ホーム > mixiユーザー(id:107212) > mixiユーザーの日記一覧 > 俺街道を行く34中編(サラリーマン超徒歩日本一周後69)

mixiユーザー(id:107212)

2019年08月26日03:10

37 view

俺街道を行く34中編(サラリーマン超徒歩日本一周後69)

闇に棲む者

フォト フォト
フォト 人のいない尾瀬を気ままに歩ける
そうは問屋がおろさないぜ。

最初のトイレポイントに考えていたビジターセンター、
わんさかテントが立ち並び、うちいくつかは撤収完了前、出ようとしてる。
慌ててトイレを済ませたが、高校生らしきの大行列20人ほどに挟まれる。
木道だから抜くに抜けない。幸いペースはいいが、ポケモンの話題とか
後ろでされて興覚めである。なので遠くを眺めやって現実逃避。
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト

湿原で熱射が始まる前に抜けるのには成功したが複雑。
森エリア手前でようやく解放される。
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト 本日の全行程終え、おにぎりで一服
尾瀬沼のビジターセンターでビデオ鑑賞したりしてのたりのたり。
泊りの長蔵小屋が12時にチェックインさせてくれたので、のんびり。
フォト フォト 
フォト フォト
隣のバカ夫婦のくだらない喧嘩には辟易させられたがくつろげた。

つまり、考える時間はたっぷりあったのだが、判断をミスる。


本日正午長蔵小屋チェックインまでの半日の歩数 44,131歩

【4日目 8月12日】
ビジターセンターで付近の立体模型を見ていたにも係わらず、
沼田街道という響きについそのままのコースを取ってしまう。
ここで迂回の車道コースを取っていれば惨劇は回避できたやも。
2:30出立。
フォト フォト
どこに潜んでいたのだか凄い量の蛾を引き連れ沼山峠へ。
フォト フォト
フォト フォト
ここからは尾瀬を外れる。予想はしていたがそれなりに荒れている。
数日前まであったという豪雨の残滓、道がいくつか川化しており苦戦。

フォト フォト
フォト フォト
どうにか脱出したが、終盤の夜露びっしりの草原で靴をがっつり濡らす。
しかし今回は前回の岩手青森で使用した超軽量靴を忍ばせていた。
フォト 履き替えて勝ったと誰しも思った

美しい景色の中、上機嫌で桧枝岐村中心部へ向かう。
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
朝風呂まで。気持ち良すぎる。だが少なからず足裏のダメージは見てとれた。
超軽量靴はソールが薄っぺらいので傷んだ足裏には諸刃の剣だったのだ。

フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト 資料館の方は右端の方
桧枝岐歌舞伎、後継者不足は深刻だそうだ。

フォト フォト
フォト フォト
ついに目的の道の駅へ、ここから七入へバスで戻るのだが本数はさほど多くない。
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト 大休止。だがこの間に日差しが
ヤバいことになっていた。

フォト 七入で下車再開
フォト 最初は日陰も多かったが
急登坂が続き熱にあぶられる。
フォト フォト
フォト 汗をだくだくに絞りつつ
フォト 御池ビジターセンターへ
冒頭で車道迂回で出てくるのがここ。迂回していれば暑さを避け、
クッション効く靴を温存、しかも下りで御池→七入行けてた。
ダメージの差は計り知れない。

尾瀬前からほとんど圏外だもんで、ただもくもくと汗を流す。
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
最後の拠り所、喫茶山ん中へようやくたどり着く。息が整うまで数分要す。
フォト 少しでも熱ダメ減らすべく
閉店の17時までお願いして歓談して過ごす。
持ち込んだペットボトル3本に水を詰めていただいてる間に、
店にあるお客の思い出ノートを見ていると、幾人か
この先の奥只見にて車で事故り、圏外でここまで数十キロ歩いて
助けを求めてきてその節は窮地を救って頂いてという記述。
ヤバみ。

フォト フォト
県境越え、いよいよ地形が牙をむき始める。
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
抱いていたイメージでは湖岸の細道を延々グネグネだったが、
なんじゃこの高度感。延々山の中をアップダウン。
ようやく十数キロにて湖岸にたどり着いた時、
そいつと出会った。

