mixiユーザー(id:10258677)

2020年02月07日10:17

73 view

「アメリカン・ドリーマー」あのデニス・ホッパーが語る!

穏やかに連れ合いだの孫だのと言っているオバアチャマが何で観たの?
と思われるでしょ。デニス・ホッパーの映画だなんて。

「イージー・ライダー」が、忘れられないから。
1970年、バイク好きの若者に誘われて観に行った映画。
いわゆるニューシネマの代表作なんだと知ったのは後のこと。

麻薬取引で得たお金でハーレーダビットソンを買い、時計を捨てて旅に出る若者2人。
ピーター・フォンダと、デニス・ホッパーが製作・監督、出演。
やがて、それにジャック・ニコルソンが加わって、アメリカの大地を走り抜ける。

しかし、長髪でバイクを駆る若者は、それだけで気に入らないだけで、迫害される。
衝撃的な最期まで走り抜ける爽快感、自由さ、あのワクワクした高揚感。

他にも「明日に向かって撃て!」、「俺たちに明日は無い」、「卒業」といった、
権威から逃れたり抵抗する若者たちの姿を描いたアメリカン・ニュー・シネマ。
アメリカでも日本でもこれらを観た若者は心を揺さぶられたと思う。

そのデニス・ホッパー(1936-2010)は、ハリウッドを追われたり、
ギャングをエキストラにしたりと、危うい生き方を貫いて来たようだが、
レジョン・ド・ヌール勲章を受けたり、ハリウッド殿堂入りもした。

「アメリカン・ドリーマー」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4903832

1971年の作。ドキュメンタリー作家から撮影を申し込まれて拒否し、
代わりに自分の好きに撮らせろと、『ラストムービー』を作っている
デニス・ホッパーを、デニス・ホッパー自身が演じる映画となった。

荒野で哲学を語り、女性たちと遊びまわり、戸外で銃をぶっ放し、
彼はいまだに好き放題に生きていた。
(私には決して生きられないし、家族にも友人にもお勧めしない生き方だけど)
この世界で、こうやって、自由に生きて行ける人がいるのはいいよね!

11 12

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月07日 11:33
    どこで上映されているの?って調べたら、ユーロスペースだったんですね。
    私『イージー・ライダー』すら観てないかも・・・あせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月07日 13:07
    『イージー・ライダー』をリアルタイムでご覧になっているのですか。
    それは羨ましい限り。
    あの頃の空気の中で見たら今よりもずっと鮮明だったのではないでしょうか。
    いや今でも色褪せないですが。

    『イージー・ライダー』はずいぶん大人になってソフトで鑑賞しましたが気骨さとやるせなさを感じました。
    自由の国アメリカの不自由さは今も変わってない。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月07日 18:48
    その、ハリウッドを追われる原因となった映画『ラスト・ムービー』を先日観てきたところなんですよ
    ヌーベルバーグmeetsイージー★ライダー、みたいな・・・いやはや呆然とさせられる怪作でした。
    内容があんまりハチャメチャなので、再編集して「ちゃんとしたストーリーにしろ!」と映画会社からの強要を峻拒して(編集権は彼にあったから)、それが「干される」原因になったと。
    感想がまとまらないのでまだ日記レビューにできないのですが。

    それにしても、『ラスト・ムービー』と併映されてる『狂気の旅路』とは違うドキュメンタリーがあったとは(こっちは3年前の公開だそうですが)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月07日 20:33
    > mixiユーザー > ケスさん 「イージー・ライダー」をご覧になってない、
    イコールお若い!ってことですウッシッシ
    私たちの世代で、その頃若い映画好きなら見逃せない1本でした。
    シャイなバイク乗りの青年だったんです。彼いまどうしてるのかな〜ハート達(複数ハート)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月07日 21:02
    > mixiユーザー 「自由の国アメリカの不自由さ」とは名言ですね!
    田舎って、日本でもどこでも異物には拒否反応が起きやすい。
    わざわざそこへ行くんだもの、無謀っていうか。
    それにしても最後は観たときはその暴力にあっけにとられたものでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月07日 21:17
    > mixiユーザー 「ラスト・ムービー」も、ハチャメチャなんですか。
    ホントに好き放題にやっちゃうんだ。でもちゃんとファンがいるわけですね。
    「イージー・ライダー」は、ただただバイクに乗って走るのですが、
    その少し前にアメリカのロスからワシントンD.C.に空から見た大地が、
    あんなに広々した荒野なのだと改めて眺めたものでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月08日 14:56
    私が、リアタイで、デニス氏が、印象付けられたのは、「ブルー・ベルベット」での、頭のねじが外れた、恐怖の隣人役でしょうか。その系譜が「スピード」の爆弾犯人で。「イージーライダー」は、その上映で名を馳せた、有楽町スバル座での記念上映ででした。ともかく、生涯と併せて、破天、傍若無人、自暴自棄とか、イメージされます。
    でも、一時、バスクリンのCМで、湯船に浮かぶおもちゃに「あひるちゃん」とか、語り掛けてたような。
    こんど、ほんの端役ででた「地獄の黙示録」が、IMAXでみられるので、再会含め、楽しみにしてます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月08日 20:44
    懐かしい名前・デニスホッパー。彼の映画はずいぶん見ていないなと思って調べてみたら「イージー・ライダー」以後は見ていませんでした。
    「イージー・ライダー」のラストシーン。車輪が転がっていくところは印象的だったなと思い出します。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月08日 22:14
    > mixiユーザー なんと「アヒルちゃん」のCMとは!これですね。
    https://www.youtube.com/watch?v=1myPXev2Txw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月08日 22:14
    > mixiユーザー 懐かしいでしょう。青春でありました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月08日 23:26
    > mixiユーザー 懐かしかったです。多分、CМ作った製作者が、「スピード」か「ブルーベルベット」を見て、デニス・ホッパーも、ギャラ暮れるならオッケーって、合意が生まれたんでしょうね。多分。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月09日 11:23
    > mixiユーザー あのデニス・ホッパーが!という可笑しさがプラスされますね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年02月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829