mixiユーザー(id:10258677)

2020年07月29日22:49

47 view

「プラド美術館 驚異のコレクション」 豪華絢爛

スペインはバルセロナには行ったが、マドリードまで足を延ばせなかった。
残念。本物を見たかったな。

「プラド美術館 驚異のコレクション」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4940842

http://www.prado-museum.com/

王立美術館として開館したのは1819年、200周年だそうだ。
15世紀以来の王室のコレクションは、その枚数、質において確かに驚異。

油彩画だけで7000枚を超え、ベラスケス、ゴヤ、エル・グレコ、
ヒエロニムス・ボス、フラ・アンジェリコ、ルーベンス、ラファエロ等々、
学生の頃から、美術書で何度も見たことのある画家の絵が並ぶ。

案内をするのは英国俳優のジェレミー・アイアンズ。
フラメンコも加えてスペインらしさを醸し出す。
広く豪奢な建物、歴史を描く数々の絵画に目を奪われる。

早くコロナ禍が終わって、自由に気楽に旅をしたい。
やはり本物を、あの建築の中で見たい…と旅に誘われる。

ーーーーーーー
4組の夫婦で、バルセロナからポルトガルのリスボンへの旅だった。
行きのヒースローでのトランジットで、米国の建築家一行と出会い、
中にフランク・ロイド・ライトの建築学校タリアセンで学んだという人がいた。

日本でライトの設計した建物が、一時期仕事場だったことを話し、
「素敵な建物だけれど、雨が降ると漏るので、雨漏りライトって呼んでるの」
というと、彼は「タリアセンは砂漠にあるから、滅多に雨が降らないが、
雨が降るとコートを被って図面を描いたよ」と2人で大笑いになった。

バルセロナではガウディ巡り。街を歩けば建築家に出会うから、
ガウディの建物を指さして、各国語であ〜だこ〜だと話し合うグループが。

サグラダ・ファミリア、グエル公園、グエル邸、カサ・ミラその他、
有機体のようなガウディの建物をひたすら見て歩いていた。

ポルトガルはリスボンの街を見た後は、オビドスからコインブラまでドライブ。
オリーブとワイン、ナザレの素朴な焼き鰯などが美味しかったけれど、
最後の夜のリスボンの中華料理店は、どうやったら、こんなに
不味い中華味が出せるのか?と悩むくらいだった。それまで懐かしい思い出。

13 17

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月29日 23:15
    旅情を思い起こす、本編という事でしょうか。
    美術展へ行くと、名のある方のガイドが聴ける、レコーダーが有料で借りられますけれど、ジェレミーさんのお姿付きだと、重みが違うのかな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 02:23
    世界中どこへ行っても中国人が経営する中華料理店があるイメージを持ってます。
    そしてどこでも一定の水準があるというイメージも…。
    そうじゃないケースもあるのですね。

    いつの日か機会があればプラド美術館には行ってみたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 09:27
    プラド美術館は初めてのアートとのスペイン旅行で行きました。たっぷり楽しむつもりが、急に時差ボケ症状が出て、念願のボスの三連祭壇画「快楽の園」の原画を楽しんだだけで、広すぎる館内をゆっくり鑑賞することができず惜しいことをしました。その後ソフィア王妃美術センターへ移動して、ピカソの「ゲルニカ」の原画を観にゆきました。日曜日でどちらもgratis{無料)でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 10:28
    初めてスペインへ行った後、夫はスペインオタクになりました。10数年スペイン人の先生に師事して、2度目に行ったのはわたしたち78歳になってました。自分たちでバスにも乘れたし、買い物もできて。イタリアには7回も行ったのにイタリア語は片言です。中華料理は日本が一番美味しいんじゃないかしら。ロンドンで、あちらの友人お勧めの店もまずかったし、スペインバスクの五つ星ホテルの中華もひどかったです。香港でも、味は雑にかんじました。
    プラド美術館もソフィア王妃美術センターも空いていてゆっくりできました。
    ピカソ美術館は、運わるく、隣国の団体さんと一緒になった想い出が。
    バルセロナ、モンジュイックの丘の上のミロ美術館はひろびろと美しくて、たのしい場所でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 10:37
    ライトと言って、思い浮かぶのは帝国ホテルです。
    こちらの皆さまは若いからライトの帝国ホテルはあまりご存じないかも。
    昭和28年、私ははじめて帝国ホテルの結婚式披露宴に列席しました。
    夢のようでした。
    仲人さんが二組で、武者小路実篤氏と、山本嘉次郎氏でした。
    歴史みたいね。
    数年後結婚した私は夫の仕事の接待で外国のお客様がくると帝国ホテルのロビーで待ち合わせしました。

