mixiユーザー(id:10258677)

2020年11月25日23:57

62 view

「シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!」恋の使いのてんやわんや

と〜っても面白かった。ロマンティック・コメディで歴史絡み、
もう好みにピッタリで、大満足。久しぶりに★5を付けちゃった。
歴史好きな連れ合いも楽しんでいた。

「シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=5048063

https://cyranoniaitai.com/

1895年、大女優サラ・ベルナール(クレマンティーヌ・セラリエ)が
主演なのに退屈と、上演打ち切りの抒情劇『遠い国の姫君』。
作者は詩人のエドモン・ロスタン(トマ・ソリヴェレス)。

スランプのエドモンに、名優コンスタン・コクラン(オリヴィエ・グルメ)を
紹介するから、2時間後に作品を持って会いに行けと、サラは言う。

カフェで黒人の店主のオノレ(ジャン=ミシェル・マルシアル)に
ヒントを得て「シラノ・ド・ベルジュラック」と題材だけは決まった。
コクランからは「喜劇、3幕、明日から稽古」ととんでもない話。

そこに友人で俳優の、美男だが粗野なレオ(トム・レーブ)が現れ、
衣装係のジャンヌ(リュシー・ブジュナー)を口説く相談を持ち掛けられる。

ロミジュリのように、バルコニーのジャンヌを下から仰ぐレオ。
エドモンはロマンティックな言葉をレオに教え、ジャンヌはウットリ。

そしてエドモンはこれを題材にと、レオに成り代わって手紙を書く。
しかし妻ロズムンド(アリス・ドゥ・ランクザン)に誤解され…。

一方舞台は、女優のマリアもコクランも、私のセリフが少ない、
決闘場面を入れろ、息子を使え…と言いたい放題。
しかもコクランの借金に、舞台使用禁止命令が出て…。

追いかけられる執筆、妻との諍い、舞台の揉め事…
果たして初日は迎えられるの?と、ハラハラさせる。

オノレの名演説、マリアの励ましのセリフなど、
そこだけで胸を打つ言葉が鏤められ、なのにマリアが一瞬後にひっくり返したりと、
展開が実に面白い。

さぁやるぞ!の意気込みに「ボレロ」の曲が被さって盛り上がり、
ホントによくできている。監督・原案・脚本は、
舞台が大評判で、映画化に乗り出したというアレクシス・ミシェリ。


ネタバレになるけれど、歴史で分かっているからいいよね。
エドモン・ロスタンのこの劇は、初日から大評判で、
なんと連続500日も上演が続いたという。

映画のエンドロールになっても、席を立たないこと。
コクランからドパルデューまで、代々のシラノを演じた俳優の写真、
実在のマリアやロザムンド、そしてエドモンの写真も楽しめる、

シラノ・ド・ベルジュラック(1619-55)も実在の人物。
剣豪作家、哲学者、理学者で軍隊にも行き、100人相手の武勇伝もあり、
自由思想家や文人と交わり、『月世界旅行記』『太陽世界旅行記』まで書き、
同性愛の相手に送った恋文も残っているとか。

彼の書いた本をモリエールが剽窃し、それで彼の本が知られたり、
このロスタンの劇で有名になったのは、少々お気の毒?

材木でぶん殴られたのは事実らしいが、死亡原因は梅毒だそうで、
男女共ご不自由は無かったのかも? 大きな鼻でもないような。
ウィキの絵では、確かに大きな鼻は描かれていませんでした。

ただ、この邦題、ヘンじゃない? 原題の「Edmond」では日本人には分からない。
でも「会いたい」じゃなくて、「シラノ・ド・ベルジュラックの恋文騒動」とか?
12 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月26日 01:33
    評判が良さそうなので興味はありますが、これもWOWOW待ちかなぁ。
    それ以前に自分はキチンと『シラノ・ド・ベルジュラック』を知っているのだろうかという疑問。(苦笑)
    何度も映像化もされているし、観るべきはそっちが先かも。冷や汗
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月26日 08:57
    > mixiユーザー まぁ、そんな固いことをおっしゃらずに、「でか鼻のオジサンの恋の取り持ち+秘めたる純愛劇」を製作する、「生真面目な遅筆亭井上ひさし+我が儘女優+身びいき俳優+借金取り」の組み合わせですもん、面白くならないわけがないでしょう。でも、広々の映像美というわけではないので、お家観賞でも、集中して観ることが出来て、笑って楽しめるとは思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月27日 08:53
    なんと良きタイミング!昨日、観てきました〜ヽ(^。^)ノ
    いやあ〜、面白かったですよね。私も、結構、☆の数、多くなりそうです。
    もう、何も考えないで楽しめました。
    テンポいいし、いろんな騒ぎが起こってゆくエピソードも上手に入ってましたよね。
    邦題、そう、さすがに原題のままだと訳がわからないので「シラノ〜」にしなきゃいけなかったんでしょうが・・・。
    私はtamaさんのそのタイトルに大賛成!DVD等になった時には、是非、そのタイトルで!?ウインク
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月27日 11:28
    > mixiユーザー 何も考えないで楽しめる映画に出会えた〜!って感じですよね。もう、ほんとに面白かったです。ところで、エドモン氏は後ほどですが離婚して、女優さんと結婚したんですって〜(ゴシップ)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月12日 23:33
    こちらには、やっと来たので、拝読できました。
    立ち塞がる、困難にもめげず、舞台人の心意気を示せの「ショーマストゴーズオン」の気概にそって描かれているので、弛むことが無く、終わりまであっという間でした。
    全然違うかもとれないけれど、カルロス・サウラのフラメンコ劇団を舞台にした「カルメン」が、戯曲になぞらえた出来事が起きつつ、フラメンコの舞台を創作していくのですが、「シラノドベルジュラック」の話の趣旨が、劇作家のドラマとして、巧みに取り込まれてました。
    私も、久々に「ボレロ」を耳にするシーンは、高揚感が増しました。ただ、第四幕の場面も、そのまま、舞台の描写で見たかったかなぁ。初演が、成功裏に終わるか、緊張の糸が貼られていただけに。
    私は、邦題については、「健闘」したかなぁって思います。
    なんとか、芝居の話だって、情報は与えないといけないし。ただ、どれだけ、「シラノ」に、日本人が馴染みあるかに、映画の浸透が掛かってますが。特に、批評家の間でも、盛り上がって無かったし。土曜夕方の上映、女性客の姿はなく(妻は、仕事があるので、辞退)、私よりも、もっと人生の先輩が、あとから着席されて。ただ、上映中笑ってたのは、もっぱら、私でしたが。まあ、いびき、かかれなかっただけ良かったけれど。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月15日 21:04
    > mixiユーザー 批評家には、分かりやす過ぎて、蘊蓄を言えないうらみがあったのかも。ひたすら面白いのにね! 
    そうですね、第4章を映画にしちゃうか、舞台にするかで、大分、感じは違うでしょう。お芝居だったらどんなか、想像するのも楽しいかも?
    私も、口を押えて笑っていました。他にも笑っている人いましたよ〜!

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年11月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930