ホーム > mixiユーザー(id:10383654) > mixiユーザーの日記一覧 > 一茶三昧

mixiユーザー(id:10383654)

2019年09月15日07:58

56 view

一茶三昧

 宿坊(内部をリノベ―トした落着いた宿)に泊めて頂いたからという訳でもないが、早朝に戸隠神社の宝光社・中社を参拝した上で信濃柏原の一茶の里へ。記念館・俳諧寺・墓・旧居など一茶三昧。金子兜太の『小林一茶 句による評伝』を拾い読みしながらだったことも加わって、以前とは違う印象を持った。
時間があったので、15分ほど走って野尻湖畔へ(ナウマンゾウ博物館へも立ち寄った)。

 野尻湖から440劼鯑佑蛋って、たそがれ時には帰宅。三昧旅終了、アァーシンド!
今回は、「良寛さんの後に5千年前の火焔土器、一茶の後に5万年前のナウマン象」と図らずも奇妙な旅になった。


写真左:最も一茶に似通っているといわれる像。小さな像だが、なるほど荒凡夫と金子兜太に言わしめた面構えだ。
写真中央:一茶記念館裏にある俳諧寺(明治43年に建てられたお堂。俳諧寺は一茶の俳号)、天井に著名な俳人・文人たちの俳句筆跡があった。
写真右:最晩年を過ごした蔵

7 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月15日 09:00
     自家用車での遠出お疲れさまでした。私は、今年、免許を返納しました。自家用車でのお出かけの旅日記いいですね。
     野尻湖は、OBオーケストラ団員時、年の一度の夏期合宿で4度ほど車で団員の方をお乗せして出かけた十年前を想い出しました。懐かしいです。
     戸隠神社など方々へドライブされたことは、よかったことと思っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月15日 12:00
    お疲れさまでした。多彩で充実した良いドライブ旅行でしたね。一茶の像は初めて見ました。確かに荒凡夫とは言いえて妙。続編が楽しみです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する