ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 「パラサイト 半地下の家族」 韓国の格差社会

mixiユーザー(id:10258677)

2020年01月20日13:42

85 view

「パラサイト 半地下の家族」 韓国の格差社会

ポン・ジュノ監督作品を見るのは、これが初めて。

「パラサイト 半地下の家族」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4883734
http://www.parasite-mv.jp/

半地下になった家に住むキム一家。この家が凄い。
室内から丸見えのトイレは、水圧の関係で地上すれすれの一番上、
窓から見える近景は、道路と人の足。溝の消毒の飛沫が入ってくる。

父親ギデク(ソン・ガンホ)は、店を出しては失敗し、借金を重ね、
子供によく言い聞かせる彼の格言は「計画を立てると、必ず人生は上手く行かない」
まるで、彼の人生が凝縮されているようだ。

息子のギウ(チェ・ウシク)は大学受験に4回も失敗。
娘ギジョン(パク・ソダム)もテクニックはあるのに美大受験に失敗。
妻と4人、全員職もなく、ピザの箱折りの内職で食いつなぐ。

ギウの友人が留学の間だけ、女子高生の家庭教師をしてくれと頼みに来る。
ギウは大学の書類をギジョンに偽造させ、富裕なパク家の家庭教師になる。

お嬢様(チョン・ジソ)に気に入られ、奥様(チョ・ヨジュン)も手なずけたギウは、
弟が絵を描くのが好きと知って、嘘をついてギジョンを美術教師に推薦。
ギジョンは一計を案じて運転手を追い出し、父ギデクを運転手に。
家政婦を追い出して、母親を家政婦にと、一家はすっかりパク家にパラサイト。

貧困の極みなのにどこかあっけらかん、嘘を重ねるキム一家。
それに手もなく騙されていくパク一家。そして豪邸を舞台に驚きの展開。

長男の貰った水石、桃、食欲旺盛な元家政婦、豪邸の作りや、モールス信号、
散りばめられた話が縒り合されていく。
豪邸と半地下の家、体にまで沁みつく臭い、大雨の坂と階段を降りて降りて…。

一瞬たりとも目の離せない怒涛のシーンが続き、
後半はホラーとバイオレンス、そしてラストは…。
格差のますます広がる社会で、長男の「夢」は叶うのだろうか。

「万引き家族」「ジョーカー」「家族を想うとき」「パラサイト」と、
貧困を扱う見事な映画が続いているのは、格差社会だからだろうか。

好みで言えば、真っ当に生きようとする「家族を想うとき」が好き。
一番面白かったのはこの「パラサイト」だけれど、どこか気分の悪さが付きまとう。
13 23

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月20日 17:33
    面白かったですね。
    今年のアカデミー賞ノミネート作品でこれまで見た中では一番面白かったように感じました。
    (でも受賞は別物でしょうが)

    tamaさんはケン・ローチ作品の方が好みというのは分かる気がします。
    ただポン・ジュノ作品が初めてとは意外でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月20日 17:44
    大傑作でした。
    まだというか、もうというか4回観ました(照)。

    「ジョーカー」もそうですが、監督自身はジョーダン・ピール監督の
    「アス」を見て、最初に作ろうとしたものと全く同じ内容でびっくりしたようです。
    企画の段階ではタイトルは「パラサイト」ではなく「デカルコマニー」だったとか。

    似たような作品が、日・韓・英・米の4国で作られたのは、
    “階級的な流動性”がなくなってしまったという共通点がありますね。

    絶望的な格差社会の中で、1つの希望、1つの平等、1つの反日が
    描かれていて、無駄なシーンがなく全シーンに意味がある
    完璧な作品だと思いました。最後の反日は笑いましたけどw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月20日 17:58
    先週観ました。
    格差社会をこんなホラーなサスペンスにして、しかもユーモアたっぷりに描いて、娯楽性と社会性がマッチした強烈さはパルムドールも納得だと思いました。
    貧乏家族の悪巧み。金持ち家族を手練手管で徐々に乗っ取っていく展開が最高に面白いし、そこからの急転直下。
    ネット時代の「核ボタン」にも爆笑。
    凄まじいクライマックスからラストシーンの着地のさせ方も見事。

