ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 「ひとよ」このような選択しかなかったのか。

mixiユーザー(id:10258677)

2019年12月15日01:01

80 view

「ひとよ」このような選択しかなかったのか。

「どうしてこんな選択をしちゃうの?」と何度も思わされる。
いくらDV夫だって、離婚という方法だってあるだろうに。

例え自分は墓場まで持って行かねばならない自責の念で苦しむとしても、
子供のことを想えば「事故だ」って言い張ることもあり得ただろうに。

「ひとよ」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4855846
https://hitoyo-movie.jp/

子供たちを虐待する父親を、自営のタクシーでひき殺した母こはる(田中裕子)が、
出所して、各地を放浪の末、約束した15年が経ったからと家に帰ってきた。

こはるは子供たちに「これで自由だ、あなたたちは何にでもなれる」と
言い残していたが、子供たちは学校や社会から、
殺人者の子供とみられ、苦しい日々を過ごしてきたのだ。

そして今、タクシー会社に働く長男の大樹(鈴木亮平)は、
妻と向き合えず別居して離婚寸前。
母親のことも、妻にはあいまいに「死んだ」とごまかし続けてきた。

末娘だった園子(松岡茉優)は、殺人者の娘と苛められて美容学校を中退。
スナックで働く。
地元で暮らす大樹と園子は、戸惑いながらも帰ってきた母親を受け入れる。

二男の雄二(佐藤健)は東京に逃れ、
小説家を志しながらも叶わずポルノ雑誌の記者をしている。
呼び寄せられた雄二は、母親の事件と今をレポートして小説に仕立て上げようと企む。

彼は子供の頃、ポルノ雑誌の万引きをして母親に救われている。
このシーンのこはるが何とも面白い。なんという解決方法か!と。

タクシー会社には、母親の顔写真入りの記事のコピーが張られたり、
タイヤが刺されたりと嫌がらせが続く。その原因を作ったのも雄二だった。

タクシー会社に就職してきた堂下(佐々木蔵之介)は離婚して17歳の息子がいる。
堂下は元暴力団員。どうも息子は巻き込まれているらしいと知る。
この親子、どうなるのか知りたい! 

なんと、人間は愚かな判断をしてしまうのだろう。
こはるは子供たちが「人殺しの子」と囁かれるとは思わなかったのか。
自分ひとりが罪を引き受けたつもりでいたのか。
「良かったと思わなければやっていけない」という、切実なこはるの
逆手にとった強さには感嘆するが、頷けない。

