mixiユーザー(id:10533496)

2019年03月09日01:36

203 view

高橋一生、スナフキンの声

高橋一生が主人公青年の吹き替えをやった海外ドラマ「36歳これから」を見てました。
最初は声優の中にひとり素人が混じってる!と思ってました。誰だろうと思ったら高橋さんでした。
最後までひとり素人でしたw
面白い声だし、独自の演技をちゃんとやってて、ゴーリキみたいにとにかくド下手というわけではないんだけど、やっぱ声優に混ざると確実に浮いちゃうわけで。
役者を声優に起用するのはいかがなものかと思います。

声優と言えばエヴァでカヲル役を演じた石田彰さんが、最近はCSでドキュメンタリーのナレーションをやってるのです。
石田さんは声優としては上手いと思うんですけど、ナレーターはダメですな。
なんというか、アニメキャラがドキュメンタリーの台本渡されて内容のことはよく分からないけどとにかく上手に読んだんだからこれでいいでしょ?という感じなんですよ。
ナレーターが読んだという感じがしない。ぶっちゃけ、言ってることに説得力を感じない。
他のベテラン声優がナレーションやったのでそう感じたことはなかったんで(最近はベテラン声優を起用したことを番組の売りにしてるドキュメンタリが多いのです。釘宮さんら起用されてます)、石田さん独特の現象なのだと思います。
でも、石田さんが起用されたのって「石田さんの声が聞きたい」という層を取り込むことを目的にしてるんだろうから、それでいいのか?

まあ、モチはモチ屋ということにしていただきたいなあと。

高橋一生、スナフキンになる「子供の頃から大好きでした」ムーミン谷のなかま入りに歓喜
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=137&from=diary&id=5529629

しかし初代スナフキンの声の方は声優よりもドラマのほうが多く出演してて、刑事ものや時代劇で悪役もやってたんですよね。ちょっと小太りな方で、外見はスナフキンのイメージとはかけ離れた方でした。
6 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する