ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 「漫画誕生」 戦時は漫画も国のため

mixiユーザー(id:10258677)

2019年12月10日23:43

71 view

「漫画誕生」 戦時は漫画も国のため

漫画は萩尾望都や、息子たちの少年時代に安達充とか読まないわけではないが、
本で言えば1%以下だから、題だけでは関心が無かった。
しかし、北沢楽天(1876-1955)と聞いて観に行く気になった。

というのは長年勤務した会社に、戦前、子供向けの雑誌があり、
楽天は主な筆者の1人だった。
他には、武井武雄、竹久夢二、村山知義などの画家が描いていた。
もちろん私の知らない時代だけれど、絵は何度も見て親しんでいる。

「漫画誕生」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4867611
https://www.mangatanjo.com/

最初のシーン、「漫画奉公会」会長の楽天(イッセー尾形)が漫画家たちに、
国家のためにと演説する姿に驚かされた。昭和18年、戦争が始まっていた。

やがて彼の人となりが分かっては来るのだが、
画家も美術家も軍事態勢に組み込まれていく時代だったのだ。

楽天は旧内務省に呼ばれ、検閲官に漫画について聞かれ、いろいろ説明するシーンに、
彼の若い日から、家族や仲間の話が間に挟まれていく。
福沢諭吉の紹介で、時事新報社に入社したこと、若い仲間たちとの談論議論の場など。

「ポンチ絵」と言われて評価の低かった風刺画を、
楽天が「漫画」というジャンルに確立しようと力を尽くしたことが描かれる。
楽天は「時事漫画」で風刺画を描き続け、評判となっていく。

その一方、彼の名の如き楽天家ぶり能天気さは、政治への疎さに現れる。
楽天は国家体制に従順で、戦争に反対する漫画家には、
彼の行動に対し反感を持つ者もいた。

国家総動員とは、誰しもを巻き込む重苦しい時代であったことが分かる。
楽天の妻(篠原ともえ)とのエピソードにほのぼのとさせられた。

16 14

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月10日 23:57
    私は逆によく知らない方なのですが、いわゆるプロパガンダに利用されて行くってことなんでしょうか。
    戦時下はアニメと言えどすべてが戦争に利用されてましたね。
    童話のキャラも動員された『桃太郎 海の神兵』というアニメもありました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月11日 00:23
    > mixiユーザー そうなの。私は子供向けの楽天の絵を見ていましたから、最初のシーンはちょっとショックでした。
    画家では従軍画家とされて見事な戦争画を描かされた藤田嗣治など、戦後は居づらくなってフランスに移住してしまいましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月11日 00:36
    「翼賛一家」知りません?

    長谷川町子さんは有名じゃないですか?
    カミングアウトだと手塚治虫さん。

    「サザエさん」もプロパガンダですよ。
    戦時下に生まれた文化が、戦後になることなく
    現代でも普通に継承されてるわけです。

    つまり、また戦争しようっていう下地が今も残されてるわけです
    から、現代日本が好戦的な雰囲気になりつつあるのも納得できますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月11日 04:46
    村山知義は、夏に行った小樽の旭展望台に登る坂途上にある小林多喜二の文学碑に、それの立に募金した人たちの1人として、名が刻まれていました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月11日 10:02
    > mixiユーザー 長谷川町子のことは知っていました。手塚治虫のことは知らなかったです。「翼賛一家」の漫画は見たことがありません。
    戦争への下地は、岸信介の政界復帰など大きいでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月11日 10:09
    > mixiユーザー 小樽に行くことがあったら見てみたいです。村山知義の絵は、その頃モダンで今でも通用する絵でした。彼は翼賛どころか左翼劇場に参加していたくらいでしたから、小林多喜二にも心を寄せたのでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月11日 11:12
    翼賛一家は、漫画だけでなく大衆に浸透するようにと
    あらゆる分野に登場します。古川ロッパは歌い、演劇や紙芝居にもなりました。
    映画化も予定されていたとか。日本統治下の満州や台湾でも利用されてましたよ。

    「カラーで見る第二次世界大戦」では、“隣組”が紹介されてました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月11日 13:22
    時事ネタ、風刺画や児童向けに刊行された雑誌、絵本。その誌上を飾った画家たちのヒューマンな眼差し、自由な絵画表現は素晴らしいですね。それが自由に描けた時代の光と、ナショナリズムに収斂されていった時代の闇、今の日本に北沢楽天が生きていたら… 。などと思います。大正デモクラシー時代に刊行された児童向け絵本(「赤い鳥」「金の船」「コドモノクニ」「子供之友」)のなかの武井武雄、竹久夢二、村山知義などの洒落た絵は、今も光を失いませんね。私は大好きです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月11日 20:14
    私は、ここまでの皆さんの議論に、ちょっと、異論。国家のナショナリズム迎合と左翼的主張の立場とは、それほどくっきり分かれるものではないと思っています。それが、実際の生きた時代と人びとの感情、心、思想というものなのではないでしょうか。何事もくっきり線引きでしると考え、そのように社会や思潮を色分けしてきた戦後思潮の浅さはそこに起因していると、私は思っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月11日 21:07
    > mixiユーザー 「とんとんとんからりと隣組」の歌は、「助けられたり助けたり」「教えられたり教えたり」となっていて、そうしたこともあったようではありますが、違いを認めない、互いの監視制度でもあったようですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月11日 21:13
    > mixiユーザー 自由に描けた大正時代から昭和になって、徐々に戦時色が強まっていったのでしょうね。「兵隊さん」を描いたものも増えて行った時代でしょう。それが一色になっていったところに戦争の影を感じます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月11日 21:18
    > mixiユーザー 私は皆さんが「左翼思想」とは感じていません。そんな単純に物事を右か左かと分けてはいらっしゃらないと思います。まして線引きなんてしていらっしゃらないと思いますよ。
    戦中の人であっても、ある程度の視野を持っていた人は「あの米国に戦争を挑んでも負けるだろう」と思っていた人はたくさんいます。こういう人を「左翼思想」とひとくくりには出来ません。むしろ合理的・客観的な目を持っていた人だと思いますので。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 00:57
    都内に住む知り合いから、チラシは貰っていたけれど。
    あらためて、拝読して、イッセーさんの妻役が、篠原ともえさんですか。
    あの、「沈黙」で、狡猾な役人で好演してたイッセーさんの、本作での妻が、篠原さんねぇ。見たい気になりましたが、多分、地方には、来ないでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 10:15
    > mixiユーザー そうですね、地方は無理でしょうね。それに映画自体は、少し古い漫画家に興味がないと、面白くないと思います。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年12月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031