俳優たちは、それぞれの表情など本当に上手い。
しかし、ストーリーは彼らの選択に共感するのは難しい。
こはるは殺人者なのか、子供を守った聖母なのか? どちらも違うだろう。
こうでしか生きられなかったのか…と思わせる辛い話だった。
11 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月15日 09:58
    確かに、冷静に考えると、そうなんですよね。
    どうして、その選択になってしまったのか・・・。
    これが、ギャンブルやアルコール依存症あたりだと、一息ついて離婚となるのが、DVだと、とにかく子供を守らなきゃ、奴を消さなきゃっていう思考にしか行かなかったのか。。。
    堂下父子、確かに、その後が気になりますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月15日 10:46
    > mixiユーザー 堂下親子のストーリーで1本出来そうな気もしますけどね。
    やくざ絡みだから男性に設けるし、離婚した奥様も出てくるだろうし、親子の情愛もあるだろうし、結構面白い1本にならないかなぁ。
    役者の皆さんすご〜く上手だったし、どうにもならない中での家族の複雑な感情や愛情もあって、なかなかの作品だと思いつつ、「何でだ〜?!」が取れなくて。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月15日 11:03
    犯罪者、加害者の家族のその後という問題は、小説や映画の未開拓の領域なのでしょうね。
    乃南アサの「風紋」「晩鐘」各二巻の4冊は、その人間像の経過を丁寧に追った力作でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月15日 13:40
    > mixiユーザー その本は読んだことがありません。今度読んでみますね。
    日本は、加害者に厳しいのはともかく、その家族にまで辛く当たるのは、とても気の毒な気がします。たしか息子が赤軍派だった校長職の父親は自殺したという記事を読んだ覚えがあります。家族はその街にはいられなくなるとも聞きました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月15日 13:47
    僕もこの映画を観た時は、田中裕子演じるお母さんの選択にかなり考えさせられました。
    DVを、殺すことによって排除するのが正しいのか?と。
    しかも物語は、それ自体について目を向けていない。あくまでも母子の蟠りが焦点みたいになっていて。そこのところの人情味は白石和彌監督らしいテンションで良かったとは思うのですが。
    タクシー会社の人たちのキャラクターは良かったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月15日 19:26
    > mixiユーザー タクシー会社の人間模様は良かったですね。
    家族のやり取りもよく出来ていたけれど、田中裕子演じる母親の「これで良かったと思わなくちゃやってられない」みたいな思いをしっかり肯定しているのが、私には何とも受け入れがたくて…。
    今、引きこもりで暴力の出ている息子を殺した、元上級公務員が話題になっていますが、息子の起こす「かもしれない」犯罪を未然に防いだ「かもしれない」から、情状酌量で執行猶予をという声が沢山出ているそうです。この親はすごく気の毒だったとは思うものの、それじゃ「引きこもりで暴力が出ていたら、DVがあったら、殺してもいい」ってことになってしまわないか、その前に、世間体なんか気にしないで相談するなど、やれることはあっただろうに、と思ってしまいます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月16日 00:16
    離婚した夫に殺されるということもしばしばあるから(フランスでは今年だけで11月段階で117人の女性が犠牲に)、追いつめられた妻の行動もわかります。

    こはるの家族ばかりではなく、堂下父子、タクシー会社の人たちが重層的に描かれてているようなので
    観てみたくなりました。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月16日 17:49
    > mixiユーザー 日本でもシェルターを運営されている方のお話では、3日に1人、DVで女性が命を失っているとのこと。すると年間で120人くらい。離婚こそ未だの人が多いようですが、フランスの人数とあまり変わりませんね。
    DVを受けている方とお会いしたことがあるのですが、お話を聞いて共依存というのがどういうことなのかよく分かった感じです。友人達で暴力を振るわれるなら離婚すればいいのにと勧めても「でも、普段はいい人なんですよ」って。
    タクシー会社のひとは、もとやくざの父の息子の悩みと、認知症の親の悩みもありました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月16日 23:20
    「凪待ち」でも、リリーさんが引き起こした「事」が、唐突の様に書かれている人も多かったですが。本作の冒頭の「出来事」自体も、どうして引き起こされたかという事は、さほど、考えませんでした。
    むしろ、その後、親が、どう子供と対峙したかというのが、本作の「核」かなぁと。ただ、比較になる親が、田中裕子さんと佐々木蔵之介さんとなると。クライマックスにとった、行動も含めて、蔵之介さん、「浮いた」感じがしなくもなかったです。個人的、印象ですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月17日 17:40
    > mixiユーザー はい、この映画は親子がどのように絆を作り直し、回復していくかが主題でしょう。そこにすんなりと入れれば良いのでしょうが、私には最初の犯罪と、それに対する母親の考え方がとても受け入れられませんでした。そこまで追い詰められていないからでしょうが、私の関わっている精神障害者の家族でも、同じような状態でも、親の選択と行動で結果はとても違います。それを思うと、あの選択には共感し難かったのです。
    蔵之介さんの父親は、比較になるというより、別の親子の副次的なエピソードで、最後の行動しか絡まない。あの行動は、やっぱりいわゆるヤクザの世界から足を洗ったとは言え、短絡的な思考は変わらないんだな…と思わされました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年12月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031