mixiユーザー(id:107212)

2020年06月14日09:34

48 view

俺街道を行く38(サラリーマン徒歩日本全周11)

変幻自在ただのフール

自粛明け一発目
昨年、下部温泉にて蛍の時期に出直そうとなった身延線。
だが今度は折角だからと企画した久遠寺の宿坊泊精進料理と
下部温泉での蛍を両立させるのがまことに難しい。
遠隔地で双方夕刻だからねえ。高額でタクシー夕食後に
往復飛ばせば鑑賞できなくもないが、、、
と悩んでいたら、意外な突破口。
 過去の歩きの日記編集作業にて、出羽三山月山の夜登りで
蛍と遭遇していたと判明。余裕があればに縛りを緩め行っちまおう。

【1日目 6月6日】
静岡 富士宮郊外のネットカフェからスタート。
フォト フォト
浅間大社門前で一礼し道をつないで
フォト フォト
商店街先から富士宮芝川線に入る。左足裏痛いが喜びが勝る。
フォト フォト 
フォト フォト
秘境駅、でもないと思うけどなあ沼久保。民家近くにあるし。
入口わからんで民家の裏庭にまで入り込んだのはきっと幻。

芝川駅直前で突然まばゆい光源の列がこちらへ向かってきた。
コンボイ軍団、ではなくレールを積んだメンテ列車。
フォト フォト
フォト コーヒーブレイクがてら
ホームから交換作業を眺めやる。無駄のない統率とれたチームプレーいいね。

フォト フォト
稲子駅でも追いつかれる。監視役そこらにいてくつろげない。
しかし恐らくは薄明るくなってきたし、向こうはきっとラストスパート。
フォト フォト
ガンバッテ。

フォト 山梨県入り
フォト 十島駅で仮ゴール
ここでちと悩む。
実は昨日確認でマピオンで地図確認していて、自分の手持ち地図と
大きな違いが発覚、高速道路が延伸していて新しい道の駅ができている。
ここに営業時間内に寄るために大いに頭を悩ませた。
 大幅修正した計画では可能な第一ゴールがここ十島か先の井出駅。
井出駅まで進めておけば後々余裕ができる。十分進める時間もある。
が、十島でないと通らないルート上に「西行峠」との名称。
謂れもなんもわからんが見過ごせない名前だ。ここで始発をあえて待つ。
フォト レール車両が佇んでいた

フォト 始発で身延駅下車、ロッカーで身軽にし
フォト 少し進んで身延橋東側を押さえておいて
フォト そばのバス停でバスを待つ

フォト フォト
久遠寺総門で下車、ここから第二タイムアタック。
フォト フォト
フォト まずはその新しい道の駅
ここには結構観光客がいた、高速延びたら行きたくなる病かな?w
営業開始の9時を待ち、慌ただしく続いて次の道の駅へ。

にしても、無風で蒸し暑い。
フォト フォト
フォト フォト
道の駅ではマスクをつけての入場願い。かけたところ汗がだらだら。

時間に余裕はないがなにもない西行峠あたりから「西行公園」への看板。
悩む間も惜しくくねくねと登っていて途中地図で方向確認しようとして
はたと気付く。
 あれ?西行っていう地名があるぞ???
西行さんと勝手に思い込んでいたが、これ単なる公園じゃないのか???
 スパッとUターン。真偽はわからないが、この好判断で
フォト フォト
十島駅つなぎゴールは列車到着30分前、公園まで拘っていたらヤバかった。
フォト 道の駅総菜たべてまったりしつつ
そつなくタクシー手配。実は昨年途中で止めたプランでは、久遠寺本堂には
寄るものの、時間が取れずに身延山上の奥の院へは寄らないものだった。
 身延山は歩いて上り下りするとゆうに5時間近くかかる。
今回だってそれをすると宿坊の夕食に間に合わない。
で、だ、どちらか片道を乗車時間7分のロープウエーにすれば可能。
歩き的には登りでもちろん(震え声)考えていたのが、直前に念のため
営業確認でHP見ると、コロナの関係で営業最終時間が繰り上がっており、
なんと下りは最終が15時台、上りは14時台になっていた。

 そこでタクシーの出番。身延駅でロッカーのに回収、即乗車。
ロープウエー登山口駅へ飛ばしてもらう。14時出発の5分前。
フォト うん、仕方なくだからね
歩いて登ってたら下り最終に間に合わないもん。
という強がりもロープウエーのあまりの斜角に恐れをなす。
7分で800m弱の標高差、気温も5℃低い。
フォト フォト

