mixiユーザー(id:10258677)

2020年02月14日22:18

66 view

「ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏」 これが実話…

ローラ・アルバートは、「J・T・リロイ」のペンネームを使って小説を書いた。
虐待を受けて不安定になった時にかける電話で名乗っていた名前だった。
ペンネームの使用には何ら不思議はないが、「自伝」で売り出されて評判になる。
母親に強制されて男娼になったというセンセーショナルな少年の「筆者」。

ローラは、恋人の妹サヴァンナ・クヌーに男装をさせ、架空の美少年の筆者を作り出す。
作家デニス・クーパーが押し、読者としてマドンナやウィノナ・ライダーもおり、
2004年には、イタリアの女優アーシア・アルジェント監督で小説は映画化される。
そしてこの作品は、1999〜2005年に起きた、スキャンダルとなった実話の映画化。

「ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4911375
http://jtleroy-movie.jp/

田舎から兄ジム(ジェフ・スタージス)を頼って出てきた
少女サヴァンナ(クリステン・スチュワート)、
兄の恋人ローラ(ローラ・ダーン)は『サラ、いつわりの祈り』を書くが、
男娼の「J・T・リロイ」という少年の自伝だと偽っていた。

出版社との打ち合わせには本人が必要とされ、
ローラがサヴァンナに提案したのは、
小説の主人公、ゲイの美少年J・T・リロイになりすますこと。
そして、描かれた過酷な人生を、「自伝」だと言って売り込むことだった。

金髪にサングラス、キャップを深く被った謎めいた美少年に、
マスコミは興味津々。本は大ヒット、映画化の話まで出る。
サヴァンナは戸惑いながらもリロイの役割を果たし、ローラは付き添う。

「マリッジ・ストーリー」の弁護士役でアカデミー賞の助演女優賞を受けた
ローラ・ダーンが、押しが強く他人を巻き込んで突き進む女性を怪演。

美少年と見紛うクリステン・スチュワートも見応えがある。
最初は躊躇いながら、徐々にのめり込んでいく姿が上手い。

サヴァンナの書いた「ガール・ボーイ・ガール 」に基づいた
この映画もまた、事実そっくりの怪作でした。★3.5くらいかな。

「作家、本当のJ・T・リロイ」は、ローラ側からのドキュメンタリー。
https://www.uplink.co.jp/jtleroy/

14 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 00:23
    ああ、この名前、どこかで聞き覚えが…と思ったらあの映画でしたか。
    どちらも見てないのですが、両面から見るとまた面白そうな題材ではあります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 01:16
    こちらの方が、クリステンが演じているだけあって眼福。
    ドキュメンタリーの方も、よく似ていますが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 10:12
    私も観たい作品なんですが、関東では、東京の3館のみの上映涙
    ドキュメンタリーの方は、早速アマゾンのウォッチリストへ。
    今作、今日から、公開でしたっけ?ということは、試写会ですね。いいな、いいな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 12:10
    私は、ウディ・アレン作品の「カフェ・ソサエティ」でしか、馴染み無いのですが。クリスティン・スチュワートさんは、私生活でも、男女分け隔てなく(今は、女性とらしいですが)交際されていて。見ないけれど、今度の再映画化の「チャーリーズ・エンジェル」での役どころも、可愛らしさとか、色気だとかを、艶消しした役柄で、ヘンに男に媚びないエンジェル像になってるらしくて。この映画での役と云い、ジェンダーレス時代だからこその、役者さんのようですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 17:30
    > mixiユーザー TOHO系かイオン系ばっかりですものね〜。
    かなり変わった実話です。バレないと思っていたのかしら?
    こちらの方は物語と思えるし、ローラが上手いな、クリステン可愛いとか。
    ドキュメンタリーは、なんだかキツくて、ローラにはゲッソリさせられます…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 17:59
    > mixiユーザー 私はウディ・アレン監督作品が何故か苦手で。
    クリステン・スチュワートは、4本くらいしか観ていないけれど、「パーソナル・ショッパー」も少々ヘンな役どころで面白かったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 19:42
    tama さんの見るような映画は、ほとんど見るチャンスがありません。
    大きな映画館ではやらない、ちょっとパンチのある映画を専門に上映している映画館が隣町にあるのですが、まとめて時間が取れないので、見に行きたくても行けないです。
    映画は大好きです。殆どは、先ずは録画しておきます。2時間内外で長いので、何回にも分けて分割して見ています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 21:08
    > mixiユーザー 私は以前にお付き合いのあったところから試写会のお知らせを頂いて、良かったものはもと居た会社の編集部や知人のいる編集部にお勧めしています。それでドキュメンタリーや単館上映作品を見るチャンスが結構あります。そういう中で、けっこう面白いのに当たることもあって。
    かつては見逃したら終わりでしたが、いまはDVDがありますね! 録画は、1時間もののドラマ「モース警部」は帰れないときは録画しておきます。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年02月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829