ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 「今さら言えない小さな秘密」 自転車に乗れない…

mixiユーザー(id:10258677)

2019年10月15日22:39

37 view

「今さら言えない小さな秘密」 自転車に乗れない…

自転車に乗れない話だけで、よくまぁ1本の映画に仕立てたものだと思うけれど、
プロヴァンスの風景がきれいで、山羊が何気に可笑しい。

「今さら言えない小さな秘密」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4813959
http://www.cetera.co.jp/imasaraienai/

ラウル・タビュラン(ブノワ・ポールヴールド)は、郵便配達人の息子。
プロヴァンスの小さな村では、肉屋もパン屋も息子は親の仕事を継ぐ。

ラウルは補助輪付きの自転車で、父親と一緒に配達していたのに、
補助輪を取ったらバランスが取れず、すぐに転んでしまう。

ある時、急斜面を自転車で駆け下り、勢いで空中を舞って池に落下。
友達は、ラウルは凄い乗り手だと思い込んでしまう。乗れないのは秘密だ。

父親に告白した直後に父親は死に、恋人に告白したら振られてしまう。
ラウルは自転車修理工になり、村では自転車を彼の名タビュランと呼ぶほどなのに。

妻マドレーヌ(スザンヌ・クレマン)にも話せない。しかし、結婚時に
マドレーヌから約束させられたのは、彼にとって都合の良い話。

ある日、村に写真家エルヴェ(エドゥアール・ベール)がやってくる。
エルヴェは村人の写真を撮り始め、マドレーヌは自転車に乗ったラウルの撮影を勧める。
ラウルは何とか自転車に乗らずに済むように画策するが…。

意に反して村人に英雄視され、何度も口にしかけて上手く行かなかったり、
ラウルの気の毒なほどに追い詰められていく気分と、しでかす頓珍漢なこと。
そしてエルヴェも秘密があった。

「小話」のようで、本人たちは生真面目で深刻なのにユーモラス。こういうの好き!


とにかく、予告編を見たときから、絶対に見ようと決めていた。
というのは、私も自転車に乗れないから。秘密にはしていないけれど。

運動神経アウトでスポーツは水泳と登山くらい。テニスやバドミントンもダメ。
子供の頃からスキーに行っていたけれど、これも上手にならず。

自転車は、弟が広い校庭でコーチをしてくれたのだけれど、
雲梯の下のたった1つの水たまりに突っ込んで転んだ。
乗らなくても生活に不便のないところに住んだために、そのままに。

子供たちが小さい頃、善福寺川を遡って連れ合いの実家まで歩いたが、
兄弟で小さな声で「ママが自転車乗れないから僕たち歩かされるんだぜ」
と言っていたのが聞こえて、半ば的を突いていて大笑いしてしまった。

自転車の練習にも付き合って、息子たちはちゃんと乗れるようになった。
孫も乗れる。でも、未だに私は自転車に乗れないまま。
ラウルへの共感度が高くて、星は少々おまけ!!!
8 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月15日 23:07
    まあ。なんて楽しいおはなしでしょう。
    自転車ってだれでも乗れそうだけど、そうではないのですね。
    私は40歳の時、郊外に越してきました。周りの主婦はみなさん自転車でお買い物に。
    私も思い切って自転車を買いました。うまれてはじめて。
    200メートル離れた自転車やさんで、小型のをみつくろってお支払い。
    ホイヨ、と渡してくれたけど、持って帰れない。
    あのー配達してください、と頼んで。

    日曜日、夫のコーチで裏通りで練習。誰か来ると恥ずかしい。
    何とか乗れるようになったけど、車がくると怖い。結局、私が自転車に乗るのは世のため、自分のために
    ならないと悟って、1年でやめました。

    なんでもお出来になるtamaさまと同じところがあったなんて、うれしいこと。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月15日 23:21
    > mixiユーザー 私は出来ないことが一杯です! 車も運転しないし、スケートはお尻が痛かった…。音楽も耳が良くなくてちっとも覚えられないし…。
    でも、アートさんもお乗りにならないとは!(乗れない…ではないのですね)
    さっそうとドライブもサイクリングも出来ず、短い脚で歩いています走る人
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月15日 23:28
    あら、ブノワ・ポールヴールド好きなのに、この映画のことまったく知りませんでした。
    サンペの漫画が原作なんですね。
    Le Vélo de Ghislain Lambertという映画ではプロの自転車選手を演じていたので、
    ラウルの秘密がなおさら可笑しいです。

    tamaさんが自転車に乗れないというのは意外でした。
    パワーポイントで書類を作るほうが難しそうな気がするけれど・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月16日 00:04
    予告で何度も見て、これは後回しでもいいかなぁという気分になってます。
    今はゆっくりとこうした作品を楽しむ余裕が…。あせあせ(飛び散る汗)

    初めて自転車に乗る練習をしたのを思い出します。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月16日 00:53
    > mixiユーザー 面白いお話をありがとうございました。自転車のプロ選手を演じで、今度は乗れないお話なんですね。でも、すっ飛ばしていくところがあるので、私みたいに本当に乗れない人には無理な演技でしょう。
    パワポもよちよち作っています。なんで、はみ出るの!とか、ええ〜動かない、どうして? エイッ…消えたっ!ショボンとか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月16日 00:54
    > mixiユーザー ま、小品ですからね。感激!とかスリル満点とかではないです。
    私にはピッタリでしたがうれしい顔
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月17日 10:31
    しばらく前に観たんですが・・・どうにも、感想は後回しになってしまう作品であせあせ
    しかし、あの写真家の秘密までが、ああだとは・・・。
    終盤、妻が、息子の自転車姿を見て、ハッと気づくとこが好きだったかも。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月17日 23:48
    > mixiユーザー はい、人の心の機微を描いたわけで、アクションとか無いから、インパクトは強くないですよね。でも私好みです!!!
    ラウルは乗れるようになってめでたしでendなのかな〜とか思っていましたが、写真家とも共感出来て、奥様は秘密を分かってくれて、息子は自転車に乗れるようになって、やれやれ良かった…でした。気づいたときの表情は良かったですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!