ホーム > mixiユーザー(id:10309938) > mixiユーザーの日記一覧 > コロナ大戦後の世界がどうなっているか。

mixiユーザー(id:10309938)

2020年03月22日06:21

18 view

コロナ大戦後の世界がどうなっているか。

■イタリアの死者4千人超える 新型コロナ、北部で猛威
(朝日新聞デジタル - 03月21日 04:17)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6016675
コロナ大戦後の世界がどうなっているか。

経済を破綻させることなく、速やかにコロナを終息させた国が、この大戦の戦勝国

ということになりそうですね。

意外に日中間の航空路の復活が、一番早くなるのかも。

いま欧州と、米国のニューヨーク、ロスなどの大都市を結ぶ航空路が、コロナ

ショックのピークを迎えているわけで、その経済の再生が始まるには、さらに

相当の時間と犠牲を要することになりそうだから。

考えてみれば、二次大戦で本土の被害を全く受けず、最小の被害で乗り越えた

米国が、世界の覇権を握ったわけで。

コロナ大戦の戦後体制も・・・
0 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月22日 06:28
    当初対岸の火事として、東アジアの事態を眺めていた欧州人に、航空路網と、

    ネットで結びつけられた世界に、対岸なんて存在しないと言うことを思い

    知らせたのだろうと思いますね。

    地球の反対側での出来事も、人ごととしてすませられないほどに、世界は

    一つに結びついている。

    疫病でも、経済でも。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月22日 23:23
    ライブ会場や、医療機関や施設など、限られてクラスターなら、制御できる

    ようですが、一つの都市そのものがクラスターという規模になると、

    完全な医療崩壊が起きて、大量の死者の発生が阻止できなくなると言う

    ことのようですね。

    日本もまだ、ぎりぎりのところで都市クラスターの発生を阻止している

    ところと言うことのようで。

    まだまだ制圧したなどといえる状態では、ないということですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月23日 05:26
    今や国防の要は軍事ではなく、防疫と防災ということになりそうですね。

    二次大戦型の戦争は、二度と起こらない。

    いつの時代も、国家は一つ前の形の戦争に備えて、軍備を固めるけれど、

    一つ前の時代の戦争が繰り返されたことは、一度もないから。

    今米中の論争が起きているように、次の戦争は確実にウイルス戦争になる。

    自国が防疫体制を準備した上で、相手国の国内にウイルスを頒布する攻撃。

    誰がやったのかの、足がつきにくい戦争。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!