    あのホテル、解体して何処かに保存されてるのですってね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 10:40
    私、ゲルニカ見たさに大昔マドリードに行ったんですが、もう、時間もなくて、美術館はそこだけに(^-^;
    ジェレミー・アイアンズの案内はいかがでしたか?
    私は後日配信で、かな?
    いや、でも、これ、大きなスクリーンじゃないと数々のコレクションの素晴らしさは堪能できないですよねあせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 11:15
    > mixiユーザー ごめんなさい、後半は旅を思い出しちゃって。
    映画を観ていて、展覧会で本物を見る方が…と思い、いや、どうせ見るなら、あの豪華な美術館に飾られている絵を観たい…スペイン旅行ではマドリッドは行き損ねたな〜という展開になりました。ラインを引きましたのでお許し有れ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 11:18
    > mixiユーザー 私も行きたい!でも行けるかな〜。
    そう、初めて酷く不味い中華にビックリしました。
    日本風焼肉店が、「これ違う! インドネシア焼肉!」というのには出会っていましたが。店員さんの着物の打ち合わせが反対だったしあせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 11:20
    > mixiユーザー 時差ぼけは起こると辛いでしょうね。私は帰国するとグースカ寝ますが、旅行中は普段の夜更かしのおかげ?で結構平気です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 11:31
    > mixiユーザー 二度目のご旅行でゆっくりされて良かったですね。ミロ美術館は私も行きました。あのカラフルな絵、結構好きです。
    帝国ホテルは、解体前に1回だけわざわざ見学に行っています。妹と2人でゆっくりティータイムを楽しみました。今は中央玄関だけですが岐阜県犬山市の明治村にあり、こちらも子供たちと行きました。
    今の帝国ホテルのロビーのガラスモザイクの壁面や照明は、知人の女性照明デザイナー多田美波さんの作品ですが、もう亡くなってしまわれました。どんどん歴史になってしまいますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 11:33
    > mixiユーザー ジェレミーのご案内は、落ち着いていてさすがに良かったです。
    ケスさんならまだお若くて時々イギリスにいらっしゃるし、マドリードまで足を延ばされてはいかがでしょう。本物を美術館の中で!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 13:55
    はじめてスペインに行ったときに押さえていたホテルはパラスホテルという古くて大きなところで、プラド美術館の至近に位置していたのが、嬉しかったです。
    そのためそこには数度行くことができ、ありがたかったです。スペインの美術には、独特なものがありますね。堀田善衛の大作の全4巻の「ゴヤ」を読んでいたのも、よかったですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 14:42
    tamaさんはじめ、皆さんの思い出話が素晴らしいですね。
    私はマドリッドには行ったことがありますが、プラド美術館は未見です。ルーブルもそうですが、入ったら見入って出てこれなくなるだろうってことで。絵画や彫刻は日本に来るかもしれない、でも建物や広場や空気感はそこでしか味わえない、そっちに時間を使おう、との考えからでした。
    まあ、その後宗旨替えして、ウフィッツィなど入るようになりました。
    スペイン、もう一度行きたいなあ!そのときは、プラド美術館も、サンチャゴ・デ・コンポステラも!(やっぱり建造物に興味)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 16:32
    はじめてスペインに行ったのは、まだ夫が現役仕事人だったころで、会社の取引先の旅行会手配を頼んでの二人旅でした。旅行代金も払い込んでの後、マドリッドのホテルがダブルブッキングなので、他のホテルに代えていいかという連絡。
    冗談じゃない、マドリッドは夢のリッツに泊まれるから選んだのにぃ、とごねるわたし。夫が交渉して、なんだかリッツは確保したということで。で、いってみたら、なんと、ホテルの部屋はジュニア・スイートというもので、みたこともない広さ。洗面所もトイレも4個ずつ。天蓋付きベッド。リビングルームつき。なんだか、ホテルの人はわれわれがフツー値段でスイートに泊まってるとはしらないらしく、応対はまことに結構なものでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 18:30
    > mixiユーザー 何度も通えたのは良かったですね。『ゴヤ』は図書館で借りて読みましたが、1冊目が20人くらい借りていて、2冊目10人くらい、3冊目が3人くらいで、4冊目は私が最初の1人でした本 堀田善衛は父の同級生で「堀田はませてたなぁ。大学の時から女性と住んでいた」そうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 18:34
    > mixiユーザー 我が家は連れ合いが建築物派、私が美術館と自然派なので、2人で妥協点を探します。確かに絵画や彫刻は日本にも来ますね。でも、その地、その美術館ならではの背景で見るのも良いですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 18:54
    それは良かったですね。私はアメリカでエアラインストライキに合い、飛行機会社が手配してくれたのがファーストクラス。国内線でロスからワシントンDCに飛んだだけですが、お酒や食事もきちんと出て待遇は良かったです。ホテルも良いお部屋の待遇はとても丁寧ですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031