mixiユーザー(id:10258677)

2020年06月29日00:49

59 view

「その手に触れるまで」 イスラム過激思想と少年

未熟な少年を過激思想に染めるのは、容易いことなのかもしれない。
そして染まった色を抜くのは困難を極めるのかも…。

「その手に触れるまで」

http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4975817
http://bitters.co.jp/sonoteni/

イスラムの少年アメッド(イディル・ベン・アディ)は13歳。
母と姉兄と一緒にベルギーで暮らす。父が家を出て以来、
母はイスラムでは禁止されているアルコールをたしなむようになっている。

つい1か月前まではゲーム好きのごく普通の子供だったが、
イスラム教の導師の教えに、素直に潔癖で直情的に、礼拝時間は厳格に守り、
女とは握手をしない、背教者は殺せと、教えられたままを盲信する。

イネス先生(ミリエム・アケデュウ)は、放課後のアラビア語の時間に、
一般的な言葉の歌を歌って、日常会話が出来るようにと考える。
父母や生徒たちにはかると、コーランだけでと頑強に言い張る人もいる。

「コーラン以外の歌で教えるのは背教者だ」と導師に言われたアメッドは、
背教者は殺せとの教え通りイネス先生をナイフで襲って失敗。

少年院に送られる。

ナイフが無いからと、歯ブラシの柄を研ぎ、古い金具を引き抜き…。
映画は少年院でも頑なにイスラムの教えを守り、
イネス先生の面会を求めて、殺す機会を狙うアマッドに対し、
周りの大人たちの丁寧な関わり、少女との出会いを細やかに描いていく。


アマッドが未熟であるが故にか、なぜ彼が急激にイスラムに傾倒したのか、
その心のうちは語られない。そして終わり方もあまりに唐突。
一瞬のうちに彼は改悛したのか?

ダルデンヌ兄弟監督作品という期待が大きかっただけに、
イスラム過激派となる心情を知りたいとの思いがあっただけにやや肩透かし。

思春期に入りたての少年は、こんなにも盲信し容易いのか、
無垢で純真で、無知で素直であれば、宗教を装って、
過激思想に染めることは、これほど簡単なのかと思うと暗然とする。
★は3.5
11 9

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月29日 02:00
    やはりドラマ優先のtamaさんにはイマイチでしたか。
    ストーリー性に重きを置かれてないので、そういう印象を持たれるかなと思ってました。
    最初からダルデンヌ監督は動機付けを描かない方針だったそうですね。

    日本でも民族主義者やろくに考えもせずにヘイト運動を起こす人たちを非難するのは簡単だけど、それではいつまでたっても平行線。
    ラストが短絡的にも思えますが、教訓めいた説話と思えば意外でもないです。
    (『ロゼッタ』を見た時のラストに近い気もします)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月29日 08:32
    苦言を呈してしまうようで申しにくいことなのですが、この映画はアメッドの「凶行」がひとつのサスペンスの魅力ではありますから、ここまでストーリーを説明してしまうのは宜しくないと思います。

    で、いささか物足りないのは僕も同感なのですが、説明し過ぎない、ストーリーで問題を安易に解決せず、観る者に考えさせるのがダルデンヌ兄弟流ですから。
    ただ、最近の何本かは物語として収まりが良くなってましたので、昔の作風に戻ったきらいはあるのかも。

