ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 「蜜蜂と遠雷」 ピアノへの愛に満ちたコンクール

mixiユーザー(id:10258677)

2019年10月14日10:42

47 view

「蜜蜂と遠雷」 ピアノへの愛に満ちたコンクール

恩田陸の原作は寝不足になるくらい面白かったし、音楽やバレエコンクールの
ドキュメンタリーのテレビ放映があると楽しみに見ている。

だから、ピアノもたっぷり聞けそうだし、何より、新たに作曲された「春と修羅」
そして4人の登場人物それぞれに作曲されたカデンツァを聴いてみたかった。

「蜜蜂と遠雷」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4831374
https://mitsubachi-enrai-movie.jp

栄伝亜夜(松岡茉優)は、天才少女ピアニストとして活躍していたが、13歳で
ピアノ教師でもあった母を失ったショックで、コンサートを放棄した過去を持つ。

高島明石(松坂桃李)は、楽器店に勤務し妻子がある。応募年齢ギリギリの28歳で、
音楽一筋の若者に交じって、深みのある社会人の音楽を模索する

マサル・カルロス・レヴィ・アナトール(森崎ウィン)は、ジュリアード音楽院出身。師に完璧を求められ、すでに将来を嘱望され、コンクールの大本命と言われている。

そこに音楽学校にすら行ったことのない、養蜂家の息子の風間塵(鈴鹿央士)が、
亡き高名なピアニストの推薦状と共に現れる。
蜜蜂とともに欧州を移動しつつ、音のない木製鍵盤で練習をしていたらしい。

第一次予選、第二次予選…そして本選と進むコンクールの日々、
4人がライバルでありながら、互いの才能を認め合い、
関わりを深め、親しみ合ってゆく姿が心地よい。

亜夜とマサルが幼馴染で今も続く友情、明石の生活を支えながらの努力と天才への羨望、
塵の天真爛漫なピアノが好きでたまらない姿、それぞれに上手く描かれる。

亜夜と塵の、月の光を浴びながらのドビュッシーの月の光、ペーパームーン、
ベートーヴェンの月光の曲の連弾シーンは、ピアノって素敵だと思わせられる。
https://www.youtube.com/watch?v=7197M4qTiSk

本選にはマサルがプロコフィエフの2番、亜夜が3番に対し、
塵がバルトークの3番を選ぶ。
その選択も頷かされるし、演奏のシーンも素晴らしい。

ただ、楽しみにしていた「春と修羅」のカデンツァ部分に、
それぞれの映像と語りが被さってしまう。もう少し音を聴かせてほしかった。
映画だから仕方がないのかもしれないけれど。
https://www.youtube.com/watch?v=IVRI7lrzRhA

あの長い小説の枝葉をバッサリ切って、
亜夜の再生と明石の生活者の音楽を追求する姿にまとめた。
そこも上手く行っているが、小説に描かれた苦悩の部分は薄くなっている。
その分、さわやかな若者の友情と競演の成長物語になったかな。
9 12

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月14日 10:55
    はじめまして、こんにちは。映画素敵でしたが、原作を読んで居ないからなんで風間君が木製鍵盤だけの練習で、推薦状が貰えるのかがわかりませんでした。映画の流れから、亜夜が2位というのも意外で、結果が画面でしかみれず物足りないのと見えなくてよくわかりませんでした。2時間では収まりきれないですよね。松岡美優さんは、演技が上手で万引き家族とちはやぶるで3作見ました。ちはやぶるではインパクトなかったけど、素敵な女優さんで素顔とギャップがありますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月14日 11:46
    > mixiユーザー 風間塵は、幼いころはピアノがあって、その時に絶対音感を養ったのでしょう。だから木製楽器でも彼の頭の中では音が鳴り響いていたと思います。それと、ホフマンについていたのだから、機会があればピアノを弾く機会ももちろんあったことと思われます。私は亜夜が2位でも納得でした。マサルのスケールの大きさや完成度が1位になったのかなと思います。松岡茉優さんはもちろん、4人とも上手かったですね。あのくったくのない風間塵が新人というのにも驚きました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月14日 12:11
    原作では風間君とホフマンがどうやって出会ったのかはありましたか?鈴鹿央史が新人には驚きました。考えてみたら、なつぞらに出てたけど注目していないから、インパクトもなかったですね!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月14日 12:11
    ご覧になったのですね。本を読み言語化するには難しい音の世界に分け入った意欲作と。今日、頼んでおいた、ピアノ作品の楽譜が届きました。物語のなかに登場した作品、時間があったら楽しんでみたいのですが…。映画感想は、観てから拝読させて頂きますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月14日 18:14
    > mixiユーザー 本で調べて見たら、塵は子供の頃からピアノがなく、ピアノに出合うと弾かせてもらっていたということになっていました。ですからいろんなピアノで調律も自分でしていたと。ホフマンとの出会いは謎のままで、面白がったホフマンが、一緒にトラックの上で電子ピアノを連弾したり、ホフマンの家では2台のピアノでおしゃべりするみたいに連弾を楽しんでいたという描写がありました。鈴鹿は、広瀬鈴がスカウトしたそうですね。https://eiga.com/news/20190928/3/
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月14日 18:17
    > mixiユーザー ピアノをお弾きになれて羨ましいです。私は小学校の時に「習わされていた」のですが、あのバッハのインヴェンション1番で、もうダメと止めてしましました。音楽の才能皆無です。映画を楽しんでくださいね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月15日 00:09
    高評価の方と真逆の意見があって面白いです。
    興味はなくはないのですが、いかんせんいろいろ都合がつきそうにないなぁ。
    (新人俳優が良かったという意見も)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月15日 10:07
    先日、観てきました。
    いやあ、4人とも、ピアノ演奏シーン、すごく良かったです。
    で、風間塵くん役の俳優さん、全く知らないなあ、でも、上手いなあって、思ってたら、いやはや新人の方だったんですね!
    ちょっと、ちょっと、大注目の俳優さんかも。
    個人的には、マサル役の森崎ウィンさんの声がめちゃ素敵だったぁああ。ミャンマー出身で3か国語に堪能との事で、彼もこれから、ますます活躍しそう!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月15日 17:35
    >小説に描かれた苦悩の部分は薄くなっている

    本当にそうでした。
    2時間枠ではあれが限界なのかもね。
    でも私もたっぷり楽しみました〜!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月15日 23:09
    > mixiユーザー 時間があればぜひ。はい、鈴鹿央士は上手かったですよ。塵の天然ぶりを地じゃないかと思うほどピタッと演じていました。4人とも上手!
    時間があれば是非お勧めします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月15日 23:14
    > mixiユーザー 鈴鹿央士は、広瀬すずが「顔が小さくてかわいい子がいる」ってスカウトしたそうですよ。ピアノの演奏シーンはけっこう迫真の演技でしたね。
    森崎ウィンはハーフかと思っていたら、ミャンマー人なんですってね。彼も素敵でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月15日 23:15
    > mixiユーザー ずいぶん前に読んだので、再読中です。
    私も、もうちょっとピアノ聴かせて〜と思いつつも、十分に楽しみました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する