ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 「コンプリシティ/優しい共犯」藤竜也が中国の青年に蕎麦打ちを

mixiユーザー(id:10258677)

2020年01月24日23:35

41 view

「コンプリシティ/優しい共犯」藤竜也が中国の青年に蕎麦打ちを

しばらく前に、技能実習生が失踪するというニュースが問題になっていた。
2018年末の時点で実習生は32万8360人。 そして18年度の失踪者は9052人。

聞いてきた仕事と違う、技術は教えてくれない、労働が過酷、
賃金額が低いどころか未払いさえあるという実習先が実在した。

「コンプリシティ/優しい共犯」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4896436
https://complicity.movie/

中国の斡旋業者に、借金までして金を払い、技能実習生として働いて腕を磨き、
お金も貯めようと日本に来たチェン・リャン(ルー・ユーライ)。

ところが実習先では、技能どころか安い賃金の労働者としてこき使われる。
逃げ出して、手に入れた偽造在留カードと携帯番号で他人に成りすます。
まともな就職先を探して、紹介されたのは地方の蕎麦屋だった。

蕎麦屋の仕事を継ごうとしない息子とは疎遠な主人(藤竜也)は素っ気ないが、
やがて、惜しみなく働くチェンに心を許し、蕎麦打ちを教えようとする。
しかし、不法滞在者のチェンには追い手が…。

悲しみと怯えを湛えたルー・ユーライの瞳が印象的。
中国ロケの貧しい家族の彼への期待の大きさを思うと、日本の実習生の実情が胸に痛い。

失踪者が出ても仕方がないような労働環境。技能実習生とは名ばかりで、
5年で2万6000人の失踪者に、ようやく監督官庁が現場指導に動き出したが…。

映画は声高に批評するというよりは、チェンの行動を丁寧に追い、
蕎麦屋の主人や、客の女性とチェンのつかの間の出会いを優しく描く。
ラストシーンに希望はあるのだろうか。
近浦啓監督の長編第1作とか。良い映画です。
12 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月24日 23:49
    藤竜也さん本人は、見た目ほど中身がある人とは思えないのですが、俳優としての彼が出る作品では、よい役柄に恵まれて、やはり格好いい俳優なのだなと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月25日 00:11
    > mixiユーザー お蕎麦屋さんができるくらい、蕎麦を打ったとか。そういう努力をなさる方なのでしょうね。なかなか渋くて良かったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月25日 08:28
    > mixiユーザー 技能実習生の問題は根が深いですね。政府がこの制度を始めた狙いは何だったのか?原点に返って一から制度設計を変えねば、いつまでも悲劇は続きますね。監督官庁の役人の手抜き仕事では収まらない問題でしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月25日 08:43
    これは、どんな映画かは以前からチェックしてましたが、題材があまりにタイムリー過ぎて、それを物語にどう落とし込んでいるのかが不安だったので今回はスルーしたのです。
    いずれ機会があれば・・・と思っても、こういう映画は直ぐに終わってしまいそうですね冷や汗

    藤竜也さん、と言えば僕はソル・ギョングが主演の『力道山』ですね。あれも渋いキャラだけ押し出したような存在感でしたけどあせあせ
    https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1973656582&owner_id=26940262
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月25日 09:39
    > mixiユーザー はい、技能実習とは名ばかりの安い労働力扱いなのは、政府の制度設計の責任が大きいと思います。しかし、日本の小さな企業は高い日本人の人件費で、発展途上国の安いものとは競争できないことも確かでしょうし…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月25日 09:42
    > mixiユーザー タイムリーですが、そこが声高ではなかったです。
    蕎麦打ちを習って、それが中国で生かされるとも思えないんだけれど。
    日本人のいるところで蕎麦屋を開店したら生きて行けるかな?
    力道山とは懐かしい名前です。わが家にテレビが来た頃、支配人のオジサンがファンで、試合があると我が家に見に来ていました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月25日 12:42
    外国人実習生という深刻なテーマの映画の初っぱなに失礼しました。

    映画『力道山』は、ソル・ギョングという俳優が演じた2006年の日韓共同制作の映画です。
    愛人(妻?)役を中谷美紀さんが演じていて、ヘビみたいな顔がそれまで苦手だったのですが、すっかりファンになりました。声が美しかった。今では、ウィーンフィルのヴィオラ奏者夫人ですね。
    そして、今をときめく、山本太郎さんが力道山を刺すヤクザ役。

    藤竜也さんは、新田新作をモデルとする力道山の後援者役でした。
    新田新作は、戦後新興の建設会社社長・右翼という両方の顔を持つ人物で、日本橋浜町の明治座の創業者の一人でもあります。
    先日、明治座社長令嬢の人気アナが結婚しましたが、暴力団追放の課程で、その筋の人がオモテに出ないよう結構生々しい話があったのだろうと想像します。
    明治座は、東野圭吾原作の映画「祈りの幕が下りる時」でも使われていました。

    ソル・ギョンクは、キャリアの最初期に、「ペパーミント・キャンディ」という韓国映画に主演し、これが内容・映画手法とも大変な優れた秀作でした。必見です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月25日 21:58
    > mixiユーザー 私が映画を観始めたのは、2007年にリタイアした時からですので、それまでの鑑賞歴は、年に1〜2本くらい。というわけで「力道山」は観ていませんし、あいにくあとの2本も未見なのです…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月26日 10:48
    かなり興味深いです!
    千葉県内での上映は目下無いようなんですが、機会があれば、本当、観たいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月26日 18:10
    > mixiユーザー 中国ロケもして、実習生の実態はよく描けています。機会があるといいですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年01月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031