    僕も日記で述べたのですが、アメッドは13歳で、いちばん「正義」に敏感に影響され易い年頃だったと思うのですよ。僕らの子供時代に漫画やアニメに感化されるように。
    そこで、欧州で生きるムスリムたちの居心地の悪さを肌で感じたネガティブな心境も反映されているんだな、というのが容易に伺えるのですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月29日 09:23
    最後に「頭打って」目が覚めたのかなあ?(笑)
    あのラストシーンも賛否両論でしょうね?
    僕はもう容認しちゃいましたが・・・あせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月29日 09:44
    > mixiユーザー 微妙な感情の動きを追う作品も好きなのですが、思春期の少年だったらハマることもあるよね、とか、え?これで短絡しちゃうの?とか、動機づけのない分、単純に環境への反発だけ?ということや、え?あれで改悛しちゃうの?とか、ここで終わるのか?でした。理解が浅いのかな…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月29日 09:49
    > mixiユーザー ごめんなさい。日記を書き始めたのは、第一に物覚えが悪くなった私のためなので、ご覧になる前の方はパスしてくださいっていちいち書いた方が良いかしら。
    確かに他国に逃れて、しかもそこでもイスラムの信仰や習慣を守ろうとするか、何とか折り合いをつけるかは、人さまざま。イスラムの中でも軋轢のある所というのは良く分かりました。
    ラストシーンは、私は納得せずです。あれで?それならあの信念はどこに行ったの? それほど簡単に変えられるものだったのかと。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月29日 10:35
    私も遠出して観て来ました!
    大好きなダルデンヌ兄弟監督作ですもん。見逃すわけにはいきません。
    確かに、ラストはやや物足りない感じが残りましたよね。
    冒頭の場面とつなげて・・・まあ、うん、これでいいのかって、納得はできましたが。
    この監督作の特徴はおそらく「小さな変化」
    エンディングで、まずは、あの変化を見せたんだろうけど・・・その後は・・・って、ちょっと気になったり。
    まだ公式HPさんも見てないし、ちゃんと考えてもいないので、あまり多くは語れず、ごめんなさい。
    13才っていう設定も、微妙に上手い設定なのかなと。
    でも、そう、刺すっていう(未遂なれど)行為まで行ったのは、かなり過激思想ですよね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月29日 12:30
    私はネタバレ大歓迎です!この記事はとても嬉しいです。 \(^o^)/
    観られない作品は積極的に「ネタバレ 結末」で調べるくらいですから。笑 自分も基本的にネタバレ全開でレビューしています。
    ネタバレが嫌な人は未見の作品情報に触れなきゃ良いだけ。もったいぶってネタバレ禁止にするかどうかは個人の自由だと思います。(「結末を人に言わないで」と宣伝している作品は例外ですけど)
    ただ、ネタバレ読んで怒る人のためには断っておく方が無難かもですね。

    さて、前置きが長くなりましたが。

    13才といえば中一クライシス。
    この前後の年齢で不可解な凶行に走る少年って日本でも割といます。
    (私は昔から凶悪な少年事件とその背景をウォッチしてきました)
    大人が聞くと、アホか?って理由で人を殺したりするんですよね。
    男性ホルモンが爆発的に増える時期は、暴力に走りやすいです。

    矯正教育でコロッと変われるかどうかは当人次第と思いますが、一般的に、凶行に走る少年は「愛が薄ーい育ち」をしています。まずそこを補って本人の心が潤うと、矯正されやすいみたい。
    (強度のパーソナリティ障害は、その限りではありません)

    父親に捨てられ、アルコールに走る母親を不潔に思い、強い不満と寄る辺なさを溜め込んでいる短絡思考の少年が、頼もしい父のような導師の言に洗脳されるのは容易いことかと。
    現実に対する鬱憤晴らしの標的を示され、攻撃は正義だって背中を押されたら、規範意識や自己抑制力が乏しい少年は唆しに飛びついちゃいますよ。

    ただ、『SKIN』のように幼児期から長期で洗脳された子たちと違い、短期で洗脳された子は、比較的救いやすいのではないかしら。あくまでも一般論ですが。パッと強硬に走り、コロッと改心する。そんな物語かな?
     
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月29日 19:28
    > mixiユーザー ダルデンヌ兄弟の「ロルナの祈り」とか「少年と自転車」「午後8時の訪問者」とか、外れ無しだったんですけれど、今回はイスラム過激思想の少年を描くというので、期待し過ぎたのかも。
    簡単に染まっていて、簡単に改悛? 周りの大人たちの淡々とした支えが、少しずつ彼を変えていく様子もあまり感じさせてくれない…気付かずに見逃したのかしら?と振り返っても思いつかなかったり。不消化でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月29日 20:05
    > mixiユーザー そうですね。ネタバレと思われそうなときは、前に書いておくことにします。
    アメッドは父親には捨てられ、その時から母親はイスラムでは禁止のアルコールをたしなみ、姉は肩を出した、アメッドに言わせると娼婦みたいな恰好をする。もともと生真面目な彼が宗教に深入りするのは理解しても、あんなに簡単に人殺しまで企てちゃうとは。オウムも同様でしたが、宗教が救いに見せかけて利用する厭らしさは感じさせてくれました。でもそこも私には不満で、すごく単純化されていて、イスラム教を信じる普通の人と、飛び越えてしまう狂信者との境目というか、もう少し突っ込んでほしかったなぁと残念でした。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年06月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930