mixiユーザー(id:10258677)

2020年07月31日23:48

47 view

「剣の舞 我が心の旋律」 ハチャトゥリアンの知られざる姿

ハチャトゥリアンというと、「剣の舞」と「仮面舞踏会」のワルツが思い浮かぶ。

「剣の舞 我が心の旋律」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=5000101

https://tsurugi-no-mai.com/

グルジア(現ジョージア)のアルメニア人家庭に生まれ、
民族音楽を聴いて育ったハチャトゥリアン(アムバルツム・カバニアン)。

1942年、39歳のハチャトゥリアンは、レニングラードバレエ団のため、
「ガイーヌ」を作曲していた。

しかし、演出家のニーナは細かくやり直しを出し、彼はイラつく。
弟子のゲオルギーと、ソリストのサーシャは、そんな彼をそっと応援する。

やっと仕上がったゲネプロの日にやって来た文化庁のプシュコフは、
最後を勇壮なダンスで締めくくれと、勝手な変更を命じる。

しかもサックス奏者のアルカジーに、ハチャトゥリアンの動向を探らせる。
このプシュコフには、ハチャトゥリアンを苛め抜きたい理由があった。

1日しかない。必死でピアノに向かい、ペンをとるハチャトゥリアン。
やがて彼の中に、外の列車の音がリズムを刻み、音が響き出す。

第二次大戦下のソ連の、暗い抑圧された重苦しい空気、
スターリン賞受賞で体制に認められていても、スターリンの恐怖政治下だ。

国家のためにとの命令に振り回され、従わざるを得ない芸術家たち。
万一、党のイデオロギーに反していると当局に指弾されたら、
芸術活動の禁止のみならず、粛清の対象となるかも知れない。
(事実、後年、彼はショスタコーヴィッチら共々「ジダーノフ批判」で
自己批判に追い込まれて、10年近く不遇であったとか)

故郷の草原や人々の明るさに救われる。
ヴァイオリニストのオイストラッフと、作曲家のショスタコーヴィッチと
彼の3人が飲み交わし、貧しいアコーディオン弾きを助けようと、
街角で四重奏を奏でてお金を集める場面がとても楽しい。

若い頃に有名なバレエ曲はかなり観たつもりだったけれど、
また「剣の舞」の部分だけは見ているけれど、「ガイーヌ」は未見だった。
集団農場の娘の恋といういかにもソ連の「社会主義リアリズム」のテーマ。

そして「剣の舞」が、トルコに蹂躙されたアルメニアの歴史だったとは。
ハチャトゥリアンの姿が、当時のソ連社会の中に描かれて興味深い。

「仮面葡萄会」のワルツは、浅田真央が2008〜10年頃にフリーに使った曲。


12 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 00:28
    伝記映画なのですか?
    私もハチャトゥリアンと聞くと『剣の舞』くらいしか知識は持ち合わせてないです。
    歴史の勉強になりそうな作品ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 00:47
    伝記と言っても「剣の舞」の完成までの短い間です。
    ストーリーとさほど絡まないのですが、オイストラッフとショスタコーヴィッチがそれぞれご本人に感じが似ていて楽しめました。
    やはりソ連では、作曲ですら国家体制に沿うものでなければならなかったのですね。「連邦」だったので、民族性はOKだったとか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 06:58
    この映画観たいです。(果たしてこちらに来ているかも疑問。。)
    アルメニアはオスマン帝国により100万人以上虐殺されていて4月には恒例の追悼式典があるそうです。恥ずかしながら私は知らなかったのですが、私が注目しているアルメニア人のヴァイオリニストやチェリストがその頃が近づくとアンコールで、アルメニアに捧げる、と一言、そして演奏するのでそれから調べて初めて知りました。

    ハチャトリアンというと「剣の舞」ぐらいしか知らなくてそれもきちんと聞いたこともない。ただメロデイ〜は親しみのあるものでした。バレエシーンも美しいですね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 09:11
    ガイーヌ、剣の舞、ハチャトゥリアン!!
    ソ連現代史と芸術家群像には、背後の政治の暗黒を睨みながらも、ワクワクさせられるものがありますね。現代芸術論において不可欠の一節です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 17:22
    『ガイーヌ』は私も未見です。この作品は面白そうですね!

    「剣の舞」は先日出産したリプニツカヤが使っていました。
    エッジは浅いものの猛烈な演技で驚嘆しましたわ。
    https://youtu.be/iHEA3aXkLU4

    ググったついでに探したらアルメニアバレエ団の「剣の舞」を見つけました。
    https://youtu.be/OSmufaSHOpk

    振り付けは割と単純ですが、ギュッと凝縮したパワーの爆発を感じます。
    初演時、ゲネ終了後に新曲書き直しをやってのけたハチャトリアンも凄いですが、
    曲を差し替えられた振付師とダンサーはよく対応できたな…と感心しました。
     
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 17:29
    > mixiユーザー 私はこの映画を観るまでアルメニア人なんて知りませんでした。シャルル・アズナブールや、ブラッサイなどもそうなんですね。それと、オスマントルコの虐殺の話も、歴史で何か聞いたことがあったかな?くらいです。アルメニア人にとっては大きな出来事であったことは想像がつきます。国同士、民族同士の争いは、普通の暮らしを壊してしまいますね。
    民族音楽風の「剣の舞」とクラシックの「ワルツ」この2曲はたいてい耳にしていますね。「ガイーヌ」のバレエは楽しめました。通しで観たいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 17:32
    > mixiユーザー この当時の芸術家たちは、表現の自由を制限される中での闘いだったんだな、と改めて思わされました。その後、多くの芸術家が亡命しましたものね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 17:50
    > mixiユーザー リプニツカヤのステップ、凄く速いですね。これくらいのフィギュアスケーターがどんどん出てくるのですから、ロシアの訓練はどれも「オーバー・ザ・リミット」の新体操並みなのでしょう。
    おっしゃるようにゲネプロ後によくあれだけの振付とダンスを仕上げたものです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月02日 12:03
    全くのノーチェックでした。教えていただいて、ありがとうございます!
    ハチャトゥリアンは、お名前だけ・・・でも、真央ちゃんの「仮面葡萄会」で、あぁあああ〜となりましたあせあせ
    やっぱり、ハチャトゥリアンを知ってる人が観るべき作品なんでしょうか?(^-^;
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月02日 21:16
    > mixiユーザー 知らなくても楽しめると思いますが、映画としてもう一つ整理されてない感じがありました。お時間があれば…というところかもしれません。見て損したということはありませんが。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031