ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」 執念と妄想の結実か?

mixiユーザー(id:10258677)

2020年02月10日22:40

46 view

「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」 執念と妄想の結実か?

テリー・ギリアムは1998年以来、セルバンテスの「ドン・キホーテ」の
映画化を企画し、第1回目の失敗は
「ロスト・イン・ラ・マンチャ」というトラブル!メイキング映像が生まれた。



その後、ギリアムは何回かトライしかけては挫折しているとか。すごい執念。
で、この作品、原題「ドン・キホーテを殺した男」となったわけ。

「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4899729
http://donquixote-movie.jp/



映画監督トビー(アダム・ドライバー)は、スペインで「ドン・キホーテ」の制作中。
ロケではトラブル続き。映画会社のボス(ステラン・スカルスガルド)は、
ロシアのウォッカ王に、スポンサー依頼に出かける。

彼の留守にトビーは、妖艶なボスの妻ジャッキ(オルガ・キュリレンコ)に
誘惑されるが、突然、ボスが帰ってくる騒ぎに。

物売りから買ったDVDが偶然、学生時代にトビーが監督した「ドン・キホーテ」
しかも、その村は近い。ボスから離れたいトビーはバイクを駆って村を訪ねる。

ところが、ドゥルシネアを演じた少女アンジェリカ(ジョアナ・リベイロ)は、
トビーの「女優になれる」という言葉を信じて村を捨て、都市に出てしまう。

ドン・キホーテを演じた靴屋のハビエル(ジョナサン・プライス)は、それ以来、
自分がドン・キホーテだと信じ込んでおり、トビーをサンチョ・パンサと思い込む。
トビーが素朴な村人に掛けたのは映画の麻薬か、狂気か。

ハビエルから逃れようとして失火を起こしたトビーは、いったん撮影現場に駆け戻るが、
調べに来た警官に連行される途上で、ロシナンテに乗ったハビエルに救われる。

ハビエルに無理やりサンチョ・パンサ扱いされて、トビーは旅に出る羽目に。
風車への突進、不法難民の集落、ウォッカ王に囲われるアンジェリカとの再会、
死骸とスペイン金貨、洞窟…どこが夢で、どこが現実?

ウォッカ王が買ったのだろう、彼の城で、ボスと妻ジャッキ、アンジェリカ等との
中世の衣装に身を包んだ仮装パーティに、ドン・キホーテとトビーも招待されるが…。

トビーの最後のシーン、トビーこそギリアム監督、
ギリアム監督のドン・キホーテへの執心はここに結実した?

旅先やパーティで起きる目くるめく事々は、悪夢か、妄想か、現実か。
ギリアム監督の怒涛の想像&創造力に引きずり込まれ、
呆気にとられつつ楽しんだ。いやはや…すごい執念の力技。
8 17

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月10日 23:21
    ドンキ・ホーテ・デラ・マンチャ、懐かしいです。10年前にスペイン語教室で現代スペイン語版をテキストとして使って、読みました。駄馬ロシナンテにまたがり、デブの田舎者サンチョ・パンサを従えて、空想の麗人ドウルシネーア・デル・トボーソを求めて放浪する田舎郷士の珍道中。行く先々で起こす珍騒動が面白く、苦労して読みましたが、今思うと良い勉強になったと思っています。先生がプリントしてくれたテキストを探してみましたが、残念乍ら一部散逸していました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月11日 00:05
    > mixiユーザー スペイン語でお読みになったのですね。私は日本語で。
    彼自身、レパントの海戦で戦ったり、捕虜になったり、投獄されたりと、
    波乱の人生を送って、「ドン・キホーテ」の序文は牢屋の中で書いたとか。
    風車に突進する姿は強烈なイメージですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月11日 01:17
    『ロスト・イン・ラ・マンチヤ』は当時劇場で見ました。
    あの時に中止にならずに製作されていたら…と思わずにいられません。

