mixiユーザー(id:10258677)

2020年07月16日23:12

39 view

「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」現代的な味付け!

オルコットの『若草物語』は、小学校の高学年の頃に読み、
中学生になって、この映画に含まれる『続…』で結婚に憧れ、
『第三…』ではジョー夫妻の「ベア学園」に自分の学園生活を重ね、
『第四…』の、三姉妹の子供たちの時代まで読んでいた懐かしい物語。

「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4975813

https://www.storyofmylife.jp/

長女のメグは本当は華やかなことが好き、ジョーは気が強く作家志望、
べスは誰にも心優しいが病弱、エイミーは現実的でちゃっかり屋。

あいにく映画は、その頃にテレビでしか観ていないのだけれど、
1949年版だったらしい。今回のエイミーが最初にピンと来なかったのは、
縦ロールの髪が印象的で、こっそり巻いて真似たことがあったから。

最初の刺繍のタイトルや、ところどころのシーンを覚えているし、
ジャネット・リー、ジューン・アリソン。マーガレット・オブライエン、
そしてエリザベス・テイラー、美人揃いで可愛らしく、
ジョーがバタバタやっても、優しいふんわりした雰囲気だった。



今回のグレタ・ガーウィグ監督の作品は、現代的になっている!
時代背景やストーリー、様々なシーンも同じなのに、雰囲気が違う。

パーティで一時の楽しみを味わうメグ(エマ・ワトソン)や、
お金持ちの祖父と暮らす隣家のローリー(ティモシー・シャラメ)と
付き合い始める闊達なジョー(シアーシャ・ローナン)、
ピアノをきっかけにローリーの祖父と打ち解けるべス(エリザ・スカンレン)
マーチ伯母(なんとメリル・ストリープ!)とエイミーの関係、
牧師の妻であるお母さん(これもなんとローラ・ダーン)の提案で、
クリスマスの朝ご飯を、貧しい家の子供たちに家族そろって届けに行く、
ジョーが母に渡すお金のために美しい髪をバッサリ切って売るシーン。

どれも知っているシーンなのに、この映画では、もう一歩、
彼女たちの、一筋縄ではない深い心情まで、踏み込んだ感じがする。
あの少女時代の四姉妹とは、べス以外は違う感じがする。

若い頃は、べスの限りない優しさや、メグの誠実な健気さに、
自分とは遠いものを感じて憧れ、ちゃっかり屋のエイミーは苦手だった。

この作品ではエイミーの成長ぶりというか、おとなの姿が描かれる。
貧しく暮らすメグの悲しみや、それを乗り越える強さも感じさせる。
もちろん、主人公のジョーは闊達で、自我が強く、生き生きとしている。

惜しかったのはローリーが何時までも甘やかされた坊やに見えること。
シャラメ、じつに綺麗な観賞用。大人になってからの深みが出ると良かったな。
とにかくこれはこれで、衣裳も風景も美しく、ひと時の楽しい時間。
8 12

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月16日 23:35
    「それから」で、松田優作さんが、仕事もせずに、優雅に遊び暮らす「高等遊民」を演じられてましたが。ティモシー君を見て、改めて思い浮かべたりして。でも、「なぜ、俺が、フラれなければならない」って凹み具合は、容姿はにてませんが、痛く共感できました。
    やっぱり、拝読していると、思いもちがうんでしょうね。ウイッキみると、4部作くらい原作はあるようで。内容を読むと、映画は原作3作くらいを、編みこんでいるみたいで。原作1作目のエピソードを過去の出来事として、映画では振り返る作りの分、キャラクターの心情が汲み取り易くなっているのかなぁと感じたりもして。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月16日 23:54
    > mixiユーザー 本のストーリーを全く知らない方は、時制が変わるので、むしろ読み取りにくいところもあるかもしれません。
    この映画は原作の1〜2部でした。3部はジョー夫妻のベア学園の話で、やんちゃな生徒たちとジョー夫妻の話が主です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月17日 00:00
    > mixiユーザー 原作読んでませんでしたが、今回の映画化を見て、時制が分かり難い事って、あるんですかねぇ。その切り替えが、とても、いいリズムでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月17日 00:01
    モダンな作風になってましたね。
    そこが好みを分けるかも…。
    冒頭の出版社のシーンはオリジナルだそうですね。
    いかにも今の時代という感じもします。

    映像が美しかったのが印象に残ります。
    シャラメ君、今後は何か一皮むける作品と巡り合うといいのですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月17日 08:09
    マイミクさんがアップデートしたという上手い表現を使われていましたが、まさにその通りで、現代版ですね。わたしは好きな現代版も好きです。四姉妹、それぞれに、そして、自然、風景と大団円のラストへの展開、音楽、どれもよかったです(*^_^*)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月17日 09:09
    > mixiユーザー 原作やおよそのストーリーを知らなくても、大丈夫なら良かったです。私は「あ、ここは過去」という確認作業があったので分かりにくい人もいたかなと思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月17日 11:32
    > mixiユーザー 主人公の意識も、今の時代を加味していると思いました。欲望に素直で、でもそれが無理というところでの葛藤。そして判断はいかにもあの母親に育てられた4姉妹らしい。メグの絹布を巡る夫婦の話など、オー・ヘンリーの短編「賢者の贈り物」を思い出しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月17日 11:35
    > mixiユーザー 私も、4姉妹の葛藤や生き方が現代の女性にも共通するから、これだけのヒットだったのだな…と思いました。1949年のほのぼのした雰囲気とは変わってしまいましたが、これはこれで素敵でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月17日 13:23
    >惜しかったのはローリーが何時までも甘やかされた坊やに見えること。

    あぁああ〜、確かに、そうですね。
    私、かつての『若草物語』観たくなってきました!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月17日 15:41
    1949年版の動画をありがとうございます!(^^)
    『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』とは別物ですね。
    ベスが贈られたピアノのお礼を言いに行くシーンは昔の方が良かった。
    新作ではやや扱いが軽かった気がします。

    また、旧作では、エリザベス・テイラーがエイミーだったとは。
    ひときわ派手な顔立ちでロングショットでは他の姉妹と違いすぎました。
    広瀬すずも似たような感じ、綺麗すぎるのは時として難しい。
    tamaさんがゴージャスな縦ロールに憧れた気持ち、分かりました。(^^)
     
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月17日 16:53
    > mixiユーザー でしょ! ジョーが惚れるにはもう少し大人っぽくないと。彼も美少年過ぎる口かもしれません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月17日 16:54
    > mixiユーザー あいにく私はショートカットが多くて、縦ロールは叶いませんでしたあせあせ。小学校の4,5年生のポニーテイル、子育て中は美容院にも行けなくてのロングヘア、リタイア後しばらくのばしてアップに、合計5年くらいかな。
    エリザベス・テイラーは、わがままなオシャレなエイミーには結構はまっていましたよ。それでも美人過ぎますね。ベスは何とも純情可憐でした。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031