ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 「母との約束、250通の手紙」 強烈ママの1人息子

mixiユーザー(id:10258677)

2020年02月02日11:35

51 view

「母との約束、250通の手紙」 強烈ママの1人息子

この作品、人によって受け取り方が違うかも?
「こんなにも深く激しい母と子の絆、美しい愛」が、宣伝文句。
一流の音楽家にとか、目指せ東大ママ、ステージママいわゆる一卵性親子や、
親の叱咤激励を生き抜いた成功者には共感できるのかな? 私はダメ。

「母との約束、250通の手紙」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4903823
https://250letters.jp/

モスクワからポーランドへ、母ニナ(シャルロット・ゲンズブール)と、
ロマン・カツェフ(ピエール・ニネ)は2人で逃れてきた。

ニナはこよなく息子を愛し、絵を描くことが好きな息子に
「音楽家になれ」と無理やりヴァイオリンを習わせ、
「画家は貧乏、死んでから有名になってもダメ」と描くことは禁止。

「おまえは作家になり、空軍で名誉を受け、フランスの大使になる」、
仲間と喧嘩をすると「喧嘩は女と名誉とフランスのために」
「母が侮辱されたら、全身の骨を折るまで戦え」。
少女に恋すると「大使になれば美女が寄ってくる」と追っ払う。

母子家庭で、ロマンを育てるお金を稼ぐために、一生懸命なのは凄い!
フランスのデザイナーに店を任されたと嘘をつき、
お針子を雇って頑張るが、あえなく破産。

母は憧れのフランスのニースに渡る。
そこでもロシア貴族の末裔だと嘘をつき、骨董屋にガラクタを
高値で売ろうと詐欺を企むが見破られ、却って助けられる。

成人になったロマンは空軍に入り、ホテルを営んでいた母は入院。
軍の行く先々、ロマンに母からの手紙が次々と届く。

母親からの手紙の言葉に、感情を動かされ涙腺をゆるめた人も、
最後のシーン、ベンチに座るロマンのセリフを聞き逃さないで!


高名な作家で外交官のロマン・ガリーの自伝というから、
その息子は、母の愛に応えて成功したとは分かっているものの…。
これで良く壊れなかったね〜、良かったね〜とため息。

この母親、一人息子に対し、とても愛情深いことは確かだ。
しかし、果たしてその愛は、息子を励まし、育てているのか?
 
それとも息子を追い詰め、壊しているのか…。
凄まじい努力で育てたと言っても、まさに支配的モンスターママ。
その母の過酷ともいえる願いに応えようとする息子は、マザコンにしか見えない。

しかし、彼女は、惨めな現実を見据えるよりは、生き抜くため、
勇気を得るために、嘘や子供に託す希望を必要としたのかも。
彼の作家としてのインスピレーションの源泉は、この母親の嘘にあるのかも?
ゲンズブールの存在感は、圧倒的。時代を追ってかなり重層的な作品。


ロマン・ガリーは「悲しみよこんにちは」の主演女優ジーン・セバーグが
のちに彼の作品を原作とする映画に出演したことから結婚しているが、
セバーグ40歳、ガリーは1年後66歳で、共に自殺で生を終えている。

彼の遺書には「大いに楽しんだ。ありがとう。さようなら」と、
あったのは救いだが、自殺であったことには変わりない。
12 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月02日 14:18
    深く激しい母と子の絆、かもしれないけど、美しい愛、とは思えませんね、わたし。
    親の叱咤激励を生き抜いて成功してる方はあるけれど、
    親が嘘の生活したり、いろいろあっても子どもがそれに耐えて成功したなんて、不思議。精神にゆがみなどできなかったのかしら。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月02日 14:30
    > mixiユーザー おっしゃるとおり、私も美しい愛とはとても思えませんでした。
    むしろエゴじゃないかと。これで子供が、成人して地位的に成功したとしても、
    子供時代だからこそ楽しめる、伸びやかな自由な時間は味わえなかったわけで…。
    彼の一生に詳しいわけではないので、歪みまでは分かりませんが、
    酷いコントロール下であっても、母親の愛情だけは信じられたのが救いかと。
    でも自殺で一生を終えているんですよね…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月02日 14:51
    tamaさんのこの日記からは、母親が恐ろしい人に思えました。
    母の愛情を感じてマザコン、というのは、母の洗脳が成功、ということでもあるのかなあ、とも。
    この映画は、見るとしたら怖いもの見たさってのからですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月02日 16:15
    このあらすじを聞く限りは、私も遠慮したい親子関係ですね。
    確かにクラシック音楽やバレエなど、本人の意志とは別に幼いころから始めないと大成しないものもあるし、人生の先輩としてのアドバイスもあるでしょうが、一方的すぎる印象は否めません。
    TVでも子供を東大に行かせた教育熱心な親御さんが登場することもあるけど、人生の価値はそこにあるとは思えないですね。(私が言っても説得力はないですが…)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月02日 16:29
    > mixiユーザー 評を見たら、母の愛に感激している人も…。時々「成功した子供」について母親の叱咤激励ぶりを、得々として自画自賛している話も聞きますし。私は怖気を振るいました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月02日 17:06
    > mixiユーザー すみません、これはひたすら私の好悪感情です。
    私の親も私も、子供は別人格だから躾はあっても自分の望みを押し付けることはしたくなかった。その意識が強かったものですから、まるでダメでした。
    1人の作家を生み出した重厚な人間ドラマではあります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月02日 19:27
    え?あのシャルロット・ゲンズブールがピエール・ニネのお母さん役?と驚いてしまいました。
    こんな映画があったということを全然知りませんでした。
    うーーーーーん、辟易してしまいますね、こんなお母さん。
    tamaさんの日記を読んでいるだけで息苦しくなってしまいまいました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月02日 19:46
    > mixiユーザー 18歳違いだから、まぁ役柄としては出来そうです。
    ゲンズブールのお母さん、迫力でしたよ〜! 
    私はロラン・ガリーを1冊も読んだことが無くて、それが残念でした。
    読んでいたら、この映画の受け止め方も少し変わったかしら?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月03日 11:45
    好きな俳優さんの共演作ゆえ、観賞予定なんですが・・・。
    そうですか、3つ☆どまりでしたか。
    余談ですが、息子が小さい頃、遺伝子検査キットなるものを見つけて、ずっと気になってました。
    こういうので調べれば、習い事が無駄にならなくて済む?とか思ったり(^-^;
    高いので、やりませんでしたけどあせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月03日 15:36
    > mixiユーザー 見方を変えれば…ということもありますし、わたしの好き嫌いです。
    私は親を見ていて、だいたい見当はつくかなウッシッシ
    父方の伯母は学者一家の1人と結婚し、私は従兄姉たちと仲良しでしたが、
    とても優秀で、トランプなどゲームをすると相手の札が分かっちゃうのね…。
    5人兄弟姉妹のうち4人が学者になりました。まさに遺伝子かも。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年02月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829