ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 「残された者−北の極地−」 雪と氷の地のサバイバル

mixiユーザー(id:10258677)

2019年11月08日23:27

32 view

「残された者−北の極地−」 雪と氷の地のサバイバル

「ゼロ・グラビティ」や「オール・イズ・ロスト」のように、
孤独に奮闘する映画が好きな人にはたまらないだろう。
私には、マッツ・ミケルセンも好きな俳優の1人。

「残された者−北の極地−」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4855843
http://www.arctic-movie.jp/

雪と氷ばかりの地で、1人の男(マッツ・ミケルセン)が、
氷をどかして地表面を掘り出している。上空からのロングショットになると、
それが白い大地に、大きくSOSの文字になっている。

彼は何とか無線が届かないかと試みる。
氷にあけた穴に垂らした釣り糸を手繰り、鱒を釣り上げる。
そして、亡くなった同乗者の墓を訪ね、壊れた飛行機に戻る。
全くの孤独の中、ルーティンワークが彼の命を支える。

1台のヘリコプターに彼は狂喜する。しかし墜落。駆けよると、
男性は死亡していたが、女性は重傷を負いながらも生きていた。
傷の手当をし、温かい寝床を譲り、食べ物を何とか与えるが…。

このままでは女性は死ぬ。どうしても移動しなくては。
基地の場所は分かるが、そこまでの道は遠い。

原題はArctic、シンプルに北極圏。邦題も良いと思う。
セリフはほとんどない。出演者は人影を除けば2人だけ。
一面の氷雪の中、ミケルセンの行動を黙々と追う。

過酷な中での沈着な行動と、命を救おうとする不屈の意志。
絶望の中「大丈夫だ、一緒に居る」というセリフが胸を打つ。
ただただ雪と氷の中で、一人の男がサバイバルするだけの話なのに、
画面から目が離せない。これは映画館で観て!

7 13

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月08日 23:45
    映画館で観たいのは山々なれど…。冷や汗
    私もマッツは好きな俳優の一人です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月09日 00:05
    > mixiユーザー お忙しいのね。お気の毒です。
    いわゆるアクション映画と違うから…。
    映画館で雪と氷の画面の中に、自分もすっぽり入って観てほしい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月09日 09:22
    > mixiユーザー 壮絶なストーリーのようですね。たしか終戦後最初のロードジョウだと記憶していますが、日比谷映画で観た「ユーコンの叫び」を思い出しました。あちらは北アラスカが舞台で、女流作家と狼がテーマだったことしか覚えていませんが、生まれて初めて観たアメリカ映画に感動したのを覚えています。その後有楽町にスバル座ができてガーシュインの「アメリカ交響楽」を始め「ガス灯」「仔鹿物語」と続けて観てアメリカ映画の虜になりました。日比谷映画では「ユーコンの叫び」の後は確か「オーケストラの少女」「舞踏会の手帳」などをやっていました。70年前の話で恐縮ですあせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月09日 09:52
    群像劇(群集劇?)も好きですが、孤独に奮闘する映画も好きです。
    人間が描かれていれば、何でも好きっわーい(嬉しい顔)
    マッツは、私もハナミズさん同様、好きな俳優さんなれど、この作品、今、調べてたら、千葉県では上映されてないぃいい。
    なんたることだ!(^-^;
    とりあえず、様子見なり。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月09日 22:11
    > mixiユーザー 名前だけは知っている有名な映画の映画史ですね! 
    ちなみに私の始めて見た洋画はミュージカルの「足ながおじさん」でした。
    もう、フレッド・アステアのダンスをうっとり見ていた覚えがあります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月09日 22:17
    > mixiユーザー もうホントにセリフの数の少ない映画でした。
    交信すらできないし、助けた女性も重傷でほとんど口もきけないという。
    お、マッツファンがもうお一方。いいですよね〜彼!「ロイヤル・アフェア」「偽りなき者」と観て、見とれました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月10日 09:12
    > mixiユーザー 手(チョキ) アステアと言えば、ジンジャー・ロジャースとのコンビが懐かしいです。彼らが活躍したのはうみうしが生まれる数年前からだったというから古いですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月10日 15:29
    極限状態での緊張の連続するシーンがほぼ占める映画なのでしょうか。
    詳しくは忘れましたが、むかし英語の教科書で、愛犬と自分と二人っきりになってしまい、飢えに苦しんでいる時に、少年(だったと思うのですが)が愛犬を見ると、愛犬は私を食べたいんでしょうと思っているように見えた、というシーンを思い出しました。それ以外のことはすっかり忘れていますが、日記を読んでいて全く忘れていたそのシーンを思い出しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月10日 21:20
    > mixiユーザー 懐かしいでしょ。それまで私の田舎町の映画館にはチャンバラ映画ばっかりでしたのに、映画好きの校長先生が2か月に1回くらいだったかしら「一心太助」とか「月形半平太」とか、学校から行くんですよ。今だったら大問題のなったでしょうね。そんな映画しか知らなかったので、ミュージカル、ダンス、と華やかさに目を見張って観ていました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月10日 21:25
    > mixiユーザー それは怖い話ですね。この映画では釣れた鱒を生で食べるシーンはありました。イヌイットも生食だそうで、それでビタミンが摂れて壊血病にならないと聞いたことがあります。
    セリフもほとんどないし、出演者も2人といってもほぼ彼だけなのに、もう目が離せないくらいの緊張感でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月10日 21:27
    > mixiユーザー 手(パー)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月29日 10:07
    これ、飛行機の中で観ました。
    よかったですね。
    英語かスペイン語のみでしたが、台詞が少なくて助かりました。
    瀕死の女性を献身的に介護するところは感動しましたが
    お下の世話などどうしていたのかなあなどと思っていました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月29日 13:07
    > mixiユーザー 鋭いご指摘! 
    傷の手当のシーンはありましたが、そこは無かったです。
    そういうところはリアリティもちょっと遠慮というところですね。
    マッツ・ミケルセン、もう1本りんご観てきました。
    こちらはよく喋っていました。今日書けるかな。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する