フォト フォト
日蓮上人が父母を想って日参したことにちなんで建てられたという。
自分も亡き両親に手を合わせる。コロナで一周忌中止になっちゃってたもんね。
フォト 残念ながら曇りで富士山は見えないが
とにかく5.5キロで800m弱、急坂に加えて砕石が敷かれている。
フォト フォト
膝未完治者にはめっちゃくちゃ不安定で奥歯を噛みしめる。金剛杖頼み。
フォト フォト
フォト ぶはーはぁはぁはぁ

本堂群まで命からがらたどり着く
フォト フォト
フォト フォト
これよ、正面石段45度の斜角だもんよ。
フォト フォト
門前通りは閉めてるところが大半でまだうら寂しい。なかなかいきなりはねえ。
そんな中、たった一人を受け入れてくれた松井坊さん、感謝です。
フォト フォト
フォト 精進野菜料理も美味で沁みました
お風呂頂いた際、足の爪3枚ほどやられているのを確認。これは久しぶり。
ブレーキかけまくっていたからなあ。
身体が鈍っていたのもあるのか、ぐったりと眠り込む。

蛍?深追いはやめよう。
風情がなくなるでな、また別の場所で再会できるだろう。


本日の歩数 69,799歩

【2日目】
5:30からの朝のお勤め見学のため、5:00過ぎ出立。
フォト フォト
フォト フォト
まままマジでこの膝にはきつかった。15分くらいかかったぞ。
経と太鼓を十分心に焼き付け、
6:00過ぎに退室して下部温泉ゴールに向けていざ出発。
フォト フォト
フォト フォト
総門で道をまずつないで、
フォト フォト
フォト さらに身延橋でつないで一路北上

フォト あれが身延山
フォト フォト
駅ノートありの情報だったが、まさかコロナで撤去とかないよな。
それは哀しすぎる。松井坊さんの朝弁当を代わりにここで広げる。
フォト カンカン娘(もろこし)うめえ

フォト フォト
いやに細道だが舗装がいいと思ったら、こちらも高速延伸工事急ピッチ。
トラック用の舗装で、さらに山間へ向け仮設車道が螺旋に伸びていく。
フォト ダイナミック
まさに今朝見ていた久遠寺本堂の天井画の龍を彷彿とさせる。

フォト うん、またいでいないからセフセフ
そして
フォト フォト
はだかじまえき
モニュメントなしとはどういうことだ!
いやこれはきっと地域のはだか祭りが凄いに違いないよと納得させる。

フォト 橋の向こう少し先に
片道2キロ弱で道の駅と切り絵美術館がある。しばし逡巡。
切り詰めれば行けないこともないが、ここでナイス後ろ向き。
前回の下部温泉浴は大急ぎだったし、今回はゆっくりしたいなぁ。
フォト フォト
石原裕次郎が骨折の湯治で滞在した下部ホテル再度。
こんどはきっちりこちらも骨折で寄せてきているぜ。
 だが休憩所開放の10時まで少し間がある。駅の待合室で
着替えの準備を詰めなおしていて向かい側の土産物店が目に入る。
フォト 何気に入って店主と会話になった
この後下部ホテルでお風呂もらって帰ると言うとホテルは来週再開だと言う。
えええええええええ!
 この近くで温泉頂けるところありませんかと聞くと、電話を入れてくださった。
11時に湯を抜いて清掃に入るのでそれまでならと1軒のホテルに了解。

フォト ほんまや
フォト フォト
チェックアウトしていく宿泊客と入れ替わりで、貸し切り風呂となった。
いやあ、欲出して道の駅寄り道していたら全部パーだったなこれ。

フォト 土産物店再訪してお礼伝える
フォト 11時初めには杖仕舞う
にしても雨の予報が見事に晴れた。ならばせめて帰りの車窓からでもと
富士山期待。ところが富士宮駅で見遣った富士山は凄い雲を一身に纏っていた。
 晴れさせてくださったのかな?今年は落ち着いてお過ごしください。


本日半日の歩数 22,899歩
 
フォト フォト
日本一周『』の総合計
経過日数 237と半日
歩数 15,234,689歩

日本一周の総合計
経過日数 445日
歩数 29,991,833歩 + 73

総数は2つを足してね。

今回の戦果
フォト フォト
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年06月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930