    黒澤明の『天国と地獄』のオマージュみたいな場面もあったり。
    ポン・ジュノはやっぱり凄い監督だと思いました。
    彼の旧作で、同じソン・ガンホ主演の『殺人の追憶』も素晴らしいですよ!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月20日 20:50
    > mixiユーザー ホント、意外性がたっぷりあって良くできていると思いました。
    脚本も、1つ1つの場面も、俳優の使い方も、上手いなぁ!と思いました。
    ポン・ジュノ監督作品は、確認してみましたがやはり観ていませんでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月20日 20:56
    > mixiユーザー もう4回! ディティールがよく分かって面白いでしょうね。
    実はその前の試写会で睡魔に襲われていましたが、こちらはそんな暇ナシでした。
    デカルコマニーって、ロールシャッハテストに使われる絵のこと?
    パラサイトの方が分かりよいですね。
    いろんな布石が、ちゃんと生きてくるところが凄いと思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月20日 21:15
    > mixiユーザー 前半のあまりにも上手く食い込んでいくのが、あのおっとり少しピンボケだけれど純真な奥様が気の毒なような。
    でもあの家族、身分は偽っても仕事は一応ちゃんとできちゃうんですよね。
    ただ、ユーモアがブラックで、私はあまり気持ちよく笑えませんでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月20日 21:27
    あ〜。なるほど。たかにデカルコマニーは、ロールシャッハテストに
    使われる絵と同じです。そうイメージすると分かりやすい遊びです。

    「アス」は、同じ役者さんが裕福と貧困を演じてて、貧困側が暴力的に
    裕福側と入れ替わるので、デカルコマニーがイメージしやすいんですよ。
    「パラサイト」も同じで、現代の裕福は生まれたものでしかなく、
    貧困は努力しても裕福になることはないんですよ。たまたまなんです。

    これは「れいわ」の大西つねき氏が言ってることと同じですが、
    システムがおかしいのであって個人の問題じゃないってことです。
    「パラサイト」には“悪人”は出てきません。「パラサイト」の“悪”は
    格差。つまりシステムなんです。

    「パラサイト」は、「下女」を強く意識してるみたいです。
    階段や雨の使い方が同じなんで。あと白黒バージョンが存在してます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月20日 22:57
    我が劇場では、この上映前に「家族を想うとき」の予告が、掛かりまして。「あぁ、tamaさん他、都会の方達のお薦め作品が、やっとくるかぁ」と刷り込まれました。

    こちらでも、多くの方が、書かれているので、なるべく、かぶらない様にしたいと思いつつ。
    「ジョーカー」なんかは、主人公が、追い詰められた、社会や環境の被害者ですが、「パラサイト」についていうと、貧富や、身分が、この顛末を呼んだとも、言い切れない所がありますし。
    犯罪ものとか、実録社会ものとか、ファンタジーとか、作品の時間経過で、表装が変わる作意と云う点で、惹かれるし、入り込み易いです。
    お金持ちの方も、決して、悪人ではないし。あの、雨が降る長い夜の騒動の中、どうしても野営をしたい長男をガラス越しに見守るというところに、スリルと好奇心を覚えてしまう件の描写も、なんか、夫婦という生き物の心理を突いているところもあって、良かったですし。
    私は、息子君が、その時だけかもしれませんが、心を入れ替えて、「少しは、計画的に生きよう」と、想像するだけ、まだ、望みはあるのかなと思ったりもしました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月21日 09:26
    > mixiユーザー 

    僕も正直言って、かなりブラックでホラーな描写はかなり過剰なところがあって、サスペンスやスリラー映画を好んで観ないからかもしれませんが、辛く思えたところはありますね。
    でもそこは韓国映画らしいバイタリティと取るか・・・?(そういう趣向のは何本も観てますから)
    そこへいくと、過去の傑作である『殺人の追憶』の方がバイオレンスも控えた正統派のミステリーだとあらためて思いました。だからやっぱりジュノ監督のベストツーですかね本作。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月21日 09:31
    > mixiユーザー 貧困家庭に生まれちゃうか、裕福な家庭に生まれるかで、その人はずいぶん違った生涯になりますね。その人のセイでは全くないのに。
    まして虐待されるか、放置されるか、愛情を掛けられるかでも大違い。
    これらは個人の運命としか言えないけれど、そこを何とか修正して、多くの人がより生きやすくするのが政治の筈だと思うのに、そういう政治家はなかなかいない。
    新自由主義を選択した政治は、格差を広げて貧困から這い上がれなくしちゃう。
    まさにシステムの問題。あの階段と坂は、まさにその象徴だと思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月21日 09:50
    > mixiユーザー そう、雨のテントを見守るところ、パク家は愛情で結ばれているのだろうなと思わせました。ご主人はたぶん仕事では辣腕なのかもしれないけれど、ホント、悪い人たちじゃないんですよね。
    キム家も不運で父親に経営能力が無かったし、たぶん子供たちの学力ももう1つだったのかもしれないけれど、仕事が与えられればこなせるだけの力はあるわけで。
    ただ、嘘をついて入り込むところは、そうでもしなければ得られない仕事だったことは確かでしょうが、何とも言い難い不安な不快さで、観終えての気分の悪さとつながりました。
    息子のギウの望みが叶うといいですね。まずは必死で大学進学と就職でしょうが、就職は犯罪者家族となると難しい…ここでも嘘が必須になりそうで…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月21日 10:13
    ラストに希望を持ってる人多いみたいですけど、ギウが
    あの家を買うには、真面目に働いても500年はかかるって話です。
    平均給料のトップと底辺を調べると凄い差なので、納得できると思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月22日 23:28
    > mixiユーザー 

