ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 「スペインは呼んでいる」男2人のおしゃべりグルメ旅

mixiユーザー(id:10258677)

2019年11月12日20:01

35 view

「スペインは呼んでいる」男2人のおしゃべりグルメ旅

同じ2人組で、以前にイギリス編の「スティーヴとロブのグルメトリップ」、
次作に「イタリアは呼んでいる」があり、第3作目ということ。

「スペインは呼んでいる」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4855854
http://www.hark3.com/trip-to-spain/

イギリスで有名なコメディアンのロブ(ロブ・ブライドン)に
俳優のスティーヴ(スティーヴ・クーガン)から電話が。
スペインの美食の旅の企画に、一緒に出掛けようという。

船でスペインに渡り、レンジローバーで、古城などに泊まりながら、
有名レストランを巡り歩く。その間に、コメディアンでもある彼らの
有名人の物まねや、映画のセリフ、裏話などの会話が勢いよく続く。
このおしゃべりがツボに嵌るか嵌らないかで評価が分かれる。

ロブの奥さんは美人だし、長女も赤ちゃんも可愛い。
帰宅したロブは、いろいろ悩まされながらも幸せそうだ。

1人旅を続けるスティーヴは、息子と会えなかったり、
離れて暮らす妻の妊娠の知らせなど、悲哀の滲むストーリーも。

ホントに残念なことに、私には会話があまりピンと来なかった。
知っている俳優の声色などもあったのだけれど、ウ〜ン。
でも3作目ということは、ツボにはまる人も多いということか。

お料理も、もう1つ。焼いた鰯にレモンとオリーブ油とか、
チョリソーとか、ミシュランの星のついたバーベキューとか、
材料が良ければ美味しいに決まっているけれど…。
パンフレットの地図とレストラン案内は、スペイン旅行には役立つか。

8 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月12日 22:26
    これ、数年前にイタリア版があって、監督が大好きなマイケル・ウインターボトムなので興味津々で観たのですが、本作での御感想と全く同じで、ふたりのジョークの由来が全くわからず、おまけに終始喋り通しなものだから辟易したのを憶えているんですがまん顔
    inter FMのピーター・バラカンも番組で同じことを言われてましたし・・・
    だから僕はパスです(笑)
    https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1942628224&owner_id=26940262

    でも、主演のスティーヴ・クーガンは、同じウインターボトム監督の『24アワー・パーティー・ピープル』や、ジョディ・デンチと共演した『あなたを抱きしめたくて』や、ジム・ジャームッシュの『コーヒー&シガレッツ』などどれもいい味出しているんですよね〜。
    本国ではコメディ俳優で通っているとか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月12日 23:02
    スペインの美食とよく言われる所謂"gastronomía"ですが、本来の意味は「食事」「料理」です。ミシュランの星の店にでも行けば本物の「美食」に出会いますが、普通の店はそれなりに気の利いたものを出しても普通の料理です。バスク名物の「美食クラブ」でも食事しましたが、確かに美味しいし全て男性が仕切るのが面白かったですが、特に騒ぐほどの味ではありませんでした。バル巡りもしましたが、どこも満員で入れず、空いている店のピンチョス(タパス)も特にどうというほどのものではありませんでした。マドリードの海鮮料理屋では結構立派で美味しい海鮮料理を楽しめました。うみうしがメニューを見乍ら、一応フルコースになるように料理を注文したら、ウエーターのおっさんに「それはちょっと量が多過ぎますね」と言われ幾つか減らしたという珍しい経験を思い出しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月12日 23:08
    > mixiユーザー はい、ものまねが笑えず、私は映画の教養がないのかと。
    海外では毎回大ヒットだそうで、日本人の笑いのツボと違うのかな?
    景色がきれいですけれどね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月12日 23:13
    > mixiユーザー 「多過ぎる」と言われるなんて珍しいですね。イタリアでは、「日本女性は前菜で終わり?」と言われたことが。だって、前菜が山盛りのスパゲティなんですもの。イタリアはどこも美味しかったけれど。
    スペインは、感激するほどの食事には出会えなかったような気がします。ワインを飲みながら、オリーブやピンチョスを摘まむのが美味しかったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月13日 09:32
    > mixiユーザー 手(パー) バスクで一番おいしかったのは、ホテルのバーで夕食代わりにサンドイッチとビールを頼んだら、おつまみに出てきた浅漬けのオリーヴでした。「マリア・クリスチーヌ」五つ星ホテルでしたが、改装で一年の休業明けのタイミングが悪い時で、シェフが戻って来てなくてダイニングが明けられず、ホテルで朝食以外はまともな食事ができなかったという運の悪さでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月14日 09:09
    やっぱり・・・そうでしたか・・・。
    『イタリアは呼んでいるが』がピンとこなかったので、こちらはどうしようかと思っていたんです。
    ただ好きな監督&キャストだから、やっぱり観ておきたい気持ちもあったりで。
    ちなみに、ロブ・ブライドンさんは、私がはい、つい最近観た『シンクロ・ダンディーズ』の主役の方でしたね♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月14日 17:43
    > mixiユーザー それは残念でしたね。オリーブはビックリするくらい美味しいものに当たることがあり、次によく似たのを買っても違うヨということもあり。
    素敵なホテルだったでしょうに、それはアンラッキーでしたね。ダイニングが開かない五つ星ホテルなんて日本では考えられないけれど。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月14日 17:44
    > mixiユーザー でも彼らのおしゃべりがよく理解できて、俳優の物まねがピンとくる人には高評価みたいです。私はそこが知識不足で無理でした〜残念。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する