ホーム > mixiユーザー(id:10291217) > mixiユーザーの日記一覧 > 取り調べの担当者とその上司の犯罪は裁かれないのでしょうか?

mixiユーザー(id:10291217)

2019年10月23日17:49

28 view

取り調べの担当者とその上司の犯罪は裁かれないのでしょうか?

 自白調書が裁判の決め手となったとあります。自白の強要があったとしか考えられません。取り調べに当たった警察官の犯罪は裁かれないのでしょうか?また、その上司も同罪でしょう。


【以下ニュース引用】

元看護助手、無罪確実に安堵
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5835991

 滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、人工呼吸器を外して男性患者を殺害したとして殺人罪で服役後、再審での無罪が確実となった元看護助手、西山美香さん(39)=同県彦根市=が23日、大津市内で記者会見し「早く無罪が決まると両親が安心するので、ありがたい」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。再審公判で検察側は有罪立証しない方針を固めている。

 西山さんは03年5月に男性患者(当時72歳)の人工呼吸器のチューブを外して殺害したとして、懲役12年が確定した。12年に申し立てた第2次再審請求で大阪高裁は17年12月、有罪の根拠とされた自白調書は誘導で作成された恐れがあると指摘し、男性は自然死の可能性があるとして再審開始を決定。今年3月に最高裁も支持して再審が決まった。大津地裁での再審の進め方について地裁、検察、弁護側の3者協議が続いていたが検察側が有罪立証を断念する方針を固め、無罪となることが確実になった。

 西山さんは、検察側が大阪高裁決定を不服として最高裁に特別抗告したことを念頭に「今まで抗告してきたのは何なんだと思う」と憤った。検察、弁護側双方が初公判での結審と今年度内の判決を求める書面を地裁に提出していることから、西山さんは「(検察側も)1回で終わらせることには驚いたが、うれしい」と笑顔を見せた。ただ、無罪が最終的に確定していないこともあり「裁判所の判断が不安だ」と明かした。

 再審公判を巡り、3者協議で検察側は当初、有罪立証をする考えを示していた。ところが、9月の協議で検察側は「新たな証拠立証をしない」と方針転換した。

 会見に同席した弁護団は、検察側が有罪立証を断念した理由について、検察側が提出した書面などから「殺害に関する西山さんの自白は信用性が足りないとした大阪高裁決定を覆す、新たな証拠の提出は困難と判断した」と説明。井戸謙一弁護団長は「無罪はほぼ確実になった。再審が申し立てられた段階で証拠を精査していれば、もっと早く結論が出たはずだ」と検察側を批判した。

 一方、大津地検は23日、「新たな立証はせず、(これまでの裁判で)取り調べられた証拠等に基づき、裁判所に適切な判断を求めることにした」とのコメントを出した。【諸隈美紗稀、礒野健一、小西雄介】

滋賀・湖東記念病院事件

 湖東記念病院(滋賀県東近江市)で2003年5月、入院中の男性患者(当時72歳)が死亡。県警は04年7月、任意聴取に対して「人工呼吸器のチューブを外した」と自白した看護助手の西山美香さんを殺人容疑で逮捕した。西山さんは公判で否認に転じたが、捜査段階の自白調書が決め手となり、07年に最高裁で懲役12年が確定した。第1次再審請求は11年に棄却が確定。第2次再審請求は15年に大津地裁で棄却されたが大阪高裁が再審開始を決定し、最高裁で確定した。西山さんは高裁決定前の17年8月に和歌山刑務所を出所した。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する