ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 「典座 -TENZO-」 曹洞宗の僧の活動と教えを描く

mixiユーザー(id:10258677)

2019年10月11日11:09

36 view

「典座 -TENZO-」 曹洞宗の僧の活動と教えを描く

実家は曹洞宗でもあり、興味深く拝見させて頂いた。
主として曹洞宗の世界大会、海外への紹介のために作られたとのこと。

「典座」とは、禅宗の寺院で、仏様の供膳や僧の食事、調理をつかさどる役目。
曹洞宗の開祖である道元禅師は『典座教訓』を書かれ、その大切さを伝えている。

「典座 -TENZO-」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4831379
https://sousei.gr.jp/tenzo/

富士山を望む都留市の曹洞宗耕雲院の智賢(ちけん)は、
住職の父と、母、妻と食物アレルギーの3歳の息子と暮らす。
彼は、禅の自然への畏敬を込めて主婦に精進料理を教えている。

兄弟子の隆行(りゅうぎょう)は、東日本大震災で福島県沿岸部にあった
寺も檀家も家族も失い、瓦礫撤去の作業をしながら、寺の再建を願う。
2人は10年前に本山で修行を終えて、それぞれの寺に戻っていた。

知賢は、尼僧の青山俊菫(しゅんどう)に教えを乞う。
「精進料理を教えている」と知賢が話すと、俊菫は、
「モンゴルでは、冬は家畜の乳が主食、夏は肉を食べる」と
精進の形に捉われないことから、自由な心での仏教の教えを説く。

ドキュメンタリーではなく、かなりの事実を入れたセミドキュメンタリー。
だが、それが上手く行っているかというと、僧が僧を演じたわけだがぎこちない。
敬虔で真摯な端正な日常が描かれ、随所で教えが説かれ、悩みが語られる。
それが彼ら自身の生活だろうから、ドキュメンタリーでも良かったのではないか。

河口智賢ご本人は映画と同じ耕雲院の副住職で、禅の教えを地域に生かしたいと、
この映画そのままに幅広い地域活動に力を入れながら、全国的にも活躍する。

倉島隆行は四天王寺住職。若い頃はフランスやドイツで参禅修行の経験を持つ。
全国曹洞宗青年会の災害ボランティアとして働き、
東日本大震災の被災地福島でも現地支援で働いたという人物だそうだ。

むしろ彼らの日常を時間をかけて追い、そのままドキュメンタリーとすれば、
もっと自然な形で成立したのかもしれないと、惜しく感じる。だが、
日本人だからぎこちなく思えるのかも知れず、外国人なら思わないかな?

「サウダーヂ」「バンコクナイツ」の富田克也監督。毒が無いから?

9 14

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 13:34
    実家は日蓮宗だったと思いますが、うみうしとアートは四ツ谷の曹洞宗の古刹、東長寺と永代供養の契約を結んでおり、座禅や写経なども経験済みです。二人とも好きな字を一字入れた戒名も頂いており、本堂のひな壇には既に位牌も飾られています。今はまだ赤字の方ですが、祀られる時は裏の青字に変る仕組みです手(チョキ)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 20:18
    > mixiユーザー ずいぶんご準備が良いのですね。お墓も時々赤い字の掘ってある墓石を見かけます。あとで墨入れをするようですね。
    連れ合いの家は父親が次男だったので、亡くなった時によくお散歩に行っていた真言宗のお寺に、連れ合いがお願いしてお墓を作りました。最近はお墓を作らない方も増えたとか…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 22:20
    面白そうですね。そのような映画はめずらしいと思いますが、単なる私の知識不足かも知れません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 22:41
    > mixiユーザー 手(パー) われわれも墓はなしです。本堂の両側にひな壇が置かれていて、そこに位牌が並んでいます。その位牌の下にお骨を納めるそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 23:04
    > mixiユーザー 私も初めて観ました。内部用の映画はいろんな宗教でも作っていると思うのですが、一般公開は珍しいのかもしれません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 23:12
    > mixiユーザー そうですか。サッパリとした生き方でいらっしゃる。連れ合いの方は息子が見ると言っていますが、孫の時代はどうなるか。実家の方も姪の1人が相続しているとはいえ、子供のいない夫婦なのでそこもどうなるか。お墓は子孫にとっては面倒なものと化す時代になったのかもしれません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 23:58
    おお、面白そうですね。
    私の実家も曹洞宗で今の和尚さんは慶応を出て商社勤務をしてヨーロッパ各地で過ごしてから
    永平寺で修行して寺を継いで住職になったという薫酒山門にどんどん入れちゃうような人です。
    野々村馨の「食う寝る坐る永平寺修行記」という本を読んだとき
    えっ!?あのちゃらちゃらへらへらした和尚さんもこんなに厳しい修行をほんとうにしたの?とびっくりしました。

    この映画では永平寺は出てこなくて耕雲院と四天王寺が舞台になっているんですね。
    四天王寺って、大阪のでしょうか。あまり曹洞宗とうイメージがなかったけれど。
    フランスでは11月に公開されるそう。楽しみです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月12日 01:05
    > mixiユーザー 大阪の四天王寺は演じた隆行さんがおいでのお寺で、私も曹洞宗とは思わなかったので、調べて見たらもとは天台宗だったのですが、全てを受け入れるということで、「和宗」という単立宗派の総本山だそうです。
    o/daiichisekizai/column/2824944/
    この映画では隆行さんは津波で福島にあったお寺を無くしたという設定です。ですから、智賢さんの耕雲院というお寺しか出てきません。智賢さんが中国のお寺を訪ねる場面はあります。
    風景はとてもきれいですし、真摯に宗教に向き合う姿、言葉は清々しいです。
    カンヌ映画祭に招待され上映されたそうですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月12日 01:07
    ごめんなさい、四天王寺は何派かというURLはこちらです。
    https://mbp-japan.com/hyogo/daiichisekizai/column/2824944/
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月12日 07:51
    > mixiユーザー 手(パー)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月12日 15:01
    私の実家も確か曹洞宗だったような…。
    どこがどう違うのかさっぱりわからないので、海外向けというより日本人が見てもためになる?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月14日 10:20
    私の実家そのものは、何宗だったかは、よくわらからないんですが・・・。
    亡き母親が、熱心な浄土真宗の信者でした。
    最期の時の数日前まで、その教えをビデオで見ていました・・・。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月14日 11:36
    > mixiユーザー 一応知っておかないといざという時に一瞬は慌てますよ〜。舅が亡くなった時、二男でもあったし本家とのお付き合いも少なくて、姑は「何宗だったか分からない」と。私は焦りました。でも家族は「いつもお散歩していたお寺でいいんじゃない」なるほど、そういう考え方もあるかと思ったものでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月14日 11:38
    > mixiユーザー お母様はきっと心安らかだったことでしょう。母も毎朝、家の仏壇でお経をちゃんと唱えていますが、私は1行しか覚えてない…。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する