    しかし、だいぶ原作とはズレた映画なのでしょうか???
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月11日 02:59
    『ロスト・イン・ラマンチャ』は実はフェイクドキュメンタリーじゃないか?という指摘があって、観た自分は「ひょっとしてそうかも?ギリアムのやりそうな?」と思ったのですが、どうもそれは考え過ぎらしくて、様々な不運に見舞われた『ドン・キホーテ』の撮影を、これは自分に与えられた「ストーリー」だと思い込んだと推測(笑)

    しっかし怪作でしたね!アダム・ドライバー演じるトビーはもちろん自らの投影だし、生臭い映画制作の舞台裏をああいう乱痴気騒ぎで風刺したのも凄いと思いました。
    まさに「狂気のロマン」あせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月11日 08:27
    > mixiユーザー アートとスペイン旅行中、マドリードのアトーチャ駅からコールドバまでAVEに乘った時、車窓から丘の上にならぶ風車を観てドン・キホーテに思いを馳せた記憶があります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月11日 09:33
    『ロスト・イン・ラマンチャ』はタイトルだけ覚えていますが、未見のはず・・・。
    で、今作、ちょっと、まだ腰が上がりません。近くで上映しているのですが・・・。
    なんというか、しっかりした物語の作品を優先したいというか。
    今作は、予告編を見て・・・どっ、どうなんだろうと。
    でも、アダム・ドライバーだし、ジョナサン・プライスだし(2人とも、オスカー絡み!)、興味は持ち続けています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月11日 09:47
    > mixiユーザー つまり原作通りのセルバンテス描く「ドン・キホーテ」ではなく、あくまで「テリー・ギリアムの」なんです。呆気にとられる妄想を面白いとみるか、わけ分からないと見るかが、評価の分かれ目かな〜。でも私みたいな素人映画好きでも面白かったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月11日 10:04
    > mixiユーザー 「これは自分に与えられた「ストーリー」だと思い込んだと推測」なんでこんなにトラブル続き?トラブルを引き寄せる運命?か、準備不足で突っ走るゆえかしら?
    本当に「怪作」でしたね。トビーはテリーそのもの?と思わせました。最期のハビエルのセリフがちょっと悲しい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月11日 10:23
    > mixiユーザー 昔ながらの風車も風力発電の風車も出てきます。昔ながらの風車は水車同様観光用になりましたが、風力発電の風車が並ぶ光景は、日本でも海外でもよく見かけるようになりましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月11日 10:25
    > mixiユーザー 「しっかりした物語の作品を優先」となると外れるのかもしれません。映画製作の裏側は皮肉を交えて描かれていますが、「えっ、夢だったの?」となるところもずいぶん挟まれています。映画そのものが夢ですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月11日 13:56
    こちらでは、2/28まで待たないと、掛かりません。この前、横浜行った時も、2週目にして上映回が、激減だったので、こっちでも、1日に限られた回数しか流さないでしょう。そういった状況で見るまで、なるべく白紙でいたので、見てからまた拝見させていただきます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月11日 14:04
    > mixiユーザー はい、あれが景観を害するという批判がありますが、的外れですね。AVEの車窓からは風車の他に一面のヒマワリ畑が続いて壮観でした。もちろんオリーブの林も見事でした手(チョキ)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月11日 21:07
    > mixiユーザー これは「テリー・ギリアムに興味がない人にはつまらない」という話もありますから。私はまるで映画に恨みでもあるの?というようなハチャメチャとも思えるストーリーを楽しみました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月11日 21:10
    > mixiユーザー 一面のひまわり畑はギリシャでバスの中から観ました。映画では、ソフィア・ローレンの「ひまわり」が忘れられません。夫が生きていて、ソ連で結婚していた。あの大地に咲くヒマワリ!音楽と一緒にそのシーンが蘇ります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月12日 13:53
    > mixiユーザー 手(パー)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月19日 13:39
    ギリアムは「未来世紀ブラジル」を超える作品がないので長い間見ませんでしたが、これはどうなんじゃろな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月19日 18:01
    > mixiユーザー 過去と田園、古城のパーティといったバックの中で、夢と現実が交差します。映画界への皮肉など効いていますが、こちらの方が今と過去ですから、「未来」のような残酷なドタバタはあまりありません。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年02月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829