ホーム > mixiユーザー(id:1041518) > mixiユーザーの日記一覧 > 最後の「桃の忌」

mixiユーザー(id:1041518)

2020年02月22日11:40

72 view

最後の「桃の忌」

昨夜は池井昌樹さんに声をかけられて会田綱雄さんを偲ぶ「桃の忌」に出かけた。冒頭の池井さんの挨拶で、今年が30回目で、これを一つの区切りとしたい旨が伝えられた。イレギュラーで今後何か企画するかもしれないが、毎年の「桃の忌」は今回で終りということだ。30年間、よく続けてこられたなぁと池井さんの会田さんへの想いの深さを思った。初めて参加した私と北島さんは今日一度だけだったけど来れてよかったねぇと言いあった。『森羅』のもう一人の同人、粕谷栄市さんは何が何でも行くと言われていたようだがドクターストップもかかっているので、池井さんが固く禁じたとのことであった。

着いたらすでに来られていた渡辺めぐみさん、久しぶりの中上哲夫さんに会い何となくほっとする。北島理恵子さんや松下育男さん、金井雄二さん、井川博年さん、小池昌代さんも間もなく到着した。以前、廿楽順治さんがこの会のことを書かれていたので見えるかと思ったが会えなかった。手紙のやりとりはしていたが初めて会ったのが和田まさ子さん(詩集『軸足をずらす』で昨年の詩歌文学館賞)。郷原宏さんとも初めてお話をした。福間健二さんは今度6本目の映画「パラダイス・ロスト」が公開されるそうだが、みんな彼を“監督”と呼んでいた。二次会では私と席を交換してまで焼き物などに励み、あぶったり切ったり配ったりマメであった。料理好きだなあと感心していると、「監督は雑用係だからね」と言っていた。また最終の私鉄が亡くなる時刻まで飲んでしまった。最後に御茶ノ水まで話していたのが江代充さんで、昨年の高見順賞の『切抜帳』を読んでいなかったので私の詩集と物々交換する約束をして別れた。

会田綱雄さんには生前一度だけお会いしたことがある。『詩人会議』誌に連載した「詩人交遊録」のインタビューに行ったのだ。その日同行し、文章化してくれたのは当時編集員だった中村明美さんである。会田さんがインタビューのあと数か月後に亡くなったと最近知った。連載は1990年1〜3月号だった。亡くなったのは2月22日である。念のためコピーを池井さんに渡したが、すでに持っていた。会田愛からすれば当然な気もするが。「でもせっかくなので戴きます」と受け取ってくれた。

マスク姿で電車の中で立っていると、誰かが私の頭をつつくような気がする。そういう時やおらそちらを見たりするとガンをつけたとか剣呑になるのでほっといたが、少し経ってゆっくり振り向いたら、それは私が抱えていた桃の木の枝であった。帰りぎわ、参会者に手渡された。池井さんの詩によく登場する奥様から。透明樹脂で花束のようになっていた。なんだ、おまえだったのか、と私は枝に向かってひとりごちた。桃の花というのは可愛いものだなと思った。もうすぐ桃の節句だ。

翌朝起きたら、カミさんが自作の花瓶にいれてくれていた(写真)。
11 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月22日 11:56
    大物詩人の方々と会われたのですねうれしい顔💕羨ましいなぴかぴか(新しい)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月22日 14:09
    花瓶も桃も、とてもいいですね。会田綱雄さんの最晩年に立ち会えて、今でもよかったと思っています。テープ起こしという仕事は、いろいろと勉強になりました。お話ではすべて話すわけではなく、言わなかったことばから、もっと深く前後を探っていくことができる。会田さんは、秋だったのに真冬のようないでたちで現れましたね。時代に立ち会わせていただいてありがとうございました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月22日 14:38
    > mixiユーザー 

    歳をとるまで詩を書いていると、年寄りの詩の友だちができるようになります^^;。あなたもすぐにそうなりますよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月22日 14:39
    > mixiユーザー 
    なれるといいなあわーい(嬉しい顔)💕
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月22日 14:48
    上手さん
    おつかれさまでした。緊張して出かけましたが、みなさんあたたかくお話に加えてくださり、しかも今年が最後ということで、貴重な時間に立ち会わせていただいたなと感無量でした。なかでも30年間「桃の忌」を続けてこられた池井さんと奥さまの思いが、会の隅々から伝わってきて胸がいっぱいになりました。ほんとうにごくろうさまでしたと申し上げたいです。吉祥寺には子どもが小さい頃数年住んでいましたので、いせやの焼き鳥もまたなつかしかったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月22日 14:49
    > mixiユーザー 

    池井さんは一度、しっぽを巻いて故郷に帰ったそうですが、再度東京にやってきたとき、会田さんひとりが親身になって面倒をみてくれたそうです。この前のジュンク堂でのトークでもそうでしたが、会田さんが出てくると俄然話が面白くなりますね。ところで、会田さんに会った時は、綿入りのどてらを着込んでいて汚かったよねぇ^^;。その日行った人はなぜか私に向かって「詩人はつきつめるとああなるんだよ」などと言ってたような記憶があります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月23日 09:48
    > mixiユーザー 

    池井さんがRikoさんを誘ったと聞き、心強かったです。数日後には野口さんの出版記念会もあり、お忙しいところお疲れ様でした。いせやというのは、一階はなんか大衆的な飲み屋ふうでしたね。今言われて気付きましたが、焼き鳥屋なんですか。すき焼き屋かと思っていました。そういえば焼き鳥も出ていたような^^;。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月23日 14:39
    会田綱雄さん。金子光晴研究会の企画で 会った。小石川後楽園の涵徳亭?。市原千佳子夫妻・山田八郎などが同席。 光晴のことを 話してもらった。昭和天皇が 「お下血」のころ。天皇が特別扱いされることについて「みんな平等に」と言ったことを覚えている。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月23日 14:52
    いせや総本店の高田渡
    https://www.youtube.com/watch?v=WBdBxPTZYbk

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月25日 18:58
    > mixiユーザー 

    そうだったんですか。市原さんは「歴程」に書いていた時期がありましたからね。粕谷さんとも親しいと言ってたしね。天皇について語ったというのは聞きたかったですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年02月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

最近の日記