ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 「ホテル・ムンバイ」命をかけて客を守った人たち

mixiユーザー(id:10258677)

2019年11月06日23:31

25 view

「ホテル・ムンバイ」命をかけて客を守った人たち

マイミクさんの方々の高評価に、終わる前に行かなくちゃと朝からお出かけ。
久しぶりに混み込みの電車に乗りました。映画館は10数人だけ。

「ホテル・ムンバイ」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4825067
https://gaga.ne.jp/hotelmumbai/

2008年、実際にインドの大都市ムンバイ(ボンベイ)で起きた同時多発テロ。
鉄道駅、病院、映画館、ユダヤ教のハウス、外国人の多いカフェ、高級ホテルが狙われ、
テロリスト集団に、172〜4人(外国人34人)が殺され、239人負傷。

映画はそのうちタージマハル・ホテルをメイン舞台にする。
ムンバイの浜辺に10人の青年がボートで上陸、指令を受けながら散らばっていく。
突然、駅で、カフェで、銃声が響き、人々が逃げ惑う。

青年アルジュン(デヴ・パテル)は、ホテルの従業員。妻と幼い娘がいる。
突然、武装したテロリスト集団がホテルを占拠、500人以上の宿泊客と従業員がいる。

料理長(アヌパム・カー)は「従業員は客を守る、
しかし家族がいるものは残らなくていい。責めはしない」
その言葉を聞いても、「ここが私の家です」と従業員たち。
アルジュンも残ることを選ぶ。

アメリカ人建築家デヴィッド(アーマー・ハミー)と、
イスラム系インド人の妻ザーラ(ナザニン・ボニアティ)は、
部屋に残した赤ちゃんと子守のサリーが気掛かり。

デヴィッドは、危険を冒しても赤ちゃんのもとに行こうと試みる。
テロリストたちは容赦なく撃ち殺し、爆破し、放火していく。怖い、目が離せない。

料理長の冷静な判断が素晴らしい。
こんな状況で客の安全を図り、従わせる権威は大したもの。豪胆とはこういう人だろう。

傲慢な女好きのロシア人ワシリー(ジェイソン・アイザックス)が、
夫と離れたザーラを気遣い守る。

ターバンを取れと言われたシーク教徒のアルジュンが、
宗教的な尊厳を客に説き理解を得るところも胸を打つ。

アクション映画ならワシリーとデヴィッドに
超人的活躍をさせるだろうがそうはならない。
客に電話を掛けることを強いられた受付の女性が、怯えながら命を懸けて拒否する。

等身大の普通の人たちが、恐怖の中でいかに人を守ろうとし、務めを果たそうとしたか。
それが、もしこんなところに居合わせたら私はどうしただろう…と思わせる。

「お前たちが貧しいのは、異教徒に富を奪われたからだ。殺せ、神が命じている」と、
アラーの神の名を借りて電話を通じて、テロリストの若者を煽り立てるボス。
テロリストの1人が、家族に「お金を払ってもらえたか」と確かめるところが悲しい。


貧富の差は、近年ますます激しくなっていて、オックスファムの調査によれば、
・8人の超富豪と、貧しい36億人の資産は同じ。
・上位1%の資産は、残り99%の人の総資産を超える。のだそうだ。
そして月6,000円以下で暮らしている人が20%。約14億6,000万人もいる。

情報社会は貧富の差を如実に知らしめる。
それに不満を持ち、恨みを社会にぶつける人もいる。
ISはそういった人を組織して「アラー」の名のもとに洗脳し、テロの手先に利用する。

人を殺すという残虐を、こんな若者がするのか。許せないし理解も出来ない。
しかし貧富の差が拡大していく限り、社会の安定はますます脅かされるのだろう…。
10 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月07日 08:09
    ううん、やっぱり結びが貴姉らしい。
    もちろんテロリストを、「こんな人間にしたのは誰だ!(この台詞、名作『ジャガーノート』が強烈でしたが)という思いは確かに強く感じました。
    だけどそれは世界じたいに問題があるのか、貧困と無知につけ込んで唆し、彼らを殺人マシーンに仕立て上げた黒幕が悪いのか・・・
    とても難しいものがあります。

    本当に怖ろしいほどの緊迫感で、テロリストと対照的に胸を打つのはアルジュン達ホテルマンの献身。
    そこには名門ホテルに就く者のプライドと義務を感じます。
    おそらく、テロまで想定してないけども、なんらかの事故、異常事態が発生した時にどうすべきかを教育されていた証なのでしょうけど。

    見応えのある力作でした。この監督があまり知られてない豪州人が手掛けたのも驚きです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月07日 09:15
    > mixiユーザー 「貧困と無知につけ込んで」というところ、彼らは全員ではないでしょうが、簡単な英語すら理解できない場面がありましたね。彼らだって教育(宗教だけでない)をきちんとされていれば就職だってまともに出来て、判断力だってついていたでしょうに…。
    アメリカ映画じゃないから、派手なアクションシーンとならなくて、人間の普遍性を引き出し得たのかな?って思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月09日 11:01
    >等身大の普通の人たちが、恐怖の中でいかに人を守ろうとし、務めを果たそうとしたか。
    >それが、もしこんなところに居合わせたら私はどうしただろう…と思わせる。

    はい、まさに、そうなんですよね。

    で、アミハマさんは、やはり有名俳優さんだから、観客は絶対、彼は最後まで生き残ると思いながら観賞する。
    でも、そうじゃない。そうはならなかった。
    そこまで重要な役じゃなかったから、最初、アミハマさんが配役された理由がわからなかったんですが、観賞後、公式HPでの監督の言葉を読んで納得しました。

    知識がそんなにない若者を洗脳して・・・のやり方には、もう、怒りしかないですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月09日 20:58
    はい、私も彼は生き残る!と思っていたので、呆気にとられました。
    だって、ローン・レンジャーですよ、コードネームの主演ですよ、
    生き残りそうじゃありませんか!!!びっくりでした。
    ホントに若者を手先に使って殺させ、自爆させるなんて卑怯者のやることです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!