに道の駅の休業も含む深刻な災難が集落を
悩ませていた。神仏よどうか彼らにご加護を。乗り越えてほしい。
ここで旧木沢小学校が面白いからぜひ立ち寄ってと数珠。

フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
手持ちの地図が古くていやに遠回りさせられつつも到着。
フォト いきなり自由なたかね校長
フォト フォト
フォト フォト
ごっつ堪能して校舎をあとにすると、校庭のテントから声がかかる。
お茶を頂きつつしばし歓談。今から天空のビューポイントへ片道タクシー
呼ぶつもりだが遠いところからになるので気後れしてると言うと
少し先に個人タクシーがあるよと番号教えてくださる。来てくださることに。
フォト つながってるね、校長

フォト フォト
ピックアップ要求ポイント、上島トンネル北分岐まで急ぐ。
楽しかったがいろんなとこで時間食いすぎて、日が傾いてきていたのだ。
無事タクシーにて天空のビュースポット駐車場へ。
フォト フォト
フォト 急げ急げ
意外と距離があるがご褒美の地道、人とも会わずに貸し切り。
フォト フォト
フォト フォト

どうにか明るいうちに駐車場まで戻ってこれた。
いやまだ駄目、どうにも上島トンネル北まで戻る道が地図からは
よくわからんので、急いで下山しなくては。が、その前に
新しい靴で出来たマメの処理をベンチで夜の気温低下に備えての
着替え込みで急ぎ行う。
 その間にも2台車が入ってきてビューポイントに入っていく人ら。
もうじき暗くなるぞ気を付けなよ。

こちらも悪戦苦闘、分岐が多く早速迷う。本来はこの辺の宿に泊まって
下りの道を詳しく聞き出すつもりだったのだから。
いつ福という茶店の前で女性に遭遇、この店の人だとか
道を教えていただく。
地図ではカーブの省略が多く、なかなか辿り着かない。
途中救急車が下ってくる。さっきの登って行った人らでなければよいが。
フォト ようやく合流した頃には真っ暗

やはり夜霧が出てきて変に冷えて苦戦。車通りが少ないのはありがたい。
フォト フォト
フォト フォト


本日の歩数 107,733歩

【2日目】
フォト フォト
霜月まつりに関するものや断層関連が多い。
フォト うれしいトイレ
峠手前のバス停で20分だけ横になる。
今回足を伸ばしたのはここが初めてだ。
 出発時ワイヤーの入った右膝の皿をストレッチのつもりでグッと
持ち上げたらバリッと大きな音がして2cmほど上にスライドした。
本人ビックリ。やっちまったかと恐る恐る歩いてみたが問題見られず。
フォト 不安はあるが悩んでいる時間はない

しらびそ高原へ上る道の途中から蛇洞林道にて地蔵峠に下っていく。
地蔵峠は1320mだが、そこまで5kmぐらいの下りがある。
さらにそこから下りが続く訳だが地蔵峠までなかなか辿り着かない。
フォト フォト
さらに下りが10数キロ続く。
やはりというか、何か所も落石で修繕工事が入っていた。
フォト フォト
フォト フォト
フォト なによりここの洋式トイレが嬉しかった

またも盛大な気温差に、飲料も尽きグラグラしつつも約束の地にたどり着く。
フォト フォト
これで横断完了。そして水を求めて前回は建設中だった道の駅へ。
フォト フォト
フォト 10:19のバス待ち大休止
自粛で開館時間が10時となっていたので余裕もない上に
生産者も自粛で、土産も揃わず物足りないなあと思いつつ、
本当はここで半日で切る予定をたった2キロだが寄り道で色を添えることにする。

バスで移動し伊那大島駅再訪から電車で向かったのは
フォト フォト
フォト このそばを元善光寺ー善光寺間で
大昔に歩いてるんですよね。その際はその作品を知らずこの碑もなかったが。
フォト フォト 
飯田線調べていてなにかの折に知り、昔通った道を挟んで田切駅と道の駅。
一応作品もちらりとにわかで仕込んでおいて、機会があればと考えていた。
フォト フォト 
戻った田切駅で杖を仕舞った。さあ長い長い戻りの道がはじまるよ。


本日の戻り田切駅までの歩数 48,988歩

フォト フォト
日本一周『』の総合計
経過日数 239と半日
歩数 15,391,410歩

日本一周の総合計
経過日数 445日
歩数 29,991,833歩 + 73

総数は2つを足してね。

不思議その一
フォト 帰りの電車であっさり塩タブ出てきた
不思議その二
新大阪から自宅まで。
なぜだか階段の登りも下りに至っては駆け下りまで、全く治ってしまっていた。
原因は理学療法士もわからないがここから3日間右膝機能がぐんと回復した。
リハビリとして正しいのかも試練。

今回の戦果
フォト フォト
4 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月06日 07:02
    地図真っ赤だな
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月07日 04:36
    雪ちのコメで地図見て
    詳細地図が横倒しなの気が付いて修正できたよ

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031