    横レス失礼します。

    最後の反日は笑いましたけどw のシーンてなんですか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月23日 00:42
    > LOVEさん
    それは前にも説明したと思うけど、

    ジェシカ♪一人っ子♪イリノイ♪です。
    ジェシカソングって呼ばれてて、海外でも人気あるとかで。
    この歌は、いつも騒ぎになる“あの島”のことを歌ってる歌の替え歌ですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月23日 06:45
    > mixiユーザー 

    そう、教えてもらったんだけど
    最後だったけーと思って、
    その歌は最初のほうかと思ってたからほかにもあるのかと思って、私の勘違いでしたー。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月23日 08:02
    > LOVEさん
    最後のってのは、文の最後って意味。
    【1つの希望、1つの平等、1つの反日】って文の最後。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月23日 09:07
    ジェシカソングがアメリカでも評判になっているんですって。
    https://www.youtube.com/watch?v=4Auoyzf_Quk
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月23日 10:28
    “自称”愛国者たちが騒がないのが不思議です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月23日 11:07
    > mixiユーザー ホントですね。領土問題なのにね〜。
    でも“自称”愛国者たちって、福島で広大な肥沃な地が失われたことには、何も言わないですね。島よりよほど広いのに。不思議だな〜。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月23日 11:57
    感想、遅れましたあせあせ(飛び散る汗)
    ようやく、先日観てこれました。
    面白くて、すごいなあとは思ったんですが、私も5つ☆にはならない感じです。
    いやあ、でも、多層的で、見事な発想でした。
    もう1回観てこようかしら。それでも、5つ☆にはならないと思いますが(^-^;
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月23日 20:01
    > mixiユーザー ご覧になれましたか!
    ホントに見事な作りでしたね。いろんな問題をぶち込んで、それを問題だ〜!と言うのではなく、ストーリーに紛れ込ませて面白く見せるんですもの。すごい腕前でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月01日 02:14
    テッキョン侍さんという方の感想日記経由でお邪魔します。

    この日記に集っている皆さんの感想を拝見してホッとしました。
    そうですよね、パク社長夫妻は決して悪人ではありませんでしたよね。
    私も感想日記を書いたんですが、自分の認識はおかしいの?と悩んでしまって…。

    海パンJoeさんが書いておられる通り、「格差を助長・固定化する社会システムがおかしいのであって個人の問題ではない」と私も思いました。
     
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月02日 14:20
    > mixiユーザー 皆様とのやり取りを拝読させていただきました。
    皆様、それぞれに丁寧にご覧になって、それぞれの受け止め方、
    時には、ご自分の在り方までをさらけ出して論争していらして、
    むしろそのマイミクさんとのお付き合いのそれぞれの姿に感嘆してしまいました。

    はい、面白く筋を追えながら、そこに多くの問題を潜ませて見事でしたね。
    人の好いパク社長夫妻の気付かなさは、確かに何不自由ない人の大らかさかも。
    必死で生きる最下層の人たちから見たら、それは傲慢に見えるのかもしれません。

    あからさまな偏見差別や、ヘイトは、私はしたつもりはないのですが、
    それでも気付かないで、偏見差別をしていることはあるのだろうと思っています。

    社会の問題として格差を捉え、それを無くす政治を求めていくことは正しい。
    その一方で、自分が気付かないでしている差別は、個人の問題でしょう。
    たとえ自ら気付かなくても、自分の中にある偏見や差別意識は、
    非常に卑しく恥ずかしいものだ、気づいたら改めるべしと自らを戒めています。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年01月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031