ようやく休憩が取れると休憩が取れると、道から出ようとした。
ヘッドランプの明かりのなか、黒っぽい衣類の人物が浮かんだ。
何故か手で懐中電灯の明かりを覆い隠して隠れようとする。

ここまで停車した車は見ていないがこの先か、この奥の陰にでもあるのか。
釣り人なのか密漁者なのか。挨拶も答えないので休みは先送りで
痛む足を急かして湖縁を進みだす。
無駄にアップダウンがあり相変わらずきついが、沢を越える度距離表示がある。
1キロくらいさらに進んだのでここいらでようやく足を伸ばすかと、
くるりと振り返ると50mほど後方で、先ほどと同じ懐中電灯を隠す動き。
なんと追いてきていやがる。
ここまで車はなかったが、この先にあって戻ろうとしている可能性はあるが
この一車線でこいつをやり過ごすのは気が進まない。肉体は悲鳴を上げているが
一層スピードを上げて先へ進む。

さらに1キロ以上進んだところで、大きく沢へ食い込む大カーブ。
歩いてきた向こう側で、また懐中電灯を隠す動き。
果たして空手空荷に見えていたが、棒を持つ俺を追ってくるという行動、
なにか忍ばせていないと取れない行動ではないか。
ヒグマでも幻覚ブルーマンでもここまでゾットとはしない。
足破損覚悟でギアを1段更に上げてじん船着き場までの十数キロを
ノンストップで振り返らずにかっ飛ばした。
飛ばしながら考えていた。これは明日の午前中は歩けなくなるだろう。
銀山平船着き場にはバス停がある。そこで切り上げ小出までの30数キロは
棚上げして移動とし、その始発までにしっかり足裏治療しておいて、
午後のコースから通常運行に戻そうと。
どうにか日をまたぐ前に船着き場のバス停へたどり着く。
見えるトイレの明かりと自販機の明かりに引き付けられつつも、
その前に始発の時刻と行き先を見ておかねば。
フォト フォト
は、ぁあああああ??
11:52が始発、いや1本のみの運行だと????


本日の歩数 104,718歩

【5日目】
男は身障者用トイレの床に倒れて目を覚ました。
用を済ませてようやくつながる携帯で時刻表検索したところ、
只見線の電車に間に合わないことが判明。つまりこのままでは、
半日リタイアではなく丸一日リタイアになってしまう事実に
気づいた衝撃と共に胃だろうか、ストレスでギリギリギリと痛み出し
たまらず床に臥せたところで気を失ったのだ。
こうなったらここで足裏治療を急ぎ施し、更にキツイと聞いた
枝折峠を越え、その先の大湯温泉郷へたどり着ければ、
もっとまともな本数のバスがあり、午後に間に合うように
エスケープ出来るかもしれない。なのにまた1時間以上のロス。

フォト フォト
どろりとした血膿を数か所から切り裂き絞り出し、なんとか歩けるまでにして
さらに1時間半後トイレを後に歩き出す。悲鳴をこらえつつ。
峠に向かってヨチヨチ進みだしたところで看板に気づく。
銀山平キャンプ場、温泉あり、10:00より。
温泉だと!
ポキリと音を立てて折れる。
10;00まで待って温泉で回復図り、11:52のバス。
丸一日リタイアになるが、まだ半ばにもない現状、その後の行程を
こなすためにはそれもやむを得ないのではないかと変節したのだ。
フォト 管理人室前のベンチまでたどり着き
身を横たえる。ここでようやく右手の平の痛みに気が回った。
奥只見スピード上げるのに杖を使ったので、剥けたんだけど
フォト ハート型の聖蹟が
これはインスタ映えするな、やってないけど。

数時間ベンチで眠り込んでいて声がかかる。
『何してるんですか?』
フォト 明るくなっていた
目の前に男性。管理人だと仰るので尾瀬から来た旨と、昨夜のシャドーマン
の追跡劇の顛末を話し、温泉開き待ちだと答える。
そうか、サービスするから今から入んなよ。

フォト 運命の歯車がまた動き始める

後編へ続く
3 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月26日 06:21
    何なんすか?シャドーマンは?ドキドキです
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月31日 00:39
    シャドーマン!
    わたしも知りたいです!熊かと思った…

    大変でしたね(><)アシノウラモ…

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年08月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
忍者モード登場!