ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 「マイ・フーリッシュ・ハート」チェット・ベイカーの死の謎

mixiユーザー(id:10258677)

2019年11月14日07:36

38 view

「マイ・フーリッシュ・ハート」チェット・ベイカーの死の謎

チェット・ベイカーの名前は、ジャズに親しまない私でも知っている。
彼は1988年5月13日の午前3時に、アムステルダムのホテルの窓から転落死。

「マイ・フーリッシュ・ハート」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4855842
http://my-foolish-heart.com/

場末のホテルの男の転落現場に駆け付けた刑事ルーカス(ハイス・ナバー)は、
見上げた窓に人影を見る。自殺か、事故か、事件か。
部屋の中には、ヘロインの注射器と、トランペットが転がっていた。

高名なジャズミュージシャンのチェット・ベイカー(スティーブ・ウォール)と
知ったルーカスは、チェットの足跡を調べようと、彼の知人達を訪ねる。
マネージャー、医師、恋人、ルームメイト…。
そこで語られる、チェットの様々な側面が浮かび上がってくる。

ダークな黄色っぽい映像で、彼の最後の辛い日々が描き出されていく。
ミュージシャンでもあるスティーブ・ウォールは、チェットを演じるに当たり、
トランペットの指使いを練習したらしい。実際の演奏はルード・ブレールス。

チェットの転落の人生を、刑事が自分の人生と重ね合わせるようなシーンが続くが、
もっとチェットに焦点を当てても良かったのではないだろうか。
チェット・ベイカーに関心ある人を観客とするのだろうが、それには物足りなく無いか。

チェットの演奏を聴きたい方、どうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=2Ynn3mzC2E4&list=RDn6ETnZ2Nzr4&index=23

9 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月14日 09:13
    チェットは、ファンというほどのものでもないのですが、なにぶん長年のジャズリスナーですので、若い時も晩年のもアルバムいろいろ持ってます。
    なんのかんの言っても好きなのか?

    3年前にも、彼の若い頃をイーサン・ホークが演じた伝記映画がありました。まあまあでしたかねあせあせ
    https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1957055023&owner_id=26940262

    この映画も近々観るつもりです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月14日 09:31
    常連館で確か、今週末から上映されるのですが・・・やはり、私、ジャズには詳しくないので、スルーになりそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月14日 09:38
    > mixiユーザー チェット・ファンにも不満が残っちゃうのではないかと。
    ただ、やはりジャズ・ミュージシャンのスティーブ・ウォールの頑張り具合など、お楽しみになれるのかもしれません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月14日 09:38
    はい。それならスルーをお勧めです…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月14日 09:41
    マイ・ファニー・ヴァレンタイン,好きな曲の一つです。チェット・ベーカーのカヴァー曲のナンバー・ワンと言われているようですが、彼のトランペットのスタイルにはチョッと合わない気もします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月14日 10:05
    これはみなくちゃ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月14日 17:52
    > mixiユーザー お詳しいのですね。私はそんなにジャズを聴いてないこともあって、この映画はもうホントに物悲しいし、刑事の話は長いし…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月14日 17:55
    > mixiユーザー お好きなんですね。でも映画としては…というところです。
    「ブルーに生まれついて」の方が評判は良いですが、もうご覧になったのでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月02日 23:32
    私は、イーサン・ホークの「ブルーに生まれついて」が、気に入っているので、興味があります。あの映画では、折角、キレイな体で再起したのに、また、危ない薬に手をだしてましたが。その後の話って事になるように見受けられます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月03日 10:13
    > mixiユーザー そうです。「ブルーに生まれついて」は復帰の話でしたが、結局は麻薬から逃れられなかった、その転落人生の最後の日々。それと刑事の家庭の話が挟まれていると言った感じです。とにかく暗くて…。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する