mixiユーザー(id:1065682)

2020年09月11日22:15

30 view

I can fly

法で規制するのは
何かしら誰かに迷惑をかけるから
規制するものだとおもう。

薬物でいうと
反社会的組織へ資金が流れる

乱用してしまい、
勤労、納税の義務を果たせない

家族等、周りの者へ
何らかの危害が及んでいる

これに当てはまらなかった場合
その罪に正当性があるのだろうか?

伊勢谷の場合、自分で育てた草
反社に金は流れていない
積極的に社会貢献をしながら
勤労し納税していた

被害者はどこにいて、
誰に迷惑をかけたのだろう?

捕まってしまって迷惑をかけた
法で規制されてなければ
捕まらず誰にも迷惑がかかっていない

誰を守る為の法律なのだろうか?

薬物に関しては
国や個人など
誰かの迷惑になった時点で適用
これならどうだろうか?

法で規制されているのだから
有無を言わさず悪いんだよって、、
それじゃあ
頭悪い脳みそお花畑な愚民だよね?

ちゃんと考えてみたらどうだろうか?
薬物に関する法だけでなく
全ての法やルール、モラル、道徳
課税方法から税の使い方
社会福祉についてだったり少年法について
道路交通法もそう。

まぁ何が言いたいかって、、、

You can fly?



窪塚洋介、“伊勢谷友介を擁護した”報道に反論 「皆でよってたかって石を投げ……」と世論には苦言も
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=128&from=diary&id=6228171
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する